妊娠生活

妊娠中にやるべきこと!やってよかったこととは?

妊娠中は、大きくなるお腹を抱えて大変な毎日を過ごします。しかし、出産をすると今度は24時間赤ちゃんと一緒の、大忙しな毎日が始まります。そのため、妊娠中はその時しかできないようなことを目いっぱい楽しむべきです。ここでは、妊娠中にやるべきこと、やってよかったことについて、私の体験をもとにお勧めをご紹介していきます。

妊娠中にやるべきこと1:リサーチ

妊娠中にやるべきことの1つ目は、リサーチです。例えば、妊娠出産について、育児について、あらゆることを調べるにはうってつけの期間です。なぜなら妊娠中はゆっくりする時間が増えるため、色々なことに想いを巡らせることができるからです。以下に、私自身の体験から、もう少し具体的に、どんなことをリサーチするのがお勧めなのか、その方法は何か、についてご説明します。

リサーチすべき情報は、妊娠出産について育児についての2点です。

  • 妊娠出産について
  • 育児について

1点目は、妊娠出産についてです。例えば、妊娠週数にあわせた赤ちゃんの発達の様子を見ること、妊娠中の生活について調べること、出産時の過ごし方を調べること、などがお勧めです。そうすることにより、より有意義な妊娠出産にすることができます。また、突然のトラブルにもスムーズに対応できるかもしれません。妊娠出産は、長い人生の中で少しの間しか経験できません。せっかくの貴重な期間を、より有意義に過ごすために、関連情報をリサーチすることは大切なのです。

2点目は、育児についてです。例えば、赤ちゃんの育て方、赤ちゃんグッズの揃え方、赤ちゃんの発達の様子、などについて調べることがお勧めです。出産すると、すぐに赤ちゃんとの生活が待っています。全てが初めてなので、上手くできないことは少なくありません。赤ちゃんが生まれてから忙しい合間を縫って調べながら手探りでやっていくことは、想像以上に大変です。そのため、妊娠の期間中に、思いつく限りあらゆることを調べることをお勧めします。

以上のように、人生の中で数少ない妊娠期間中は、是非それに関連したことを調べるようにしましょう。調べ方は、インターネット検索をする、図書館で本を借りる、友人や親せきの話を聞く、などがお勧めです。いずれも、知らない知識を多く知ることができるからです。

私自身の体験から、妊娠中は、妊娠出産に関連する情報ばかりに目が行きがちです。そうではなく、育児についてもっと調べるべきだったと反省しています。出産するまで、育児とは無縁の生活だったため、正直「何を知っていて何を知らないか」が分からず、調べたいことを思いつかなかったのが原因です。しかし、いざ出産してみると、育児について何も知らなかったことを思い知らされました。妊娠出産についての知識習得はそこそこに、育児についてもっと調べておけば、納得のいく子育てをすることにもっと近づけたのではないかと考えています。

妊娠中は、妊娠出産や育児について、インターネットや本からだけでなく、人の話を聞いてみることがお勧めです。

妊娠中にやるべきこと2:買い物

妊娠中にやるべきことの2つ目は、買い物です。例えば、妊娠出産グッズ、育児グッズ、保存食などの買い物がお勧めです。なぜなら、出産すると赤ちゃんを見る必要があるため、ゆっくりした買い物ができなくなるからです。以下に、それぞれのお勧め品についてもう少し詳しくご紹介していきます。

  • 妊娠出産グッズ
  • 育児グッズ
  • 保存食

1点目は、妊娠出産グッズの買い物です。例えば、出産後も使用できるようなマタニティ服を買ってみましょう。身体を締め付けない下着をつけることもお勧めです。妊娠中は、お腹がどんどん大きくなるため、普段来ていた服が突然入らなくなるものです。「短い期間で終わるから」と、買い渋ることはお勧めしません。

2点目は、育児グッズの買い物です。例えば、子育てに必要な寝具や服飾類などを吟味するのがよいでしょう。買いすぎは禁物ですが、必要最低限の物を揃えることは重要です。出産後は育児に追われて、ゆっくり色んな品物を比較検討することができないからです。せっかく買うならば、納得のいくまで悩んだ商品を使いたいものです。育児グッズの買い物は、是非妊娠中に行うようにしましょう。

