出産前後

出産に役立つグッズご紹介

出産では、長い時間の陣痛に耐える必要があります。何時間も病院に滞在して出産に挑むことになります。そのため、出産のためのグッズを事前に用意することになります。ここでは、出産に役に立つグッズを、体験談を交えながらお伝えしていきます。

出産グッズの準備は早めに!

出産グッズは、できれば妊娠36週の臨月に入るまでには準備しておきたいです。なぜなら、お産はいつ始まるのか誰にも予想ができないからです。本陣痛がやってきたら、お産を止めることはほぼできません。いざ陣痛が来ると焦ってしまう人も少なくありません。これらのことから、出産グッズの準備は早めに行うべきなのです。

出産グッズは、リュックやスーツケースなど持ち運びしやすい鞄の中にひとまとめにして、玄関などの持ち出しやすい場所に置くことがお勧めです。こうすることで、急な陣痛で焦った時でもスムーズに病院へ向かうことができるでしょう。また、万が一外出先で破水した時などは、そのまま病院へ向かうことになります。その際は、パートナーなどに頼んで自宅から出産グッズを持ってきてもらうことになるでしょう。そのため、自分以外の家族にも、荷物の場所を伝えておくと良いでしょう。

出産に役立つグッズとは?

ここからは、出産に役立つ具体的なグッズをご紹介していきます。出産グッズは、入院手続きに必要な書類、お産の際に必要な物、出産後の入院中に必要な物、退院時に必要な物の、大きく4つに分けられます。全てを揃えると大荷物となるため、あらかじめ2つに分けておくことがお勧めです。お産が始まる際にすぐに必要な物と、出産後に必要になる物で、鞄を分けておきましょう。そうすれば、お産に必要なグッズをすぐに持ち出すことができます。残りの、出産後に必要になる物を入れた鞄は、家族などに頼んで持ってきてもらいましょう。

それでは以下に、出産に役立つグッズについてそれぞれご説明していきます。

入院手続きに必要な書類

1つ目は、入院手続きに必要な書類です。健康保険証、母子手帳、診察券、印鑑、その他の病院からもらった書類などが必要です。これらは入院の際すぐに必要になることが多いため、取り出しやすい場所にひとまとめにして必ず持参するようにしましょう。

お産の際に必要な物

2つ目は、お産の際に必要な物です。病院によって必要な物が異なるため、よく確認するようにしてください。例えば、病院によってはお産の時に着る服の用意がある場合と、持参しなければならない場合があります。

お産の際に必要な物は主に、衣類と便利グッズに分けられます。1点目は、衣類です。病院の指定に従って、必要な衣類を用意しましょう。パジャマの他に、授乳用ブラジャーや産褥ショーツ、スリッパやカーデガンなどが必要です。2点目は、便利グッズです。陣痛に耐えることを手助けしてくれるグッズを用意しましょう。例えば、暑い時にあおぐうちわ、いきみ逃しのテニスボールが有名です。必ず用意したいのは、水分と食料です。水分は、いつでも取れるよう、ペットボトル飲料と直のみできる専用のストローキャップを用意すると良いでしょう。ストローキャップは、100均でも簡単に手に入れることができます。食料は、口にしやすいウィダーなどの流動食がお勧めです。

お産に必要なグッズは、病院の指示に従って用意するようにしてください。長い陣痛を乗り切るための便利グッズも用意しておくと良いでしょう。

出産後の入院中に必要な物

3つ目は、出産後の入院中に必要な物です。出産後は、5日間程度入院して、産後の身体の回復や赤ちゃんの様子を診ていくことになります。その際に必要な入院グッズは、事前に準備することが大切です。なぜなら、出産後はすぐに赤ちゃんのお世話が始まるからです。

出産後の入院中に必要な物には、母乳パッド、ガーゼハンカチ、タオル、産褥パッドやナプキン、洗面用具、ティッシュなどが挙げられます。病院によって、準備のあるグッズが異なるため、よく確認するようにしてください。

退院時に必要な物

4つ目は、退院時に必要な物です。例えば、退院時に着る服などが挙げられます。お母さんの服はもちろんのこと、赤ちゃんの服も用意しておく必要があります。赤ちゃんには、おくるみも準備しておくと安心です。

出産に役立つグッズとは?体験談

ここでは、出産に役立つグッズについて、実際に出産を経験した私自身の体験をもとに、お伝えしていきます。

私の場合、37週2日の朝、自宅で1人の時に破水をして入院、出産をしました。お産の始まりについて前知識はあったものの、いざ突然破水をしてみると、やはり冷静ではいられませんでした。次から次へとあふれ出す羊水に慌てふためき、とにかく産褥パッドをあてて、震える手で病院へ電話を架けたのを覚えています。

状況の説明をした結果、病院の方から「今すぐ来るように」と指示がありました。病院へは自宅から歩いて10分ほどの距離でしたが、破水していたため、車で行くことにしました。私は、あらかじめ登録をしておいた陣痛タクシーを呼びました。タクシーが来るまでは10分もありません。そのため、用意していた出産グッズの入れたリュックを1つ、背負って家を出ました。このように、お産はいつ始まるかわかりません。出産に必要なグッズは、すぐに持ち運べるように事前に用意しておくべきです。

病院に到着して入院手続きを済ませ、服を着替えます。私の場合は、服は病院の方で用意されていました。それから、あれよあれよという間に陣痛が始まって、すぐに出産したため、水分を取る暇もありませんでした。そのため結果的に、お産の際に便利なグッズは全く使わなかったのです。とは言え、お産には何が起こるのか分かりません。十分すぎるくらいの用意をしていても恥ずかしくないでしょう。実際に、同じ病院で出産に臨む他の妊婦さんの中には、大きめのスーツケース1つとショルダーバッグを持参している人もいました。

出産の様子は、人それぞれ違います。納得のいくお産を目指して、できる限り自分の手で調べて、早くから荷造りをすることをお勧めします。

まとめ

ここまで、出産に役立つグッズについてご紹介してきました。お産は、いつ始まるか分かりません。いつどんな時にどのような始まり方でも対応ができるように、準備はしっかりしておきましょう。

  • 出産グッズは、臨月に入る前、早めに準備するのがお勧め
  • お産の際に必要な物、出産後の入院中に必要な物、退院時に必要な物の、大きく4つに分けられる