育児

しまうまプリントのメリットデメリット!ベビーアルバム作成の勧め

赤ちゃんのアルバムを作成したい時にお勧めなのが、しまうまプリントです。ここでは、しまうまプリントを使うことのメリットとデメリットをお伝えします。また、実際にしまうまプリントを使ってみた体験談や上手な活用方法についてもご紹介しています。

赤ちゃんの写真をアルバムにまとめたい!お勧め方法ご紹介我が子の写真は、ついついたくさん撮って、溜まってしまいます。せっかく撮った写真も、データが膨大になってなかなか見直さないという人が少なく...

ベビーアルバム作成にお勧めのしまうまプリント、メリットとデメリットとは?

ベビーアルバム作成は、子育ての合間にすることが多く、大変です。そのため、なるべく時間や手間をかけずに、完成度の高い作品を作りたいものです。ここでは、そんな時に大活躍するしまうまプリントについて、基礎知識やメリットデメリットをお伝えしていきます。

しまうまプリントとは?

しまうまプリントは、ネット上で簡単にフォトブックが作成できるサービスを展開しています。また、写真プリントや年賀状プリントにも対応しており、赤ちゃんの写真が大量に欲しい時に重宝します。

しまうまプリントでフォトブックを作成する手順は、以下の通りです。

  • 会員登録
  • 作成したいフォトブックのサイズや紙質、ページ数を選ぶ
  • 発注を依頼

まずは、ホームページで会員登録をします。これは、メールアドレスなどの簡単な情報を入力するのみなので簡単にできます。

次に、作成したいフォトブックのサイズや紙質、ページ数を選びます。作成できる種類が、分かりやすく表形式でまとまっているためすぐに選べるでしょう。その後、実際にレイアウトを考えていくページに移ります。ブラウザ上で簡単に操作ができるため、特別な知識は必要ありません。レイアウトを指定し、写真を選択して枠内に収めるのみです。文字を付け加えることもできるため、本格的なアルバムを作ることができます。ここで、表紙や裏表紙の写真やデザインも指定できます。レイアウトを考える作業に時間がかかったら、いったんデータを保存しておき、また後日改めて続きから作業を再開することができます。このように、操作が分かりやすく簡単で、ゆっくり時間をかけて納得のいく作品を作ることができます。

ブラウザ上でデータを作成したら、最後に発注を依頼します。複数冊注文することもできるため、親戚へのプレゼントにも活用することができます。

以上のように、しまうまプリントでフォトブックが作成できます。

しまうまプリントのメリット

しまうまプリントでフォトブックを作成するメリットは、操作が簡単なこと、手間を省けることクオリティの高い作品を作ることができることの3点です。

  • 操作が簡単なこと
  • 手間を省けること
  • クオリティの高い作品を作ることができること

1点目は、操作が簡単なことです。フォトブックの作成は、レイアウトを作成し、写真を選択、後は位置を調整するだけで可能です。特別な知識は必要なく、初心者でもすぐにコツを掴んで楽に作品を作り上げられます。また、ブラウザ上だけでなく、スマートフォンアプリでも操作が可能で、より簡単に作ることができます。

2点目は、手間を省けることです。あらかじめ決められた数種類のレイアウトを選ぶだけで、それなりのアルバムを作ることができます。これは、市販のアルバムを購入して全て手作りで作成するよりも、手間を省けることになります。なぜなら、レイアウトを考えて、写真をプリントアウトして切り貼りするという作業をしなくて済むからです。

3点目は、クオリティの高い作品を作ることができることです。印刷や製本は、しまうまプリントが全て行ってくれます。プロによる仕上げで出来上がるアルバムのため、クオリティが高いのです。具体的には、写真が切り貼りされたものではなく、ページに直接プリントされています。また、製本もきちんと行われており、ページがバラバラになるといった不具合もありません。絵本の様にめくりやすく、手に取りやすいアルバムに仕上がります。