3点目は、保存食の買い物です。例えば、レトルトの食品をみることをお勧めします。育児が始まると、なかなか料理をする時間や気力、体力を得ることができないからです。慣れないことばかりで疲れ果ててしまうことも少なくありません。体力回復のためにも、きちんとした食事を食べる必要があります。そんな時に、保存食が役に立つのです。電子レンジで温めるだけでできるスープなどの商品が特にお勧めです。妊娠中は、是非保存食の備蓄をしてみましょう。

以上のように、妊娠中は豊富にある時間を活用して、納得のいくまで商品を吟味した上でショッピングをすることをお勧めします。妊娠出産グッズ、育児グッズ、保存食の3点は特にお勧めなので、是非見てみてください。

妊娠中にやるべきこと3:外出

妊娠中にやるべきことの3つ目は、外出です。例えば、小旅行やショッピングなどを楽しみましょう。なぜなら、赤ちゃんが生まれたら、赤ちゃん中心の生活になるためゆっくりできないからです。

注意すべきは、行き先の選定です。妊娠中はどんなトラブルがあるか分かりません。遠出は避けた方が無難です。また、近所であっても、すぐに助けを呼べるよう、人気のない所への外出は避けるべきです。

外出することは、身体を動かすため良い運動になるだけでなく、ストレスの発散をすることにもつながります。妊娠中は、是非多くの外出をしてみてください。

妊娠中にやるべきこと4:勉強

妊娠中にやるべきことの4つ目は、勉強です。例えば、資格試験の勉強や料理の勉強をすることが挙げられます。注意すべきは、長時間同じ体勢にならないようにすること、ストレスをためすぎないようにすることです。身体や精神に負担をかけることはよくないからです。妊娠中は、自分だけの時間を使える貴重な期間であるからです。是非この貴重な機会を活かして、自分磨きをしてみてください。

妊娠中にやるべきこと5:手続き

妊娠中にやるべきこのの5つ目は、手続きです。例えば、カード類の整理などがお勧めです。クレジットカードの作成や処分などの手続きには時間がかかるため、出産後はなかなか手を付けられないからです。妊娠出産というライフスタイルの大きな変化に対応して、家計を見直す良い時期であるとも言えます。妊娠中は、是非色々な手続きを済ませることをお勧めします。

妊娠中にやるべきこと6:片付け

妊娠中にやるべきことの6つ目は、片付けです。いらない物の処分や部屋の掃除などをしましょう。出産前に身の回りを綺麗にすることは、出産後の生活を豊かにするために重要だからです。赤ちゃんと一緒だと、なかなか大掛かりな掃除ができないのです。フリーマーケットアプリなどでいらない物を売却するのも良いでしょう。妊娠中は、豊富にある時間を活用して、是非身の回りの片づけをすることをお勧めします。

妊娠中にやるべきこと7:計画

妊娠中にやるべきことの7つ目は、計画です。出産後の計画を立てておくことがお勧めです。そうすることで、忙しい出産後の生活の指針ができるからです。やみくもに目の前のタスクに向かうよりも、明確な目標を持って取り組んだ方が、やりがいがあってストレスも感じにくいと言えます。妊娠中は、是非出産後の生活の計画を立ててみましょう。

妊娠中にやるべきこと8:だらだら

妊娠中にやるべきことの8つ目は、だらだらすることです。ひたすらだらだらする生活を送ることがお勧めです。ゆっくりテレビを見たり本を読んだり、気の向くまま寝たりしましょう。このような「だらだらできる」時間は、出産後にはなかなか取れないからです。思い切り自分を甘やかして、自堕落な生活を満喫しましょう。

まとめ

ここまで、妊娠中にやるべきことについて、お勧めを8つご紹介しました。どれも、出産後に行動するには難しいことばかりです。妊娠中は是非、豊富にある時間をフルに活用して、色々なことに挑戦することをお勧めします。

  • 妊娠中には、その時にしかできないことをするべき
  • 妊娠出産についてだけでなく、育児についても調べたい
  • 育児に備えて心身をリフレッシュさせることがお勧め