妊娠生活

妊娠の報告は必要?いつからすべき?

妊娠が分かったら、嬉しい気持ちを誰かに伝えたいものです。けれども、際限なく報告することは、デリケートな事柄のためお勧めできません。では、いつ、どんな人に、どのくらい伝えるべきなのでしょうか?ここでは、妊娠した時の報告について、重要なポイントや注意すべき点をお伝えしていきます。

妊娠報告とは?本当に必要?

妊娠報告とは、自らが妊娠したことを周囲に知らせることです。口頭で伝える他に、手紙やメール、ラインで個別に伝える方法があります。SNSで多くの人に伝えることもできるでしょう。では、妊娠報告は本当に必要なのでしょうか?結論から言うと、妊娠報告は必要です。なぜなら、妊娠中だけでなくその後の人間関係を良好に保つ必要があるからです。以下に、妊娠報告の重要なポイントや気を付けるべき点についてまとめました。是非参考にしてください。

妊娠報告のポイント

妊娠報告のポイントは、主に3つあります。それは、報告する相手、時期、方法に注意することです。ここでは、3つのポイントについて詳しくご紹介します。

報告する相手

1つ目は、報告する相手に注意することです。手当たり次第に多くの人に報告するのではなく、必要最低限の範囲の人に報告しましょう。妊娠報告を快く思わない人も中にはいるかもしれないからです。具体的に報告すべき範囲は、親族職場友人の3点に分けられます。

  • 親族
  • 職場
  • 友人

1点目は、親族です。妊娠報告ではいの一番に声をかけるべきです。妊娠出産だけでなくその後も緊密な関係を長く続けていくことが予想されるからです。親族への報告はできるだけ丁寧に早い段階で行うべきでしょう。

2点目は、職場です。働いている人は職場の上司に妊娠の旨を伝えましょう。妊娠中のトラブルに対応してもらえるようお願いする必要があるからです。場合によりますが、職場の上司への報告は、あまり遅らせるべきではありません。つわりなど妊娠初期段階のトラブルにも、対処してもらった方がよいからです。職場の上司への報告はできるだけ早い段階ですることをお勧めします。

3点目は、友人です。親しい友人への報告を行いましょう。報告する範囲は、あまり広げすぎない方が無難です。妊娠報告を快く思わない人も中にはいるかもしれないからです。

以上のように、妊娠報告を行う際は、報告する相手に注意するようにしましょう。

報告する時期

2つ目は、報告する時期に注意することです。親族や職場の上司以外への報告は、できるだけ妊娠初期を避けるようにすると無難です。具体的には、安定期と呼ばれる、妊娠5か月に入る頃からの報告を検討しましょう。妊娠出産は何が起きるか分からないリスクがあります。万が一、妊娠出産でトラブルが起こった際、それを伝える必要が出てきます。報告する時期は、比較的妊娠中のトラブルが多い時期を避けるべきなのです。

報告する方法

3つ目は、報告する方法に注意することです。トラブルを回避するために、できる限り個別に伝える方が良いでしょう。例えば、直接会う、電話をすることなどがお勧めです。ラインなどメッセージを送信する場合でも、個別送信の方が丁寧な印象を受けるためお勧めです。妊娠の報告は、気軽に行わずに、個別に丁寧に伝えていくことをお勧めします。

妊娠報告の例

ここまで、妊娠報告のポイントについてみてきました。では、具体的にどのように報告すれば良いのでしょうか?ここでは、親族・職場・友人のそれぞれに対する妊娠報告の例をご紹介します。

親族に対して

親族には、できる限り早い段階で、丁寧な手段で報告するよう心がけましょう。妊娠出産や育児などでお世話になることが予想されるからです。報告する内容は、妊娠したことに加え、出産予定日を伝えるようにするとよいでしょう。また、経過報告も重要です。毎回の健診で測る、赤ちゃんの推定体重や自分の体調の様子を伝えておきましょう。経過報告を受けて安心することができるからです。途中で体の不調などトラブルが起こった場合でも、できる限り伝えておくようにすると、適切なサポート受けやすくなるためお勧めです。

このように、妊娠における親族への報告は、できるだけ早く丁寧に行うべきです。経過報告もきちんと行い、より自分たちの様子を正確に把握してもらうようにしましょう。

職場に対して

職場に対しては、特に上司に早い段階で丁寧な手段で報告を行うべきです。上司への報告については、遅らせるべきではありません。妊娠における体調不良などのトラブルに対処する必要があるからです。職場のスムーズな業務遂行のため、自分のために、早めに報告するようにしましょう。報告する内容は、妊娠したことや出産予定日などの必要最低限の情報で構いません。

職場では、上司以外に先輩社員や同僚などもいます。上司以外への妊娠報告は、場合によって判断することをお勧めします。上司の判断や、業務への関わり度合いによって、早い内から報告する可能性があります。しかし、それ以外の場合では、安定期に入ってから也、産休に入る1,2か月前に報告すれば十分です。

職場への報告は、立場や業務の状況によって、報告の有無や時期を検討するようにしましょう。

友人に対して

友人に対しては、できれば安定期以降に丁寧な手段で報告するようにしましょう。妊娠報告を快く思わない人もいるかもしれないからです。報告する内容は、まずは、妊娠したことや出産予定日などの基本情報に留めましょう。

まとめ

ここまで、妊娠の報告についてお伝えしてきました。妊娠報告は、自分や赤ちゃん、周囲の人が心地よく過ごしていくために必要です。しかし、注意すべきことがあります。それは、報告する相手や時期、手段についてよく考えることです。是非この記事を参考に、考えてみてください。

  • 妊娠報告は、妊娠中だけでなくその後の人間関係を良好に保つ必要があるために、必要
  • 親族、職場、友人の報告する人の範囲に気を配ること
  • 報告する時期にも気を配ること