育児

一時保育とは?いつから利用できる?

育児をしていると、どうしても子どもを預けなければならない時があります。配偶者や親戚に頼るのも良いですが、一時保育という選択肢もあります。しかし、存在は知っているけど、詳細は分からないので使ったことがないという人も少なくありません。ここでは、一時保育について、利用時期や利用方法などをご紹介していきます。。

一時保育とは?いつから利用できる?

一時保育とは、子どもを預ける必要が生じた時に、1日~短時間の間で、保育園やこども園に預かってもらうものです。市区町村が支援事業として展開していることが多いようです。以下に、制度について、少し詳しくご紹介していきます。

一時保育の利用目的

一時保育を利用するためには、利用目的の申し出が必要な場合があります。これは、事業を展開している市区町村や、保育園、こども園などのルールによります。

一時保育の利用目的は、就労、傷病、災害、事故、看護、冠婚葬祭などが挙げられます。つまり、子どもを預けざるを得ない状況の時に利用するということです。場合によって、預け先の施設に申し込みをする際、理由となる事情を説明する書類の添付が必要なこともあります。例えば、診断証明書や就労証明書などが挙げられます。

上記の他に、リフレッシュ目的での利用ができることもあります。これは、子どもをいったん預けることによって親がリフレッシュすることを意味します。例えば、子どもを預けてランチに出かけることができます。

以上のように、一時保育を利用するためには目的が必要な場合があります。これは、市区町村や保育園、こども園のホームページにて確認できることがほとんどです。気になる場合は預け先の施設に直接連絡を取ってみることをお勧めします。意外とすんなり受け入れてくれる場合もあるかもしれません。

一時保育を利用できる施設

一時保育を利用できる施設は、認可保育園・認定こども園が挙げられます。その他に、認可外の保育園などが存在します。

認可保育園・認定こども園の場合、その園に受け入れ可能であるかどうか問い合わせる必要があります。定員がいっぱいである場合は断られることもあります。受け入れ可能である場合は、園によって、通常クラスで一緒にみてもらうか、一時保育クラスとして別にみてもらうか、どちらかになります。

認可保育園や認定こども園に預けることができなかった場合でも、他の選択肢があります。認可外保育園のサービスを利用する方法です。また、地域の支援事業がある場合はそちらも選択肢の1つです。民間のベビーシッターを頼むというやり方もあります。これらの方法は、認可保育園・認定こども園を利用する際に比べて、費用がかさむ傾向にあります。

以上のように、一時保育を利用できる施設には様々あります。施設によって料金や時間が異なるため、よく確認するようにしましょう。

一時保育を利用できる時期

一時保育を利用できる月齢は、いつからなのでしょうか?預け先の施設によるため、よく確認するようにしてください。生後3か月の0歳児クラスから受け入れているところもあれば、1歳や2歳を過ぎてからでないと預けられないところもあるからです。

なお、認可保育園・認定こども園での一時保育には、利用日数の制限がある場合がほとんどです。例えば、「1か月につき10日間の利用に限る」などの制限が挙げられます。

一時保育の利用方法は?いつからどんな保育を受けられる?

ここまで、一時保育の制度に関する基本的な事項をお伝えしてきました。ここからは、一時保育の具体的な利用手順などについて、お伝えしていきます。

一時保育の利用方法

一時保育の利用方法は、預け先の施設に連絡申し込みの手続き実際に預ける日を確認、という主に3つのステップを踏む必要があります。それぞれについて、以下に短くまとめていきます。

  • 預け先の施設に連絡
  • 申し込みの手続き
  • 実際に預ける日を確認

一時保育の利用方法は、預け先の施設に連絡をすることから始まります。一時保育のサービスを行っている認可保育園・認定こども園でも、時期によっては受け入れ不可の場合もあるため注意が必要です。受け入れ可であることを確認出来たら、次のステップに進みます。

預け先の施設が決まったら、申し込みの手続きが必要になります。これは、実際に施設に赴いて、説明を受け、申込書に記入するという流れになることが多いようです。説明の内容は、預ける時間や預け方の決まり、必要な準備や持ち物についてなどです。申込書に記入する内容は、名前や連絡先などの基本的な情報と、子どもの健康や発育状態に関する情報であることが多いでしょう。

申し込みの手続きが終わったら、実際に預ける日の確認をすることになります。園の状況によって、預けられる日とそうでない日があるため注意しましょう。例えば、利用者が多い場合、感染症が流行っている場合、園の行事がある場合などが挙げられます。預けたい日の1週間から2週間前までには連絡を入れるようにすると良いでしょう。

実際に預ける日が来たら、送り迎えを行います。その時に料金も支払うことになるでしょう。持ち物はその都度持って行き、持って帰ることが必要です。

以上が初回に一時保育を利用する時の手続きの流れです。思っているよりも手続きに時間や手間が必要です。一時保育の利用を考える場合は、前もって申請を済ませておくことがお勧めです。

なお2回目からは、預ける日を電話で確認して、当日に送り迎え、という流れになります。

一時保育の内容

一時保育の内容は、園によって様々です。認可保育園や認定こども園では、通常利用と同じ内容となることが多いようです。具体的には、遊びや昼寝、給食などが挙げられます。保育の終わりに迎えに行った際、保育士から、1日の過ごし方を簡単に聞くことができるでしょう。

注意すべきは、クラス体制です。一時保育では、通常の保育クラスに年次ごとに入る場合が多いようです。しかしながら、園によっては、一時保育用のクラスが別途設けられている場合もあるようです。その場合、異なる年次の他の子どもと一緒になる可能性があります。

まとめ

ここまで、一時保育について基本的なことをみてきました。申し込みや持ち物の準備など、最初の手続きは必要ですが、1度利用すれば後は簡単に利用を続けることができます。施設によって内容や料金が異なるため、まずはホームページなどで確認して、直接問い合わせてみることをお勧めします。

一時保育を実際に利用してみた体験談について、当ブログでまとめています。こちらも是非参考にしていただければ幸いです。

一時保育はリフレッシュ目的でも利用できる?体験談小さい子どもを持つ時に役に立つのが、一時保育です。一時保育は、リフレッシュ目的で利用できるのでしょうか?できる場合、本当に預けても良いの...
  • 一時保育を利用するために、利用目的を申し出る必要がある場合がある
  • 色々な施設にて、一時保育を利用することができる
  • 一時保育の利用には、前準備が必要
  • 一時保育の内容は園によって異なるので注意が必要