育児

乳児湿疹?病院に行くべき?体験談

我が子に乳児湿疹と思われるできものができると、心配になるお母さんは多いようです。乳児湿疹とはどのようなものなのでしょうか?病院を受診すべきなのでしょうか?ここでは、乳児湿疹について、体験談を交えながらお伝えしていきます。

乳児湿疹とは?病院は行くべき?

赤ちゃんには、湿疹ができやすいと言われています。なぜなら、肌がデリケートだからです。赤ちゃんにできる湿疹にはいくつかの種類がありますが、ここではその中から「乳児湿疹」と呼ばれるものについてご説明していきます。

乳児湿疹とは

乳児湿疹とは、赤ちゃんにできる湿疹のことです。この中からさらに、脂漏性湿疹・新生児ニキビなどと細かく分類されることもあります。顔や首元にできやすい傾向にあるようです。しかしながら、全身に出ることもあります。湿疹の状態は様々で、赤いぽつぽつや黄色いかさぶたのようなものまであります。かゆみがあることもあれば、ないこともあるようです。

乳児湿疹は、生後2週間頃から6か月頃までが出やすい時期とされています。赤ちゃんの場合、生まれてしばらくは、皮脂の分泌が多くなっています。原因ははっきりとは分かりませんが、この「皮脂の分泌」が乳児湿疹と関係しているのかもしれません。また、生後3か月を過ぎた頃から、皮脂の分泌が減ってくるため、赤ちゃんは乾燥しやすくなります。この乾燥が原因で、湿疹が発生することもあるようです。

以上のように、赤ちゃんには乳児湿疹ができることがあります。珍しいことではないようなので、あまり心配する必要はありません。けれども、少しでも気になる症状があれば、すぐに病院を受診することをお勧めします。

乳児湿疹の対処法

乳児湿疹は、腫れがひどかったり赤ちゃんが不快に感じているようだったり、心配な場合は必ず病院に行きましょう。ここでは、それ以外の場合で、自宅でできるケアについてお伝えしていきます。

自宅でできるケアには、清潔保湿が挙げられます。

  • 清潔
  • 保湿

乳児湿疹のある個所は、毎日のお風呂で清潔に保つようにします。夕方のお風呂の他、朝起きた時にガーゼで拭くようにしても良いでしょう。

その後は、必ず保湿を行います。市販のベビークリームを赤ちゃんの顔と全身に塗ってあげてください。気になる箇所には、ベビーワセリンを使うのがお勧めです。ワセリンは、塗った箇所が日焼けしやすいというデメリットはありますが、保湿性に優れるばかりでなく刺激が少ないことがメリットです。こまめに塗って常に肌が乾燥しないようにしておくこともお勧めです。

以上のように、乳児湿疹は清潔にして保湿しておくことが大切です。基本的には静かに見守って自然に消えることを待ちます。もしも気になる場合やひどい場合はすぐに病院を受診しましょう。

乳児湿疹で病院を受診した体験談

ここまで、乳児湿疹について、基本的なことや対処法などをお伝えしてきました。ここでは、実際に乳児湿疹で病院を受診した我が子についての体験談をお伝えしていきます。

我が子は、生後5か月頃に乳児湿疹と診断されました。それはちょうど11月の、少し肌寒くなってきた頃です。冬に向けて空気が乾燥しつつありました。

私は、お風呂上りにベビークリームを我が子に塗っていました。それ以外は、特に保湿を行っていませんでした。気温について気にしていたものの、湿度についてはほとんど気にも留めていませんでした。

ある日、我が子のほっぺが赤くなっていることに気づきます。「部屋にいてあったかいからかな」と軽くとらえていました。けれども、翌朝起きてみると、ほっぺの赤みが消えるどころか、湿疹ができていたのです。湿疹は、少し黄色みがかった1~2mm程度のものでした。最初は数える程でしたが、その日の夜には、両方のほっぺにたくさんできていたのです。

翌朝起きてみると、両方のほっぺの湿疹はさらにひどくなっていました。黄色から赤色になっているものもありました。

小児科に電話してみると、「皮膚科に行った方が良い」とのことでした。その日は皮膚科が休みだったため、次の日の朝一番、受診することにしました。

診察の結果は、アレルギーではなく、乾燥による乳児湿疹であるとのことでした。さらにほっぺのみだと思っていた湿疹は、背中など全身に広がっていたのです。放っておくと、アレルギー物質が入り込んで、アレルギー体質の原因ともなり得るとのことでした。そのため、薬で早期に直していくべきだと説明を受けました。基準は、皮膚の赤みが見えなくなることだそうです。

病院では、塗薬を2種類処方されました。1つは下塗りの保湿剤、2つ目は上塗りのワセリンと弱いステロイドの混合薬です。これを朝夕2回塗ることになりました。10日経っても改善されない場合は、再受診の必要があるとのことでした。けれども、もし症状が和らいだら、受診の必要はないとのことでした。

早速薬を塗ると、一晩で見違えるほど肌がきれいになっていました。続けると、湿疹は、4日程でほとんど跡形なく消え去っていたのです。

それからは、常に湿度に気を遣いました。湿度は50%を保つように心がけました。さらに、お風呂上りだけでなく、毎朝保湿剤を塗るようにしました。気になる箇所には、日中、何回かに分けてワセリンを塗るようにもしました。これらの結果、我が子は乳児湿疹を再発することがありませんでした。我が子の場合は、乾燥による乳児湿疹のみだったようです。

以上のように、乳児湿疹が出て心配な場合は、皮膚科を受診すべきです。診断はすぐにおりて薬をもらうことができます。薬を塗って保湿を施すと、治りも早くなるかもしれません。「この程度で病院に行っても良いのだろうか?」と心配する必要はありません。すぐに受診するようにしましょう。

まとめ

ここまで、乳児湿疹について、基本的なことや対処法、体験談などをお伝えしてきました。乳児湿疹は放っておくとアレルギーの原因になるかもしれません。心配な場合は早めに皮膚科を受診することをお勧めします。

  • 乳児湿疹を疑ったら、病院を受診するのがお勧め