妊活

不妊治療と仕事との両立は可能?方法とコツについて

働きながら妊娠を希望する場合、不妊治療に通うことは選択肢の1つです。不妊治療と仕事との両立は可能なのでしょうか?メリットとデメリットは何でしょうか?ここでは、不妊治療と仕事との両立について、基本と、仕事との両立時のメリットデメリットをご紹介します。

かえる
かえる
不妊治療と仕事との両立って、難しい!

不妊治療とは?仕事との両立は可能?

知っているようで知らない不妊治療について、まずは基礎知識を身につけることから始めましょう。仕事との両立が可能かについてもご説明していきます。

不妊治療とは?治療の流れや方法について

不妊治療とは、妊娠を目指して行う治療のことです。方法としては、血液検査などから不妊の原因を探り、治療方法を決定していきます。不妊の原因が特にない場合や不明な場合でも、妊娠を希望していれば不妊治療を行うことができます。不妊治療には、タイミング法、人工授精、体外受精、顕微授精などのステップがあります。それぞれについて、簡単にご紹介しましょう。

  • タイミング法
  • 人工授精
  • 体外受精
  • 顕微授精

第一に、タイミング法があります。タイミング法は、予測した排卵日前後に性交を行うことによって妊娠を目指すものです。排卵日予測には、基礎体温の計測、排卵検査薬の使用、エコーでの確認などを利用します。排卵がスムーズに行われるように、薬や注射などを用いて、ホルモンを投与することもあります。

第二に、人工授精があります。人工授精は、精子を子宮内に注入することによって妊娠を目指すものです。タイミング法との違いは、排卵日前後に性交をするか人工的に精子を注入するかです。そのため基本的には、排卵のための薬や注射での治療は、タイミング法と同じように行われます。

第三に、体外受精があります。体外受精は、いったん卵子を体外に取り出して精子と受精させてから、それを子宮に戻すことによって妊娠を目指すものです。タイミング法や人工授精と同じように、まずは卵を育てるところから始めます。その後、採卵を行い受精、胚培養を経て、子宮への移植を行います。このように、多くの段階があることや手術を伴うことから、身体への負担が比較的大きくなります。

第四に、顕微授精があります。顕微授精は、体外に取り出した卵子に受精を行う時、顕微鏡で見ながらするものです。体外受精との違いは、この受精時の方法のみです。体外受精よりも、受精の成功率が高まります。

このように、不妊治療には様々な方法があります。治療方法の決定には、不妊原因を探る他に1点、重要なポイントがあります。それは、過去にどのような治療を積み重ねてきたかです。

例えば、タイミング法を半年間行っても妊娠が成立しなかった場合、次のステップとして人工授精が行われることが多くなっています。いずれも、病院によって診断や方針が異なるため、自分に合った病院で診てもらうことが重要です。不妊治療の基礎知識を頭に入れて、病院を受診してみましょう。

不妊治療と仕事との両立について

不妊治療と仕事との両立は、不可能ではありません。ここでは、不妊治療と仕事との両立について、成功させるポイントをご説明します。ポイントは、通院について自己努力についての2点です。

  • 通院について
  • 自己努力について

1点目は、通院についてです。仕事をしながらでも通うことのできる病院選びをしましょう。具体的には、場所と時間に注意を配ることです。

1つ目は、場所に注意を配ることです。不妊治療では、休日だけでなく仕事がある平日にも、病院へ通うことが求められます。そのため、平日の仕事終わりや仕事の前に通うことのできる場所にある病院を選ぶようにしてください。

2つ目は、時間に注意を配ることです。仕事終わりや仕事前に通うことのできるような時間帯に空いている病院を選んでください。また、休日の診療もやっている病院であれば、通院時間の選択肢が増えるためお勧めです。このように、通院についての場所と時間に気を配り、不妊治療と仕事との両立を成功させましょう。

