切迫早産

切迫早産入院でシャワーはどうなる?体験談

妊娠中、切迫早産で入院となった場合、気がかりなのがシャワーについてです。入院中はシャワーができるのでしょうか?

ここでは、切迫早産入院でのシャワーについて、できる場合やできない場合、辛さなどを、私自身の体験談を交えながらお伝えしていきます。

切迫早産入院とは?シャワーはできる?

妊娠中に切迫早産になると、入院しなければならない場合があります。ここでは、切迫早産や入院について、また、シャワーができるかどうかについて、お伝えしていきます。

切迫早産の入院とは

切迫早産とは、早産が切迫している状態のことです。早産が確定しているわけではありませんが、もしかしたら早産になるかもしれません。

早産とは、妊娠22週0日から妊娠36週6日の間に出産をすることを言います。この期間の出産は、赤ちゃんの身体的機能が整っていないことがあるため、出産時やその後の危険を伴います。

切迫早産の診断は、内診やNSTを見て行うことが多くなっています。判断基準は、お腹の張りと子宮頚管の長さの2点です。

  • お腹の張り
  • 子宮頚管の長さ

1点目は、お腹の張りです。妊娠中は、出産が近くなると不規則なお腹の張りが現れることがあります。

そうではなく、規則的な張りが続く場合は、切迫早産の判断が下されることになります。お腹の張りは、子宮の収縮であるため、赤ちゃんが出てくる予兆であるかもしれないからです。

病院では多くの場合、NSTを使ってお腹の張りを観測します。

切迫早産入院中のNST(ノンストレステスト)について!体験談妊娠中や出産時、誰もが一度はNST(ノンストレステスト)を受けます。NST(ノンストレステスト)は、ほとんどの人が妊娠や出産でしか見るこ...

2点目は、子宮頚管の長さです。子宮頚管とは、子宮内部と出口の間の、閉じられている部分のことです。

子宮頚管が固く閉じていることで、赤ちゃんが子宮から出るのを防いでいます。この子宮頚管と呼ばれる部分が短くなることは、赤ちゃんが外に出ないようにする機能が弱まっていることを意味します。

出産が近くなれば、出産の準備としてこの部分が短くなったり柔らかくなったりすることがあります。

そのため、早い段階で子宮頚管の長さが短くなってしまうことはよくありません。病院によって様々ですが、子宮頚管長は約25mmより短くなると、切迫早産の診断が下されるようです。子宮頚管の様子は、内診でエコーを使って確認します。

切迫早産で子宮頸管が何センチか気になる!長さ別、安静度の目安切迫早産になったら、懸念事項の1つに子宮頚管の長さがあります。ここでは、子宮頚管長別の安静度目安や体験談などについて、ご紹介していきます...

上記のような診断の結果、より早産が切迫していると判断された場合は、管理入院の必要があります。

管理入院は、自宅安静では危険であると判断された場合に取られる処置です。病院によって異なりますが、お腹の張りが定期的にあることや子宮頚管の長さが25mm未満であることなどが判断基準です。

切迫早産では、安静にしていることが第一です。安静にすることで、子宮頚管の見た目上の長さを戻せる可能性があるのです。

管理入院では、お腹の張りを抑える薬を服用するか、点滴によって直接体内に注入するかどちらかを行います。

安静度は個人や病院によって異なります。例えば、院内の歩行が認められる人、シャワーやトイレなど最低限の行動に留める必要がある人、ベッドから全く起き上がってはいけない人などがいます。いずれも、医師の指示に従い安静にしましょう。

以上のように、切迫早産になってしまったら、絶対安静が必要です。管理入院では、より厳格に管理されるため、生活の自由度がかなり制限されるでしょう。

切迫早産の入院とは?体験談妊娠中、切迫早産になってしまった場合、管理入院という対処方法があります。切迫早産の入院とは、どのようなものなのでしょうか? ここで...

シャワーができるかどうか

切迫早産の入院中は、シャワーができる場合とそうでない場合があります。

ここでは、私自身の経験をもとに、シャワーができる基準をご紹介していきます。判断は、医師によって下されます。そのため、以下の内容は必ずしもすべての病院でそうであるとは限らないことをご承知ください。

シャワーができる場合は、子宮頚管の長さが極端に短くないことお腹の張りがないことが条件です。

子宮頚管の長さは、だいたい1cmがボーダーラインになっていました。1cm未満の場合は、残念ながらシャワーができることは難しそうです。

お腹の張りは、その日行われるNSTの結果を見て判断されます。定期的な張りがある場合や張りが大きい場合は、その日のシャワーが中止となります。

この他にも、入院となって数日間は、念のためシャワーができないことが多かったように思います。

以上のように、シャワーができるかどうかは日によって異なります。そのため、気になる場合はその日の早いうちに、スタッフにシャワーの可否を訪ねるようにすると良いでしょう。

