出産前後

産後ケア入院とは?利用の体験談

産後ケア入院という制度を聞いたことはありますか?出産後のお母さんと赤ちゃんをサポートする制度で、使いようによってはとても役に立ちます。ここでは、産後ケア入院について、制度の概要や体験談をお伝えしていきます。

産後ケア入院とは?体験談について

産後ケア入院とは、出産後のお母さんと赤ちゃんをサポートする制度です。私自身、産後ケア入院を利用したことがあります。ここでは、産後ケア入院の概要と流れについてご説明していきます。

産後ケア入院制度の概要

産後ケア入院とは、出産後のお母さんと赤ちゃんをサポートする制度のことです。具体的には、産科がある病院などに入院して、身体や心のケアを受けたり、赤ちゃんのお世話について教わったり、赤ちゃんを預けてお母さんが休んだり、ということができます。

産後ケア入院事業を行っている病院は、インターネット検索などで知ることができます。料金を払えば、誰でも利用できるところが多いようです。けれども、自費で利用するとなると、高い費用を払わなければなりません。そこで、市区町村が産後ケア事業の制度を展開している場合、それを利用することをお勧めします。具体的には、市区町村から費用の補助が受けられるという制度です。これにより、手軽な金額で産後ケア入院をすることが叶うでしょう。

費用は、病院によって異なります。また、助成金も、市区町村によって異なります。参考までに、私の場合は、1泊2万円のところ、1泊3,000円にまで、負担を軽くしてもらえました。

以上のように、産後ケア入院では、育児の悩みを相談したり育児を教わったりするだけでなく、お母さんの身体のケアを受けることができます。また、赤ちゃんを預けてお母さんの身体と心を休ませることもできます。利用には費用が掛かるため、よく調べるようにしましょう。

産後ケア入院利用の流れ

産後ケア入院の流れは、以下の通りです。

  • 病院探し
  • 市区町村へ問い合わせ
  • 申し込み用紙記入、担当者面談
  • 審査

まずは、利用できる病院を探しましょう。次に、市区町村に問い合わせます。産後ケア入院を利用したい旨を申し出ると、手続きについて教えてくれるでしょう。次に、申し込み用紙の記入を行います。ここで、利用の日時を申請します。また、利用の目的を細かく聞かれます。同時に、担当者との面談も行います。ここでも、利用の目的を聞かれます。また、周囲のサポートの有無など、子育ての状態も聞かれるでしょう。なぜなら、産後ケア入院の補助は、誰でも受けられるというものではないからです。市区町村が決めた基準をクリアした場合にのみ、補助が認められるのです。審査には、1週間程かかることがあります。そのため、産後ケア入院の利用を考える場合は、早くから市区町村に問い合わせるべきです。

審査をクリアしたら、その旨を記載した書面が、郵送にて届きます。それを持参して病院へ向かうという流れです。費用は、病院側に直接支払うことになります。

以上のように、産後ケア入院の補助を受けるためには、役所で色々な手続きを受ける必要があります。思っているよりも時間がかかるため、早い内から動き始めることをお勧めします。

産後ケア入院の体験談

ここからは、実際に産後ケア入院を利用したことのある私自身の経験をお伝えしていきます。私は、第一子を新生児仮死状態で出産しました。その後すぐに我が子はNICUに搬送になり、そのまま3週間の入院となりました。私は、出産をした産院で4日間の入院をした後に退院し、その後は自宅からNICUまで毎日通っていました。そのため、赤ちゃんと一緒に過ごす時間は短かったのです。さらに、最初の内は治療のため授乳や抱っこはできず、やっとできるようになっても、我が子の体力はまだ十分ではありません。結果、我が子はおっぱいを吸うことがほとんどできませんでした。

我が子が生まれて4日目のことです。産院を退院する日、助産師の方から、産後ケア事業について紹介を受けます。「是非利用してみたら」とおっしゃってくれました。私の場合は、過去に仕事のストレスで精神科にかかっていたことや、妊娠中、切迫早産で2か月間、産院でお世話になっていたことで、産後ケアの利用を勧められたのだと思います。

その後我が子は、NICUからGCUに移って、お世話の練習が始まります。沐浴や浣腸の方法のレクチャーを受け、一通りのお世話はできるようになりました。けれども、私の心には不安がありました。なぜなら、我が子が生まれてから、まだ24時間一緒に過ごしたことがなかったからです。私は、「上手く育児ができるのだろうか」と心配になっていました。

これらのことから私は、産後ケア入院の利用をすることに決めました。役所に電話すると、申し込み用紙の記入と面談のため、自宅まで訪ねてくれるそうです。面談の日には、担当者から説明と、聞き取りがありました。内容は、「育児のサポートをしてくれる人がいるのか」ということです。私は、夫の仕事の状況や、実家の事情などを話しました。

それから2、3日して、無事に産後ケア入院の助成を受けられることが決まりました。郵送にて書面が届き、私はそれを持って、我が子を出産した産院に、母子ともに入院することになります。

入院は、3泊4日の日程で、主な内容は、育児について学ぶことでした。具体的には、産後の母子同室入院と同じような内容です。私はそこで初めて、本格的に赤ちゃんと24時間一緒に過ごし、育児をしました。おっぱいを直接吸ってもらうこともでき、充実感でいっぱいでした。

しかし、2、3時間ごとにある授乳と、赤ちゃんの泣き声で、私は寝不足になってしまいます。我が子は、NICUで過ごした時間が長く、まだあまりおっぱいを吸うことができません。私も、自己流で搾乳を続けていましたが、母乳の分泌量がまだまだ足りていません。そのため授乳の度に、赤ちゃんに直接おっぱいを吸ってもらい、その後搾乳し、粉ミルクを追加して哺乳瓶で飲んでもらうという手順を踏んでいました。それがだいたい1時間弱かかるのです。私はだんだん追い詰められて、へとへとになっていきました。

そんな状況を察して、産院の看護師の方が、赤ちゃんを一時的に預かってくれました。私は、授乳と授乳の間の時間、部屋で1人になって休むことができたのです。他にも、育児の悩みについて相談に乗ってくれたり、話を聞いたりしてくれました。

おかげで私はずいぶん、育児に自信が持てるようになりました。手際はまだまだよくありませんが、不安になることが減りました。退院後は順調に育児が進み、産後3か月が経つ頃には、我が子はほとんど母乳だけで過ごせるようになったのです。これも、産後ケア入院があったからこそで、私はとても感謝をしています。

まとめ

ここまで、産後ケア入院について、制度の概要や手順、体験談をお伝えしてきました。お金さえ払えば、産後ケア入院は受けられる可能性が高いでしょう。補助を受けるためには、早めに役所に問い合わせることが重要です。是非この記事を参考に、産後ケア入院の活用を考えてみてはいかがでしょうか。

  • 産後ケア入院は、市区町村に問い合わせることがお勧め
  • 補助金の利用には審査が必要なため、余裕を持って申請する必要がある