育児

新生児にはどんな服が必要?着せ方はどうする?

新生児は、身体が小さく未熟で、まだ体温調節が苦手です。そのため、新生児に着せる服には気を遣うお母さんが多いでしょう。ここでは、難しい新生児の服の着せ方についてご紹介しています。どんな服が必要であるかも書いているので、是非参考にしてください。

新生児には適切な服を着せる

新生児には、その日の気温に合った適切な服を着せる必要があります。なぜなら、自分で体温調節するのが苦手であるからです。また、赤ちゃんは肌がデリケートで、汗っかきです。吐き戻しも多く、服が頻繁に汚れます。そんな時は、早めに新しい服に着替えさせましょう。放っておくと、体温が下がりかねないからです。

基本的な服の着せ方は、肌着の上にウェアを重ねる方法です。場合によって1枚減らしたり増やしたり、小物を追加したりして調整します。洗い替え用の服は、汚れた時のことも考えて、複数枚余裕を持って準備したいものです。

以降に、具体的な新生児の服について、それぞれご紹介していきます。

新生児服のタイプ

ここでは、新生児服のタイプとして、下着、ウェア、その他の3つに分けてご紹介していきます。

下着

1つ目は、下着です。1番最初に着せる服で、サイズや素材に注意したいものです。下着には主に、短肌着長肌着コンビ肌着の3種類が存在します。

  • 短肌着
  • 長肌着
  • コンビ肌着

短肌着は着丈が短いもの、長肌着は着丈が長いものを言います。どちらも新生児期には重宝します。けれども、1か月を過ぎて赤ちゃんが足をバタバタと動かすようになると、簡単にはだけてしまうため不要になることが多いでしょう。

コンビ肌着は、股下をスナップボタンで留めることができるため、足を動かすようになってからも活躍します。

素材は、赤ちゃんの肌に直接触れることから、綿100%のものが好まれます。汗を吸収して風通しの良い肌着を選びましょう。

準備すべきは、短肌着か長肌着を2、3枚、コンビ肌着を2、3枚程度でしょう。赤ちゃんが生まれた時期によって、何を何枚買うか検討してください。

ウェア

2つ目は、ウェアです。下着の上に着せる服で、デザインが豊富です。ウェアには主に、コンビドレス(ツーウェイオール)とカバーオール(プレオール)の2種類が存在します。

  • コンビドレス(ツーウェイオール)
  • カバーオール(プレオール)

コンビドレスツーウェイオールと呼ばれるものは、2通りの着せ方ができるタイプです。股下のスナップボタンを調節することによって、スカートタイプとズボンタイプのどちらにも切り替えが可能です。足をあまり動かさない新生児期はスカートタイプが便利です。なぜなら、おむつ替えの際にボタンをいちいち開閉する必要が無いからです。成長して足を動かすようになったら、服がはだけてしまわないように、ズボンタイプとして使います。

カバーオールプレオールと呼ばれるものは、スナップボタンを留めてズボンタイプとして着る服のことです。こちらは、赤ちゃんが1か月を過ぎて足を動かすようになってから使用することになるでしょう。

素材は着心地などを重視して、やはり綿100%のものが好まれます。また、新生児期は基本的に室内で過ごすことが多いため、ウェアはシンプルなものを選ぶようにしてください。具体的には、装飾が少なく着せやすいデザインを選択しましょう。その方が、汚れた時に素早く着せ替えやすく、また、赤ちゃんにとっても快適であるからです。

最初に準備すべきウェアは、コンビドレス(ツーウェイオール)を3着程です。もしも必要な場合は、セレモニー用のドレスを1着用意しておくと安心です。

その他

下着とウェアの他に、ベストや靴下、帽子、おくるみなどの小物があります。どれも気温の変化に対応しやすく、赤ちゃんの体温を一定に保つのを助けてくれます。これらは、季節により要不要を確認してから購入を検討しましょう。また部屋の中でも、冷房や暖房を使うことが多いため、小物が必要な場合があります。

新生児服の着せ方

新生児には、季節によって合った服の着せ方があります。ここでは、春秋・夏・冬の3つに分けてご説明していきます。

春秋

春秋の新生児服の着せ方は、肌着+ウェアです。厚着になりすぎないよう、通気性の良いものを選びましょう。ウェアは必ずしも足元まで覆わなければならないものではありません。気温によって調節すると良いでしょう。

夏の新生児服の着せ方は、肌着+ウェア、または、肌着のみです。冷房を効かせた室内の場合は、冷えすぎないよう、また直接風が当たらないように注意してください。それ以外は、特に暑い日の場合、ウェアを着ずに肌着のみでも良いでしょう。

冬の新生児服の着せ方は、肌着+ウェアです。場合によって、そこにベストなどをプラスすると良いでしょう。外出時は、靴下や帽子を着せてあげると良いでしょう。あまり厚着になりすぎるのもよくありません。気温によって調節するようにしてください。

まとめ

ここまで、新生児の服について、タイプや着せ方をご紹介してきました。新生児の服は用途や着せ方によって異なる呼び名の服がいくつかあります。どれも聞き馴染みのないものなので、始めは混乱するかもしれません。是非実店舗に赴いて、実際に目で見て確かめることをお勧めします。

  • 新生児には、下着とウェアを適切に組み合わせて着せることが必要
  • 服の名称がややこしいので、実際に店舗で見てみることがお勧め