出産前後

会陰切開が怖い!痛い?体験談

出産を控えて、多くの人が怖いと感じる会陰切開とはどのようなものなのでしょうか?会陰切開は、自然分娩時に多くの人が経験する処置です。ここでは、会陰切開について、体験談を交えながらお伝えしていきます。

会陰切開とは?怖い?痛みは?

会陰は、肛門と膣の間の部分です。会陰切開とは、お産の時に会陰を切ることです。これにより赤ちゃんが出てきやすかったり、会陰が裂けるのを避けたりすることができます。そのため、会陰が柔らかく十分に伸びている場合は、会陰切開を行わないことがあります。会陰切開を行うかどうかは、現場の医師の判断によります。

会陰切開は、陣痛が起こっているときに医師によって施されます。多くの場合は、局所麻酔を用いてから切ります。会陰切開は、痛みを伴いますが、陣痛の痛みがそれに勝ることが多くなっています。そのため、会陰切開の痛みは感じなかったという人もいます。

会陰切開が辛い原因は、切開した時の痛みの他に、出産後の痛みにあります。出産後、切開した部分は、元に戻るように縫合します。縫合の際にも麻酔が効いているため、痛みを感じない人もいます。縫合した部分が回復するには、時間がかかります。傷に触れると痛いため、最初の内は椅子に座ることも辛いのが大半です。

このように会陰切開は、処置の際や傷が治るまでの間、痛みが長く続きます。しかし、お産をスムーズに進めるため、またお母さんの身体を守るために大切な処置です。

会陰切開が怖い!体験談

ここからは、実際に出産を経験した私自身の体験をもとに、会陰切開についてお伝えしていきます。結論から言うと、私は会陰切開をしていません。会陰切開が間に合わず、会陰裂傷、さらには子宮頸管裂傷も伴いました。

会陰裂傷や子宮頚管裂傷の瞬間は、陣痛の痛みの方が勝っているため、特別な痛みは感じませんでした。しかし感覚として、「ああ、裂けてしまっているな」という瞬間は確かにありました。

切開が間に合わなかった場合でも、赤ちゃんが生まれたら、傷口の縫合を行います。切開した時と異なるのは、その時点では麻酔が効いていないことです。そのため私の場合は、縫合をする前に局所麻酔をしてもらいました。これが非常に痛いのです。出産後は、陣痛がないため頭が冷静です。そんなところに、針を刺すわけですから、痛くないわけがありません。私の場合は、麻酔した後の縫う行程でも、痛みを感じました。陣痛の痛みとはまた異なるタイプの痛みで、辛かったことを覚えています。

会陰裂傷に加えて子宮頚管裂傷があった場合は、その部分も縫い合わせる必要があります。感覚的には、中の方を縫う感じです。こちらも同じく痛みを伴いました。

傷口の縫合は確か20分程で完了したと思います。その後の傷の治りも順調で、産後1か月がたつ頃には、円座クッションなしで座れるようになりました。それまでは、傷口が痛むため、円座クッションがかかせません。産後の痛みは地味に長く続くため、また違った辛さがあります。

縫合に用いるのは、大半が溶けるタイプの糸です。時間が経てば自然に溶けていくため、抜糸の必要はありません。しかし途中で、傷口に突っ張った感じが出てくる場合があります。これは、傷口がくっついてきている証拠です。糸で引っ張られている部分が突っ張っている感じを引き起こします。その時にもしも不快であった場合は、医師に相談して抜糸をしてもらうことができるでしょう。

私の場合は、特に傷口の不快感が強いわけではなかったのですが、医師の勧めもあって抜糸をしてもらいました。抜糸には、一瞬ですが強い痛みを伴います。一瞬だけですが、訳も分からず抜糸をお願いしたのを、後悔したくらいです。抜糸後はすっきりして快適だという意見もありますが、私の場合は抜糸前にあまり不快感がなかったため、残念ながら大きな差は感じませんでした。

このように、出産に伴う会陰裂傷には、縫合時治っていく時抜糸時の3つで痛みを伴います。縫合時や抜糸時は短い時間の強い痛み、治っていく時は長い時間をかけて地味にある痛みです。どちらも、陣痛とは違った痛みで、とても辛いものでした。

怖い会陰切開を緩和する

会陰切開や裂傷を回避することはできるのでしょうか?確実ではありませんが、出産前に会陰マッサージを行えば、回避できるかもしれません。

会陰マッサージとは、会陰部分を事前にマッサージしておくことで、出産時に伸びやすくすることです。会陰がうまく伸びれば、会陰切開を回避できるかもしれません。また、切開する部分を少なくできる可能性もあります。注意したいのは、マッサージを行ったからといって、必ずしも会陰切開を回避できるとは限らないことです。いざ出産時に、切開が必要であると言われても、動揺しないようにしましょう。また、時期や方法についても注意すべきです。これは、よく医師の話を聞いたうえでその指示に従って正確に行いましょう。

まとめ

ここまで、出産時の会陰切開について、体験談を交えながらご説明してきました。どのような出産になるかは人それぞれです。会陰切開について予習を行い、納得のいくお産になるよう準備をしていくことをお勧めします。

  • 会陰切開とは、お産の時に会陰を切ること
  • 会陰裂傷には、縫合時、治っていく時、抜糸時の3つで痛みを伴う
  • 会陰マッサージを事前に行うことで、会陰切開を回避できるかもしれない