切迫早産

切迫早産の自宅安静とは?体験談

妊娠中、切迫早産になると自宅安静、または管理入院が必要になる場合があります。その中でも自宅安静は、基準や注意すべき点が分かりにくいかもしれません。切迫早産の自宅安静とはどのようなものなのでしょうか?管理入院との違いや注意すべきことについて、私自身の実体験をもとにお伝えしていきます。

切迫早産とは?自宅安静はどんな場合に必要?

切迫早産とは、早産が切迫している状態のことです。早産が確定しているわけではありませんが、もしかしたら早産になるかもしれません。

早産とは、妊娠22週0日から妊娠36週6日の間に出産をすることを言います。この期間の出産は、赤ちゃんの身体的機能が整っていないことがあります。そのため、出産時やその後の危険が伴うのです。

切迫早産の診断基準は、様々です。1つの目安として子宮頚管の長さが挙げられます。子宮頚管長は約25mmより短くなると、切迫早産の診断が下されることが多いでしょう。

妊娠中に切迫早産になってしまったら、できるだけ安静にすることが求められます。そして、薬を服用したり、点滴によって直接体内に投与したりして、お腹の張りを抑えます。

なぜなら、子宮頚管が短くなったり柔らかくなったり開いたりすると、赤ちゃんが早く生まれる危険性があるからです。切迫早産では、安静にすることが第一です。

切迫早産では、自宅安静と管理入院の2つの方法が取られることが多くなっています。ここでは、自宅安静について、少し詳しくみていきます。

  • 自宅安静
  • 管理入院

自宅安静が言い渡される基準は、病院によって様々です。

目安として、子宮頚管の長さが30mmから25mm程度に短くなっている場合に、自宅安静となるようです。自宅安静では、医師からの指示のもと、できるだけ安静にする生活を送ります。

切迫早産で子宮頸管が何センチか気になる!長さ別、安静度の目安切迫早産になったら、懸念事項の1つに子宮頚管の長さがあります。ここでは、子宮頚管長別の安静度目安や体験談などについて、ご紹介していきます...

安静の程度は、近所のスーパーへなら歩けるものから、ベッド上から動かないようにするものまで様々です。安静の程度によっては、自分1人での生活が難しいため、誰かに手伝ってもらう必要があります。

切迫早産では、できるだけ安静にすることが第一です。自宅安静になったら、医師の指示に従って行動範囲を制限しましょう。

切迫早産の自宅安静とは?体験談妊娠中、切迫早産になると自宅安静、または管理入院が必要になる場合があります。その中でも自宅安静は、基準や注意すべき点が分かりにくいかもし...

切迫早産の自宅安静で注意すべきこと

切迫早産の自宅安静で注意すべきことは、どれくらい安静にすべきかの把握を行うことと、自分の状態の把握をすることです。

  • どれくらい安静にすべきかの把握を行うこと
  • 自分の状態の把握をすること

1つ目は、どれくらい安静にすべきかの把握を行うことです。自宅安静では、医師の指示のもと、自宅での安静を行います。

安静の程度は、近所のスーパーへなら歩けるものから、ベッド上から動かないようにするものまで様々です。家事をしてよいか、シャワーを浴びてもよいかなど、細かく聞くようにしましょう。

「これくらい大丈夫」と自分で判断してしまうと、状態が悪化する場合があります。特に子宮頚管長の短縮は、自覚症状がないため、思っているよりも短期間で短くなってしまったというケースもあります。

自宅安静では、自分の裁量で動いたり動かなかったり調整ができます。動きすぎないよう、必ず医師の指示を仰ぎましょう。

2つ目は、自分の状態を把握することです。自宅安静は管理入院に比べ、自己管理の必要性が高くなっています。

お腹の張りや出血、破水の有無など、自分の体調を把握するようにしましょう。そして少しでも異変があれば、病院に連絡することをお勧めします。

まだ、薬を増やしたり、入院したりと、様々な対処法が残されています。自宅安静では、常に自分の状態を把握するようにしてください

切迫早産の自宅安静体験談

ここまで、切迫早産の自宅安静について基本的なことをご紹介してきました。ここでは、実際に切迫早産で自宅安静を経験した私自身の体験談をご紹介します。

私の場合、妊娠25週目に病院を受診して切迫早産であると診断されました。

病院を受診する前日、いつものように近所のスーパーへ歩いて出かけた時のことです。スーパーについてしばらくすると、お腹がやけに痛み始めました。感覚としては、軽めの生理痛のようなものです。

異変に気が付いた私は、近くの椅子に腰かけて休憩します。すると、少し痛みが治まりました。その日は、スーパーから歩いて自宅に戻り通常の生活を送って眠りました。お腹の痛みは時折、発生します。まるで、生理痛の様でした。

次の日の朝、起きてみても、前日の生理痛の様な痛みは消えていませんでした。それどころか、今度は横になって休憩しても、痛みが引いていかないのです。

怖くなってきた私は、この段階で病院に電話で連絡をしました。すると、「今からすぐに病院に来るように」と指示がありました。

病院でエコーをすると、子宮頚管が28mmとなっていました。その日から、お腹の張りを抑える「リトドリン」という内服薬を処方してもらい、自宅安静となります。

リトドリンは1日3回、毎食後の服用でした。安静度は特に指定がなく、できる限りゆっくり過ごすこととされました。

この時、まだ切迫早産についてあまりピンと来ていなかった私は、この診断結果を重くとらえていませんでした。翌日、郵便局への用事を済ませたり、家事をしたりしていました。

3日間そのように過ごしている間、お腹の痛みは消えませんでした。夜寝ている時に痛みで目が覚めることもありました。痛みは、当初あった軽い生理痛の様なものから、重い生理痛の様なものまで悪化していました。

私はこの後、再度病院を受診し、結果、切迫早産で管理入院となります。

このように、切迫早産の自宅安静では、自分の裁量で過ごすことができます。そのため、安静度や自分の状態などの把握をしっかり行わなければなりません。薬を服用しているからと言って甘く見ていると、私の様に症状が悪化する原因となります。

井の中のblog(ブログ)切迫早産記事まとめ当ブログ「井の中のblog」では、切迫早産の妊婦さん向けに情報発信をしています。目指すは、雑誌のような読み心地です。 このページで...

まとめ

ここまで、切迫早産の自宅安静について、基礎知識と体験談をご紹介しました。妊娠中の切迫早産は、いつ誰に訪れるかわかりません。もし切迫早産になってしまったら、しっかり医師の指示を聞いてその通りに行動することが大事です。自己管理を怠らず、安静に過ごすようにしましょう。

  • 切迫早産の自宅安静は、子宮頚管の長さが30mmから25mm程度に短くなっている場合に支持されることが多い
  • 切迫早産の自宅安静で注意すべきことは、どれくらい安静にすべきかの把握を行うことと、自分の状態の把握をすること

当ブログでは随時、皆様の体験談ご意見ご要望感想その他コメントを募集しています。

ページ上部の「お問い合わせ」ボタンから、お気軽にメッセージをお送りください。当ブログ更新の励みにもなります。