妊娠生活

出産前に必要な育児グッズまとめ

妊娠中は、出産後の育児を見据えて色々な育児グッズを調べることが多くなります。けれども、初めてのことなので何をどのくらい揃えておくべきか迷うことも少なくありません。育児グッズは何をどのくらい準備すべきなのでしょうか?出産前に必要な育児グッズについてまとめました。

出産前に育児グッズは必要?

そもそも、出産する前に育児グッズを買い揃えておくことは必要なのでしょうか?結論から言うと、全てが出産前に必要な物というわけではありません。出産前は、必要な物と必要でない物の仕分けが重要なのです。妊娠中は、赤ちゃんを楽しみにするあまり、必要以上に多くのベビーグッズを揃えがちです。たくさん買っても結局あまり使わなかったり、使いにくくて別の物を買い足したりする危険性があります。出産前に準備する育児グッズは、よく見極めてから購入するようにしましょう。

以下に、出産前に必要な育児グッズについて例を挙げてご説明していきます。

また、出産前に必要でない育児グッズについても、別の記事にまとめているので是非参考にしてください。

出産前に必要ない育児グッズまとめ出産を控えると、赤ちゃんに会える嬉しさから、ついつい育児グッズを買い過ぎてしまいがちです。しかし、意外にも必要ないグッズは多くあります。...

出産前に必要な育児グッズ1:服

出産前に必要な育児グッズの1点目は、服です。赤ちゃんの着るものを用意しましょう。出産直後、入院中は用意されたものを着るので心配ありません。しかし、退院する時から毎日、必要になります。必要最低限の着るものは出産前に用意しておくと良いでしょう。

赤ちゃんの洋服は主に、肌着ウェアに分かれます。肌着の上にウェアを着せるようにするのが基本です。赤ちゃんは自分で体温調節するのが苦手です。また、平熱も大人と比べて高めです。重ね着の枚数は、大人を基準にして1枚少なくしてください。

サイズは、50から60の物を用意すると良いでしょう。赤ちゃんの大きさによりますが、最初の2,3か月は着ることができます。

具体的には、肌着を5枚程度ウェアを3枚程度用意すると良いでしょう。肌着は、短肌着・長肌着・コンビ肌着の主に3種類存在します。短肌着は着丈が短く、長肌着は着丈が長くなっています。どちらか一方を揃えると良いでしょう。短肌着は、暑い季節に重宝します。長肌着は、お腹周りの冷えが気になる場合に重宝します。コンビ肌着は、股下をスナップボタンで留められるようになっています。そのため、1か月を過ぎて赤ちゃんが足をばたつかせるようになると重宝します。

ウェアは、ツーウェイオールカバーオールの主に2種類存在します。ツーウェイオールは、股下のスナップボタンで、ドレスタイプにもズボンタイプにもなれるウェアです。カバーオールは、股下のスナップボタンを留めて、ズボンタイプで着ることのできるウェアです。最初に用意するウェアは、ツーウェイオールがお勧めです。足を動かすようになる前、動かすようになった後、両方の時期で着ることができ便利だからです。

赤ちゃんの出生体重やその後の成長度合いによって、服のサイズアップの時期は異なります。そのため、出産前は最初に必要と思われる最小サイズの服を3から5枚程度買うようにすると良いでしょう。

出産前に必要な育児グッズ2:チャイルドシート

出産前に必要な育児グッズの2点目は、チャイルドシートです。多くの場合、退院する際に赤ちゃんを車に乗せることになるからです。チャイルドシートには、様々な種類があり、保有している車種によって取り付け可能かどうかも異なります。必ずチェックしましょう。