以上のように、しまうまプリントでフォトブックを作成することにより、より快適にアルバム作成をすることが可能なのです。

しまうまプリントのデメリット

しまうまプリントでフォトブックを作成するデメリットは、自由度が制限されることです。しまうまプリントでは、指定できるレイアウトが数種類に限定されています。例えば、丸形や星形のような模様を入れることはできません。写真を自由に配置することもできません。しまうまプリントで指定された枠に収まるように、写真を拡大縮小する必要があるのです。万が一、写真を切り抜いたり装飾したりしたい場合は、しまうまプリントではなく、別のアプリケーションを利用する必要があります。

しまうまプリント活用のメリットとデメリット体験談

ここからは、実際にしまうまプリントを利用してベビーアルバムを作成した、私自身の体験談をお伝えしていきます。

私が作成したのは、A5スクエアの、スタンダードタイプです。ページ数は、36ページにしました。これで、価格は1冊当たり298 円(税抜き)であるので驚きです。この他にかかる費用は送料のみで、こちらもメール便で100円(税抜き)と、非常に安価です。私は、自宅用とプレゼント用の計2冊を注文しました。そのため、298円×2冊+100円=696円を支払いました。

スタンダードタイプの特徴は、レーザープリンターを使用した印刷、巻きカバーがついているところです。巻きカバーは、本の帯のようなものが全体にかかっているようなイメージです。簡単に剥がれますが、かと言ってアルバムを見ている時に気になるようなことはありません。万が一邪魔な場合は取ってしまっても問題はありません。巻きカバーを取った後は、表紙が真っ白になってしまうのですが、私は気になりませんでした。

製本は、全てのタイプで共通の方法をとっています。具体的には、糊で固めて閉じる無線綴じ製本を採用しています。ページのずれが無く、めくりやすくなっています。つなぎ目のところが見えにくいといったことはないように感じます。

A5スクエアサイズの良いところは、スマートフォンの「スクエア」モードで撮影した写真が、そのまま綺麗に1ページ内に収まることです。私の持っているiPhoneのカメラモードには、「スクエア」という撮影方法があるのですが、そちらで撮影した写真が、ちょうど1ページ内に収まるのです。また、A5スクエアサイズは、148mm×148mmで、小さすぎず大きすぎず、ちょうど手に取りやすい大きさのため、お勧めです。

最終ページには、タイトルやサブタイトルが印字されるのですが、ここにはしまうまプリントのロゴも一緒に印字される使用になっています。これは、パソコン限定ではありますが、追加料金1冊当たり50円(税抜き)を支払うことで非表示にすることができます。私は、表示したまま発注したのですが、特に邪魔になったり気になったりすることはありませんでした。

このように、自分でつくって発注したフォトブックは、発注の翌日に発送され、その2日後にはポストに入っていました。あまりに早い仕上がりでびっくりしました。出来上がりはクオリティ高く、満足のいくものでした。

このように、しまうまプリントを活用したベビーアルバムの作成は、低価格で簡単、すぐに行うことができます。とは言え、出来上がりの様子が気になるという人は、サンプルのフォトブックを無料で請求することもできます。しまうまプリントのホームページから申し込むことができるため、是非活用してみてください。

まとめ

ここまで、しまうまプリントを利用したベビーアルバムづくりについて基礎知識やメリットデメリットをお伝えしてきました。また、実際にしまうまプリントでベビーアルバムを作成したことのある私自身の経験もお伝えしてきました。しまうまプリントには、メリットだけでなく、デメリットも存在します。メリットとデメリットを詳しく把握して、納得のいくアルバムを作成することをお勧めします。是非この記事を参考にしていただければ幸いです。

  • しまうまプリントは、ネット上で簡単にフォトブックが作成できるサービス
  • しまうまプリントのメリットは、操作が簡単なこと、手間を省けること、クオリティの高い作品を作ることができること
  • しまうまプリントのデメリットは、自由度が制限されること