育児

ベビージムはいつから遊べる?体験談

赤ちゃんが楽しく快適に過ごせるように、ベビージムを検討してみるのも良いかもしれません。ここでは、ベビージムについて、いつから使えるか、種類、いつから遊べるかといったことをご紹介していきます。また、実際にベビージムを使ってみたことのある私自身の体験談もお伝えしていきます。

ベビージムとは?いつから使える?

ベビージムは、赤ちゃんが寝ながら遊べるよう、頭上におもちゃが吊り下げられています。ここでは、ベビージムがいつから使えるか、ベビージムの種類はどのようなものがあるか、についてお伝えしていきます。

ベビージムとは?いつから使える?

ベビージムとは、赤ちゃんが寝ながら遊べるアーチ型のおもちゃのことです。アーチには複数のおもちゃが吊り下げられていて、赤ちゃんの頭上に配置されるようになっています。赤ちゃんは、ぶら下がったおもちゃの動きを目で追ったり、手を伸ばして触ったりすることができます。

ベビージムは、いつから使えるのでしょうか?赤ちゃんが寝ながらでも楽しめるため、生まれてすぐから利用可能です。成長や発達には個人差があるため、いつから遊べるようになるのかは断定できません。目安として、追視が始まる生後2か月頃が挙げられます。追視が始まれば、目の前にぶら下がっているおもちゃの動きを追うことができるからです。赤ちゃんによっては、集中して10分程、おもちゃの動きを眺めることができるでしょう。

さらに時が経つと、赤ちゃんにとってのベビージムの楽しみ方が増えます。目安として、赤ちゃんがハンドリガードを始める生後3か月頃が挙げられます。なぜなら、自分の手を認識できるようになるからです。自分の手を自由自在に動かせるようになると、遊びの範囲が広がるでしょう。例えば、ぶら下がっているおもちゃの動きを目で追うだけでなく、手を伸ばして触ってみることができるようになります。

以上のように、ベビージムは、赤ちゃんが小さい内から使えるおもちゃです。個人差がありますが、生後2か月や3か月の頃になると、ベビージムを使って遊び始めるかもしれません。

ベビージムの種類

ベビージムには、様々な種類があります。素材で分類するならば、布製プラスチック製木製の3つが挙げられます。

さらに、アーチのみのものもあれば、アーチだけでなくマットがついているものもあります。

おもちゃの数や種類も様々で、中には電動式で音を出したり動いたりするものもあります。

  • 素材→布製、プラスチック製、木製
  • 形状→アーチのみのもの、アーチだけでなくマットがついているもの
  • おもちゃの数や種類→様々(電動式で音を出したり動いたりするものもある)

ベビージムはいつから遊べる?体験談

ここまで、ベビージムの基本についてご紹介してきました。ここでは、実際にベビージムを我が子に使ってみた体験談をお伝えしていきます。

私の場合、我が子が生まれる前からベビージムを購入していました。吟味した結果、IKEAのベビージムを1点、準備しました。IKEAのベビージムは、布製でマット付きのものです。小さく折りたためるので収納に困らず、洗濯することも可能です。また、マット付きで持ち運べるため、赤ちゃんを一時的に置いておく時などに重宝します。

私の場合は、部屋を移動して洗濯ものを干す時や、お風呂の時に脱衣所で着替えさせる時に利用していました。ずっと寝かせておくには心もとないですが、このような一時的な利用においては十分な柔らかさと広さがありました。結果、半年以上の間大活躍しています。

我が子の追視が始まったのは、生後2か月頃です。動くものに興味が出てきだしました。ただ、ベビージムに吊るされたおもちゃは布製で、自分から動かさない限り止まったままのものです。そのため、生後2か月の我が子には興味を持たれませんでした。

生後3か月になってハンドリガードが始まりました。ただ、ベビージムに吊るされているおもちゃには触ろうとしません。時折、おもちゃの存在に気付いては、5分から10分程度、眺める程度でした。

このように、我が子の場合は、なかなかベビージムで遊ぼうとしませんでした。やっと遊べるようになったのは、生後6か月頃です。この頃には、首が座り寝返りも打てるようになっています。ベビージムに寝かせると、目の前にぶら下がっているおもちゃに手を伸ばして握るようになったのです。また、おもちゃを揺らして遊べるようにもなりました。

IKEAのベビージムは、おもちゃが少し高い位置に配置されていたかもしれません。我が子の場合、児童館にあった別のベビージムでは、生後5か月頃には遊ぶことができていました。

以上のように、ベビージムは赤ちゃんを遊ばせる以外にも活躍させることができます。ベビージムで遊べるようになる時期は、我が子の場合のように少し遅くなるかもしれません。また、興味を持つようになるのかは、赤ちゃんによると思われます。どんなおもちゃが好きなのか分かってきた段階で購入するのも1つの手段であると言えます。

まとめ

ここまで、ベビージムについて、いつから使えるのか、種類はどのようなものがあるのかについて見てきました。また、実際にベビージムを使った我が子の反応もお伝えしてきました。個人差はありますが、是非参考にしていただければ幸いです。

  • ベビージムとは、赤ちゃんが寝ながら遊べるアーチ型のおもちゃのこと
  • ベビージムは、生後間もない頃から使える
  • ベビージムが本格的に使えるのは、生後3か月頃から