NSTNST

切迫早産入院でのシャワーの体験談

ここでは、切迫早産入院でのシャワーについての体験談をお伝えしていきます。

切迫早産入院でのシャワーの方法

切迫早産入院では、病院で決められた時間にシャワーを浴びることになります。

私の場合は、1人20分という時間が決められていました。時間制限は、入院でシャワー可の全ての人が順番に浴びられるよう管理するため、また、切迫早産の進行をできるだけ抑えるために設けられています。

この20分という時間内で、着替えを含むすべての行動を行う必要があります。切迫早産入院では、張り止めの点滴を刺したままシャワーを浴びるため、点滴の挿入部を防水テープで保護する必要があります。

さらに、服を脱ぎ着する際、一時的に点滴台から、薬の入った容器を取り外し、そこから服を通していくという作業が必要です。これらは、1人ではできないため、スタッフの人にお願いすることになります。

3日に1度行われる点滴の差し替え時に、シャワーに入るということもできました。点滴を抜いた後すぐにシャワーに入り、出てきた後すぐに点滴を刺すという手順です。

この場合、負担が少なく楽にシャワーを浴びることができました。

切迫早産入院では点滴を行っているため、洗髪は別でスタッフにお願いすることになります。美容院と同じようなスタイルで、病院内で行ってもらいました。

以上のように、切迫早産入院のシャワー方法は独特です。不便を感じることも多かったように思います。

また、当ブログでは私以外の切迫早産経験者に、アンケートを行った結果も記載しています。是非こちらの記事も参考にしていただければ幸いです。

(アンケート)みんなの切迫早産体験談!まとめひとくちに切迫早産と言っても、その症状や状況は千差万別です。そこでここでは、当ブログ運営者amafrog以外の人の体験談をご紹介していき...

切迫早産入院でのシャワーの辛さ

切迫早産入院でのシャワーの辛さは、毎日できるとは限らないこと、時間が限られていること、思うように動けないことの3点です。

  • 毎日できるとは限らないこと
  • 時間が限られていること
  • 思うように動けないこと

1点目は、毎日できるとは限らないことです。切迫度によって、シャワーができるかどうかは異なります。より切迫している場合は、全くシャワーを浴びることができません。

シャワーができない場合、温かいタオルで体を拭く「清拭」を行うことになります。

2点目は、時間が限られていることです。切迫早産では、できるだけ安静にすることが求められるため、あまり長い時間シャワーを浴びることができません。

また、病院では他の患者さんもいるため、シャワーの順番待ちがあります。20分ごとに空くことなく予約がいっぱいとなっているため、少しのロスも許されません。

3点目は、思うように動けないことです。切迫早産入院では、腕に点滴が刺さった状態でシャワーを浴びることになります。

これが思ったよりも不自由で、満足にシャワーを浴びることができません。服の着脱に関しても介助してもらう必要があるため、どこかせわしなく感じてしまいます。

また、入院が長くなると、筋力の衰えから、少し動くだけでも激しく疲れます。

以上のように、切迫早産入院では、思うようにシャワーを浴びることができません。この辛さが退院できるまで続きます。多くは妊娠37週の正産期と呼ばれる時期になるまでは退院ができないため、辛いのです。

井の中のblog(ブログ)切迫早産記事まとめ当ブログ「井の中のblog」では、切迫早産の妊婦さん向けに情報発信をしています。目指すは、雑誌のような読み心地です。 このページで...

まとめ

ここまで、切迫早産入院でのシャワーについて、方法や体験談をお伝えしてきました。切迫早産入院は、なってみないとその辛さが分かりづらいものです。そのため、シャワー1つ取っても、辛さを感じることに周りの理解が得られないことも少なくありません。是非この記事を参考に、少しでも辛さを分かち合うことができれば幸いです。

  • 切迫早産の入院中は、シャワーができる場合とそうでない場合がある
  • 例えば、子宮頚管の長さが極端に短くないこと、お腹の張りがないことが基準となることがある
  • 辛いことは、毎日できるとは限らないこと、時間が限られていること、思うように動けないこと

当ブログでは随時、皆様の体験談ご意見ご要望感想その他コメントを募集しています。

ページ上部の「お問い合わせ」ボタンから、お気軽にメッセージをお送りください。当ブログ更新の励みにもなります。