2点目は、自己努力についてです。不妊治療では、通院以外に服薬や自己注射、基礎体温測定など、自分で行わなければならない行動が多くあります。また、身体を冷やさないようにしたり体調を整えるため食生活に注意したりすることも求められます。これらは、妊娠に成功するまでほぼ毎日行わなければならないため、思っているよりも負担が大きいものです。不妊治療では、通院しているだけではなかなか成功にはたどり着けません。そのため、仕事をしながらでも自己努力を行えるよう調整しましょう。

このように、不妊治療と仕事を両立するためには、ポイントを押さえる必要があります。是非この記事を参考に、病院選びから始めてみましょう。

不妊治療と仕事との両立はすべき?メリットとデメリット

不妊治療と仕事との両立はすべきなのでしょうか?メリットとデメリットを確認して、自分に合ったやり方を選ぶべきです。以下に、不妊治療と仕事の両立をする上でのメリットとデメリットを2点ずつお伝えします。

不妊治療と仕事との両立メリット

不妊治療と仕事との両立のメリットは、金銭的安心感があること息抜きができることの2点です。

  • 金銭的安心感があること
  • 息抜きができること

1点目は、金銭的安心感があることです。仕事を継続しながらであれば、一定の収入を得ながら不妊治療に通えるからです。不妊治療には、多額の費用が必要です。通院にかかる費用、診察にかかる費用、薬にかかる費用など、様々な場面で支払いをすることになります。手持ちの資金が少ないと、支払いの都度、ストレスに感じてしまいます。不妊治療にはストレスは大敵です。できるだけストレスを感じずに済むよう、対策をする必要があります。不妊治療と仕事を両立すれば、金銭的安心感が得られるため心強いのです。

2点目は、息抜きができることです。不妊治療だけでなく、仕事をすることによって、息が詰まるのを防ぐことができます。不妊治療だけでは、思うように治療が進まなかった場合に、ストレスを感じてしまう危険性があります。不妊治療と仕事を両立すれば、仕事によって不妊治療の息抜きをすることができるため、心強いのです。

このように、不妊治療と仕事を両立することで得られるメリットは、金銭的安心感があること、息抜きができることです。そのため、金銭的不安のある人、仕事によって不妊治療の息抜きができる人にとっては、不妊治療と仕事の両立をすることがお勧めです。

不妊治療と仕事との両立デメリット

不妊治療と仕事との両立のデメリットは、通院などの負担が大きいことストレスが大きいことの2点です。

  • 通院などの負担が大きいこと
  • ストレスが大きいこと

1点目は、通院などの負担が大きいことです。不妊治療は、卵胞のチェックなどで頻繁に通院をする必要があります。そればかりか、通院日は、その時の卵胞の状況などに左右されるため直前まで定まりません。通院のために仕事の都合をつけなければならず、負担が大きくなります。また、日々の服薬や基礎体温測定などするべきことも多く、益々負担がかかってしまいます。不妊治療と仕事を両立する場合、このような物理的負担が大きくかかってきます。

2点目は、ストレスが大きいことです。不妊治療は、努力が必ず報われるというものでありません。精一杯努力をしても、全く成果が出ないこともあります。仕事のストレスに加え、不妊治療のストレスも大きくのしかかってくることになります。このように、不妊治療と仕事を両立すれば、その分、ストレスが大きくなります。

以上のように、不妊治療と仕事を両立することで生じるデメリットは、通院などの負担が大きいこと、ストレスが大きいことです。今の仕事の負担が大きい人、ストレスを感じやすい人は、不妊治療と仕事を両立すべきではないと言えます。

まとめ

ここまで、不妊治療の基本、不妊治療と仕事の両立について見てきました。不妊治療と仕事を両立するためには、メリットとデメリットを確認することが重要です。ストレスをためないよう、自分に合った方法で不妊治療を行うことが大事です。是非この記事を参考にしてみてください。

  • 不妊治療には、タイミング法、人工授精、体外受精、顕微授精など様々な方法がある。
  • 不妊治療と仕事との両立は、不可能ではない。
  • 不妊治療と仕事との両立を目指すかどうかは、メリットとデメリットを踏まえた上で慎重に判断すべき。