妊娠生活

妊娠中に必要なマタニティ服とは?

妊娠中は、新たにマタニティ服を買って着用するかどうか迷う人が少なくありません。お腹が大きくなって体形が変わる分、必要であるという意見が多いです。しかし、一部の服に関しては、妊娠前の物を継続して使うことができます。ここでは、妊娠中に買うべきマタニティ服についてご紹介していきます。

妊娠中はマタニティ服が必要

妊娠中は、マタニティ服が必要です。なぜなら、お腹が大きくなるだけでなく、胸が大きくなったり全体的に太ったりするからです。妊娠中はこのように体形の変化が大きいため、マタニティ服を上手に活用して、ストレスのない生活を送るべきです。マタニティ服を選ぶ際は、締め付けのきつくないサイズの合ったものを選ぶようにしましょう。

マタニティ服を選ぶ際に注意すべきは、購入時期購入枚数の2点です。

  • 購入時期
  • 購入枚数

1点目は、購入時期です。お腹が大きくなってくる妊娠5か月以降に購入するようにしましょう。それ以前であれば、妊娠前の服を着用していても問題ないことが多数です。妊娠5か月以降は、急激に体形が変化します。思っているよりも変化の幅が大きく、用意していたマタニティ服ではサイズが合わないというトラブルもあります。購入時期は、実際にサイズを確かめることができる妊娠5か月目以降が良いと言えるでしょう。

2点目は、購入枚数です。サイズが大きくなることを想定して、まずは少なめの枚数で購入することをお勧めします。2、3枚あれば困ることはないでしょう。妊娠中は急激な体形の変化が訪れるため、マタニティ服の買い増しが必要になるケースがあります。購入枚数は多すぎないように注意しましょう。

妊娠中は、体形の変化に対応できるよう、購入時期と購入枚数に注意して、必要最低限のマタニティ服を揃えることをお勧めします。下記に、具体的に揃えるべき品について、ご紹介していきます。

お勧めマタニティ服1:インナー

お勧めのマタニティ服1つ目は、インナーです。最も体形の変化が感じやすい部分であり、早くから買い揃えて着用するべきと言えます。体形の変化に合わせて、妊娠5か月になる前でも着用を始めても良いでしょう。もしもサイズが大きくなったら、新たに買い足すことをお勧めします。長時間着用しても疲れないような快適なものを着用してください。締め付けが強すぎないものがお勧めです。

マタニティインナーには主に、マタニティブラマタニティショーツの2点があります。

  • マタニティブラ
  • マタニティショーツ

1点目は、マタニティブラです。ワイヤーが入っていない、締め付けがゆるやかなタイプが大半です。マタニティブラには、出産後の授乳期にも使えるようなタイプが存在します。これは約2年の長期間活用することができるためお勧めです。バストは妊娠中から産後にかけて母乳を出すために大きくなります。個人差がありますが、だいたい1~2カップ大きくなるようです。

2点目は、マタニティショーツです。お腹の部分を締め付けないゆったりとしたタイプがお勧めです。中でも、お腹まで覆うようなタイプのものがお勧めです。多くが妊婦用として販売されていますが、そのまま産後にも履くことができます。

インナーは外からは目立ちにくいですが、着用時の快適度に大きな差が出ます。サイズを確認してフィット感のあるものを選びましょう。

お勧めマタニティ服2:パンツ

お勧めのマタニティ服2つ目は、パンツです。お腹が大きくなるため、妊娠前に履いていたパンツは入らなくなることが多いのです。マタニティパンツは、お腹をすっぽり覆うようにできており、さらにウエスト部分がゴムであることが多くなっています。これらのことから、お腹を締め付けず、冷やさないようになっているのです。パンツは、お腹が大きくなる5か月以降の購入で十分です。お腹が大きい期間のみの着用になるため、1,2枚の準備で足りると言えます。個人差はありますが、妊娠8か月からの2か月間しか履かなかったというケースもあります。

パンツのメリットは、履きやすいことと動きやすいことです。

  • 履きやすいことと
  • 動きやすいこと

1点目は、履きやすいことです。外出時にさっと足を通すだけで着替えられます。履きやすいことは、お腹が大きくなる妊婦には大きなメリットであると言えます。

2点目は、動きやすいことです。動きが制限されないため、歩きやすいのです。できるだけ身体に負担をかけないよう、妊娠中はパンツを着用することをお勧めします。

お勧めマタニティ服3:ワンピース

お勧めのマタニティ服3つ目は、ワンピースです。1枚で見栄えするので楽だからです。ワンピースであれば、上下それぞれの服を選んだり買ったりする必要がありません。デザインもきちんと見えるものや可愛いもの、カジュアルなものなど様々です。妊娠中におしゃれに外出したい場合などに重宝するでしょう。

お勧めマタニティ服4:パジャマ

お勧めのマタニティ服4つ目は、パジャマです。妊娠中は外出の機会が減るため、家の中にいることが多くなります。そのため、パジャマの着用機会が増えるでしょう。さらに、妊娠出産の際の入院時に着用したり、出産後家で育児を行う際に着用したり、長く使用することになります。これらのことから、マタニティパジャマは、よく検討して気に入ったものを選ぶようにしてください。お勧めは、上下が分かれているタイプです。上は前開きで長めの丈、下は、ウエスト部分がゴムでできており、お腹をすっぽり覆います。このようなタイプのパジャマは、身体への負担が少なくリラックスして着用することができます。

マタニティパジャマを選ぶ際に注意したい点は、授乳口の有無です。授乳がしやすいように作られたパジャマであるかどうかを確認してください。出産後も使うことを考えると、授乳口がある方が便利だからです。授乳口には様々なタイプがあるため、使い勝手を意識して気に入ったものを選ぶようにしてください。お勧めは、前開きのボタンがスナップタイプの物です。スナップタイプは、ボタンの開け閉めがスムーズに行えるため便利です。できれば、全てのボタンがスナップタイプの丈夫なつくりものを選んでください。授乳中は、さっと胸が出せるようにしておきたいからです。ボタンの開け閉めに時間がかかるとやきもきすることが多いのです。

マタニティパジャマは、妊娠中だけでなく産後も活用できます。最も多い時間着用することになるため、気に入ったデザインの物を購入しましょう。

まとめ

ここまで、妊娠中に必要なマタニティ服について、お伝えしてきました。マタニティ服は短い期間のみ必要になるものもあるため、購入時期や枚数に気を配ることをお勧めします。反対に、妊娠中だけでなく出産後にも着られるものもあります。着る期間が長いものは、よく吟味して買うようにしましょう。妊娠中は、体形の変化に合わせて、是非マタニティ服を購入してみてください。

  • 妊娠中は、お腹が大きくなるだけでなく、胸が大きくなったり全体的に太ったりするため、マタニティ服が必要
  • 特に必要な物は、インナー
  • パンツやワンピースは必要最低限の枚数を、妊娠5か月以降に検討するのがお勧め
  • パジャマは、使用頻度が高いため、気に入ったデザインや使い勝手の良いものを吟味すべき