育児

一時保育に必要な持ち物とは?どんな準備が必要?

一時保育の利用を考えた時に、気になることが持ち物や準備のことです。頻繁な利用を考えない場合、新しい物をいちいち買い揃えるのは手間がかかります。また、利用の都度、多くの持ち物を持ち運ぶことも面倒です。ここでは、一時保育に必要な持ち物についてお伝えしていきます。

一時保育とは?必要な持ち物について

一時保育とは、子どもを預ける必要が生じた時に、1日~短時間の間で、保育園やこども園に預かってもらうものです。園によって利用方法や持ち物は異なります。以下に、主な持ち物や準備についてご説明します。

一時保育で必要な持ち物

一時保育で必要な持ち物は、子どもに必要なもの全てです。子どもの年齢にもよりますが、着替え食事セット布団セットその他のものなど様々です。主なものについて、それぞれご紹介していきましょう。

  • 着替え
  • 食事セット
  • 布団セット
  • その他

一時保育で必要な持ち物の1つ目は、着替えです。下着とウェアの両方が必要です。一時保育先では、親が思った以上に服が汚れがちだからです。吐き戻しや外遊びで服が汚れてしまった場合、保育士が着替えさせてくれるでしょう。また、その際に、汚れた服を入れる袋が必要です。これも持参する必要があるため注意しましょう。ビニール袋は汚れた服を入れる以外にも、手口拭きタオルやスタイを入れることになるため複数枚用意する必要があります。

一時保育で必要な持ち物の2つ目は、食事セットです。スタイ、箸セット、水筒、手口拭き用タオルなどが必要です。スタイや手口拭きタオルは、汚れることが想定されるため、複数枚必要です。また、授乳期の赤ちゃんを預ける際には哺乳瓶のセットも必要になります。粉ミルクは、園によって用意がある場合とそうでない場合があります。使っているメーカーの粉ミルクが園に無い場合は、持って行く必要があります。

一時保育で必要な持ち物の3つ目は、布団セットです。お昼寝の際に使用する敷布団と掛布団が必要です。バスタオルなどの簡易的なものでも大丈夫な場合もあります。

一時保育で必要な持ち物の4つ目は、その他のものです。例えば、おむつ、プールセット、上履きなどが挙げられます。これらは、子どもの年齢や預ける時期、園の規定によって異なります。

以上のように、一時保育では様々なグッズが必要です。園によって規定が異なるため、詳細は申し込みの際によく確認することをお勧めします。

持ち物を準備する上で注意すべきこと

持ち物を準備する上で注意すべきことは、汚れても大丈夫なものかコンパクトにまとまるか一時的な利用を前提とした品物かの3点です。

  • 汚れても大丈夫なものか
  • コンパクトにまとまるか
  • 一時的な利用を前提とした品物か

1点目は、汚れても大丈夫なものかどうかです。預け先では、思った以上に汚れが発生します。服やタオルが汚れた場合、必ずしもすぐに洗ってくれるわけではありません。結果、汚れが残ってしまうことも想定されます。一時保育では、汚れても大丈夫なものを持参することをお勧めします。

2点目は、コンパクトにまとまるかどうかです。一時保育の場合、利用の都度、荷物を持ち運ぶ必要があります。毎回、家と預け先を、荷物と子どもと一緒に往復することを考えると、荷物はなるべくコンパクトにまとめるべきです。大きめのバッグなどを利用して、できるだけ1つにまとめるようにしましょう。

3点目は、一時的な利用を前提とした品物かどうかです。これは、一時保育の利用目的によります。大抵の場合、あまり長い期間では利用しないことが予想されます。そのため、高価な物を買い揃えるより、一時利用であると割り切って安価な物を準備した方が良いと考えます。

一時保育では、たくさんの物を準備する必要があるため大変です。是非上記3点の注意事項を参考にしていただければ幸いです。

一時保育で持ち物以外に準備すべきこと

一時保育では、持ち物を揃えること以外に、準備すべきことがあります。名前の記入です。保育園やこども園に持って行く物には、すべからく名前の記入が必要です。タオルやスタイ、服や鞄だけでなく、哺乳瓶やおむつにも記入の必要があります。なぜなら、たくさんの園児を預かる保育園やこども園で、荷物の混同はあってはならないからです。

一時保育の利用のために揃えたグッズは、通常利用の場合とは異なり、自宅などでも使う物であることも多いでしょう。そのため、直接名前を記入することに抵抗感がある人は、テープなどを貼って、その上から名前を書くようにすると良いでしょう。

以上のように、一時保育の場合であっても、全ての物に名前を書くことが求められます。名前を書くことは、思った以上に時間がかかります。できれば時間に余裕を持って準備したいものです。

まとめ

ここまで、一時保育に必要な持ち物についてお伝えしてきました。また、注意すべきことについてもご説明してきました。一時保育は便利な制度ですが、想像以上に準備が大変です。是非この記事を参考にしていただければ幸いです。

こうした様々な準備を経て、やっと一時保育の利用が可能になります。一時保育の手続きについてや、実際に利用してみた体験談については、以下の別記事にまとめているので、こちらも是非参考にしてください。

一時保育とは?いつから利用できる?育児をしていると、どうしても子どもを預けなければならない時があります。配偶者や親戚に頼るのも良いですが、一時保育という選択肢もあります。...
一時保育はリフレッシュ目的でも利用できる?体験談小さい子どもを持つ時に役に立つのが、一時保育です。一時保育は、リフレッシュ目的で利用できるのでしょうか?できる場合、本当に預けても良いの...
  • 一時保育では、着替え、食事セット、布団セット、その他のものなど、多くの準備物が発生する
  • 一時保育の準備物で注意すべきなのは、汚れても大丈夫なものか、コンパクトにまとまるか、一時的な利用を前提とした品物かの3点
  • 持ち物にはすべからく名前の記入が必要