出産前に必要な育児グッズ3:タオル類

出産前に必要な育児グッズの3点目は、タオル類です。赤ちゃんは、おしっこやウンチ、ミルクなどで汚れることが多いからです。具体的には、口回りなどをさっと拭けるようにガーゼを10枚程度、お風呂上りなどに必要なバスタオルを3枚程度用意すると良いでしょう。赤ちゃんが寝る所にひいておくことも多いため、バスタオルはもう少し多めに準備してもよいかもしれません。タオルは大量の洗い替えが発生するため、3枚以上の保有が望ましいです。

出産前に必要な育児グッズ4:沐浴セット

出産前に必要な育児グッズの4点目は、沐浴セットです。特に沐浴層と石鹸は必須です。沐浴層は、大きさや素材が様々です。お家の構造など考慮して使い勝手の良いタイプを選びましょう。石鹸は、原料や使い勝手で選びましょう。固形石鹸以外にも、容器に入った液体式のソープや、お湯に溶かして使う沐浴材などがあります。

沐浴は、退院後にすぐ行うことになるため、必要な道具を一式買い揃えておきましょう。

出産前に必要な育児グッズ5:衛生用品

出産前に必要な育児グッズの5点目は、衛生用品です。具体的には、綿棒や爪切りなどが挙げられます。赤ちゃんの爪は思っているよりも早くのびます。また、鼻や耳も頻繁に汚れます。そのため、衛生用品として綿棒と爪切りは最低限揃えておくことをお勧めします。

出産前に必要な育児グッズ6:おむつ

出産前に必要な育児グッズの6点目は、おむつやその関連グッズです。おむつの他にも、おしりふきやごみ袋を用意する必要があります。おむつは、あかちゃんの体質や体形によって合う物とそうでない物があります。そのため最初は試供品などで試してみるのも良いでしょう。最初から買いだめしていると、万一合わなかった時に使えなくなります。

出産前は、おむつやその関連グッズの最低限を揃えておきましょう。

出産前に必要な育児グッズ7:寝具

出産前に必要な育児グッズの7点目は、寝具です。生まれたばかりの赤ちゃんは、1日のほとんどを寝て過ごします。そのため、あかちゃんの寝床を整えておくことはとても大切なのです。寝具は、できるだけ赤ちゃん用の物を揃えてください。赤ちゃんの健やかな背骨の形成に役立つからです。赤ちゃんは汗をかいたりミルクを吐いたりしてシーツを汚すことが多いため、洗い替え用も用意すると良いでしょう。または、シーツの上にバスタオルをひいておくと良いでしょう。

夜と日中、両方で赤ちゃんの過ごすスペースを確保する必要があります。部屋を移動する場合などは、寝具と他に赤ちゃんを置ける場所を用意しましょう。最初の内は、座布団で代用することも可能です。

出産前は、赤ちゃんが過ごすための場所を確保し、寝具を用意するようにしましょう。

出産前に必要なその他の物

出産前に必要な育児グッズの8点目として、その他のグッズをご紹介します。例えば、円座クッションや授乳クッションなどが挙げられます。円座クッションは、出産時に会陰切開をした場合必要になることが多いです。しかし、安産だった場合や帝王切開だった場合は、必要がなくなるため注意です。円座クッションは出産直後から必要なため、出産前に買っておくことをお勧めします。

授乳クッションは、赤ちゃんに授乳をする時に必要です。生まれたばかりの赤ちゃんはまだ小さく、授乳の体勢に持っていきづらいからです。しかし、ミルクのみで育てる場合はあまり必要ではありません。

円座クッションや授乳クッションは、場合によって出産直後から必要になります。出産前から準備しておいても良いでしょう。

まとめ

ここまで、出産前に必要な物について、8つの項目に分けてお伝えしてきました。出産後は赤ちゃんのお世話で忙しいため、必要最低限のグッズは揃えておくべきです。是非この記事を参考に検討してみてください。

  • 出産前に揃える育児グッズは、必要な物と必要でない物の仕分けが重要
  • 服、チャイルドシート、タオル類、沐浴セット、衛生用品、おむつ、寝具、その他のものなどが必要