出産前後

出産が怖い!出産への恐怖の乗り越え方

妊娠中、赤ちゃんに会えるのを今か今かと待つ間、不安になるのが出産のことです。出産時の痛みへの恐怖は、誰もが一度は抱えたことがあるでしょう。ここでは、出産への恐怖の乗り越え方について、体験談を交えてお伝えしていきます。

出産が怖い!妊娠中の不安

出産は、初めての人はもちろんのこと、経産婦であっても怖さを感じるものです。なぜなら、一度経験したらからと言って慣れることができるものではないからです。ここでは、出産が怖いと感じる恐怖の内容について、お伝えしていきます。

出産に関わる主な恐怖:陣痛

出産に関わる主な恐怖の1つ目は、陣痛です。陣痛とは、赤ちゃんを産むために子宮が収縮することを言います。痛みの間隔が10分と定期的に起こったら、本陣痛であるかもしれません。

陣痛は、前駆陣痛本陣痛に分かれます。前駆陣痛は、本陣痛が起こる以前に起こるものです。前駆陣痛の有無は、妊娠後期に入って頻繁に起こる人や、全く感じない人など、個人によって差があります。本陣痛との見分け方は難しいですが、痛みの間隔が不規則である場合は全駆陣痛とみられます。本陣痛は、いったん起こると止められないことがほとんどです。

本陣痛が起こったと思ったら、病院へ連絡しましょう。連絡のタイミングは、病院によって異なります。多くは、初産婦であれば10分間隔、経産婦であれば15分間隔の時点での連絡を指示されるでしょう。それまでは、自宅でひたすら陣痛に耐える必要があります。

陣痛が始まってから赤ちゃんが生まれるまでの時間や、陣痛の強さは、個人差があります。多くは、何時間もの間、陣痛に耐える必要があります。なぜなら、子宮口が全開である約10cmになり、かつ、最も強い陣痛が来たときに、あかちゃんを産むことになるからです。

強い痛みが伴う陣痛を、長い時間耐えなければならないことが、出産を控える妊婦にとっては大きな恐怖になります。

陣痛はどれくらい痛い?体験談陣痛は、出産時に多くの人が経験します。出産を控えて、陣痛の恐怖におびえる人は少なくありません。陣痛の痛さとはどのようなものなのでしょうか...

出産に関わる主な恐怖:会陰切開

出産に関わる主な恐怖の2つ目は、会陰切開です。会陰は、肛門と膣の間の部分です。会陰切開とは、お産の時に会陰を切ることです。これにより赤ちゃんが出てきやすかったり、会陰が裂けるのを避けたりすることができます。

会陰切開は、陣痛が起こっているときに医師によって施されます。多くの場合は、局所麻酔を用いてから切ります。会陰切開は、痛みを伴いますが、陣痛の痛みがそれに勝ることが多くなっています。そのため、会陰切開の痛みは感じなかったという人もいます。

会陰切開が辛い原因は、切開した時の痛みの他に、出産後の痛みにあります。出産後、切開した部分は、元に戻るように縫合します。縫合の際にも麻酔が効いているため、痛みを感じない人もいます。縫合した部分が回復するには、時間がかかります。傷に触れると痛いため、最初の内は椅子に座ることも辛いのが大半です。

会陰切開が怖い!痛い?体験談出産を控えて、多くの人が怖いと感じる会陰切開とはどのようなものなのでしょうか?会陰切開は、自然分娩時に多くの人が経験する処置です。ここで...

出産に関わる主な恐怖:帝王切開

出産に関わる主な恐怖の3つ目は、帝王切開です。お腹を切って赤ちゃんを取り出す帝王切開は、それ自体が恐怖となります。さらに、術後は傷が痛むため、少し動くだけでも辛いのです。あらかじめ帝王切開での出産が決まっている予定帝王切開でも、何らかの異常があるために緊急で行われる緊急帝王切開でも、恐怖が伴います。

出産に関わる主な恐怖:出産のトラブル

出産に関わる主な恐怖の4つ目は、出産のトラブルです。出産には、何が起こるか分かりません。赤ちゃんや母体に何らかの異常が出た場合には、想像以上に痛みを伴う長時間のお産になってしまいます。出産にはリスクがつきものなので、どんな人でもトラブルに見舞われる可能性があります。

出産の恐怖、乗り越え方

出産への恐怖は、どのようにして乗り越えるべきなのでしょうか?お勧めは、情報を集めることと気を紛らわせることの2点です。

  • 情報を集めること
  • 気を紛らわせること

1点目は、情報を集めることです。恐怖に感じていることを調べましょう。インターネット検索や本を読むことで、基本的な情報を集めることができます。また、既に出産を経験した周りの人に話を聞くのも良いでしょう。情報が集まることで、漠然とした不安が、一部払しょくできるかもしれません。一方で、新たな心配に駆られることもあるかもしれません。しかし、知っておくことで、出産時に様々な対処ができるようになります。例えば出産時に行える対処法に、呼吸法などが挙げられます。痛みの逃し方を練習しておくことで、恐怖を和らげることができるでしょう。

2点目は、気を紛らわせることです。出産について考えないような時間を設けるようにしましょう。出産は、必ずやってくるものなので、考えていても仕方がないからです。料理や読書など没頭できる趣味を見つけて取り組んでみましょう。たとえひと時でもリフレッシュすることが重要です。

出産が怖い!体験談

私自身も、出産は恐怖でした。インターネットや雑誌などで情報を調べれば調べるほど、「どれだけの痛みなのか」「どれだけの時間かかるのか」などと、答えのない疑問を抱きました。そして、決して解消されることのないそれらの疑問をさらにインターネットで検索するという悪循環に陥り、常に不安に苛まれていました。

さらに、周りの声にも心をかき乱していました。「いざとなれば乗り切れるから大丈夫」「痛いけれど乗り越えられる」「赤ちゃんが誕生したら全て忘れる痛み」など、色々な体験談を耳にしました。それらを聞けば聞くほど、自分の中で不安な気持ちが増大していきました。

未知の体験は、誰にだって不安なものです。そう割り切って普通に過ごすまで、私は、2か月程の時間を要しました。それからは、前向きに呼吸法の練習をしたり、出産のことを考えないような時間をつくったりしてリフレッシュしていました。

出産への恐怖は、実際に出産を終えても拭うことができません。私の場合、次また同じことを経験しろと言われても、正直、前向きにはなれません。それ程、出産に伴う痛みは過酷なものでした。決して、他人に対して「大丈夫」と言い切れる痛みではありません。

しかし、乗り越えられない困難ではありません。実際に出産に直面してみると、いやがおうにもそれに向き合う必要があります。大変な想いをしながら、それでも乗り越えていけるものです。

まとめ

ここまで、出産にまつわる恐怖についてそれぞれご説明してきました。また、体験談や乗り越える方法などもご紹介しました。出産への恐怖は拭うことができませんが、前向きになることはできます。是非この記事を参考にしてください。

  • 出産には、陣痛、会陰切開、帝王切開、トラブルなどの不安ごとがつきもの
  • 出産の恐怖への対処には、情報を集めること、気を紛らわせることがお勧め
  • 出産への恐怖は拭うことはできないが、前向きになることはできる