出産前後

破水と尿漏れの違いとは?

出産を控えた時に心配なことが、お産の始まり方です。その中で、破水には特に注意が必要です。破水は、おしるしや陣痛がなくても、突然してしまう可能性があります。ここでは、破水と尿漏れの違いや対処法について、体験談を交えながらお伝えしていきます。

破水とは?尿漏れとの違い

破水とは、羊水が漏れ出ることです。これは、赤ちゃんを包んでいる「羊膜(卵膜)」と呼ばれるものが破けた結果、起こります。破水には、適時破水、早期破水、前期破水の3点、種類があります。

  • 適時破水
  • 早期破水
  • 前期破水

1点目は、適時破水です。適時破水は、陣痛が始まって子宮口が全開になり、その後に起こるものです。

2点目は、早期破水です。早期破水は、陣痛が始まって子宮口が全開になる前に起こるものです。

3点目は、前期破水です。前期破水は、陣痛が始まる前に起こるものです。

自分で破水と尿漏れの違いを見分けることは難しいとされています。破水する量は人によって異なるため、ごく少量しかない場合があるからです。見分け方の例としては、においを確認する方法が挙げられます。破水すれば、尿の様なアンモニア臭は伴いません。少しだけ生臭いか、無臭であることが大半です。また、破水は尿とは異なり、自分の意思で止めることができません。

破水に気づいた時の対処法

破水した場合は、すぐに病院に連絡をするようにしましょう。ひとたび破水してしまうと、子宮に細菌が侵入して赤ちゃんに感染するリスクが高まるからです。特に注意すべきは、前期破水です。前期破水は妊娠中のどの時期でも起こる可能性があるからです。

例として、生産期に前期破水を起こした場合について、ご説明します。破水したら、大きめのナプキンをひきましょう。大量の破水があった場合は、それだけでは間に合いません。そのため、バスタオルを用意しておくと良いでしょう。または産褥パッドをつけるようにすると安心です。次に、病院に連絡をします。病院に連絡をしたら、来院して内診を受けるよう促されるはずです。そこで破水したことが確定すれば、入院することになります。なぜなら、破水後は感染症にかかるリスクが高まるからです。多くは、入院をしながら自然に陣痛がつくのを待ちます。様子を見て陣痛がつけばそのままお産へ、そうでなければ陣痛促進剤を投与して人工的に陣痛を促していきます。

もしも破水ではなく、尿漏れやおりものであったとしてもかまいません。少しでも破水を疑えば、病院に連絡すべきです。自分や赤ちゃんの命を最優先に考えましょう。

破水と尿漏れの違いに気づける?体験談

ここからは、実際に前期破水から出産に至った私自身の体験談をご紹介します。私は、妊娠37週2日の時に自宅で前期破水、その後病院にて出産しました。

その日はいつも通り朝起きてご飯を食べました。夫を仕事に送り出してソファに座って休憩していた時です。プチっというかすかな感触があって、少量の水分が流れ出しました。慌ててトイレに駆け込んでみると、無色透明のさらさらした液体が確認できました。量は、おりものシート全体にしみるくらいです。パンツまでは濡れなかったため、量はあまり多くありませんでした。その時点で破水を疑ったものの、尿漏れかもしれないという不安はありました。なぜなら、液体が流れ出たのは一瞬だけで、量も多くなかったからです。においをかいでみましたが、全くの無臭とはいかず、少し生臭いかもしれないと思う程度です。これらの要素だけでは、「100%破水だ」という確信が持てなかったのです。

本来は、その時点で病院に連絡を取るべきでした。しかし私は、少し様子を見ようと決めます。実は前週に、全駆陣痛によるフライング入院をしていて、今回も思い過ごしだったらどうしようという気持ちがあったからです。幸いなことに、その30分後に、今度は大量の液体が流れ出たため、破水だと確信して病院に電話をしました。それがなかったらと思うと、今でも恐怖です。

2度目の破水の量は、1度目とは比べ物にならない程大量でした。1度目の破水の後に念のためにつけた、一番大きいサイズのナプキンが一瞬にしてダメになる程だったのです。慌てて次は産褥パッドの一番大きいサイズをつけました。それも、病院に着くころにはダメになりました。

病院に連絡した後に、登録していた陣痛タクシーを手配しました。その日はどしゃぶりの雨であったことからなかなか連絡がつきませんでしたが、連絡がついてからは10分もしないうちに来てくれました。病院へは車を使って10分弱で行くことができるため、2度目の破水から約40分で病院に到着することができました。内診の結果はやはり破水、ということで即入院となります。

その後は、あれよあれよという間にお産が進んで、1度目の破水から数えて4時間30分程での出産となりました。破水した後、すぐに病院に連絡を取って来院したことが奏功したのです。これらのことから、破水をしたらすぐに病院に連絡をすることをお勧めします。

まとめ

ここまで、破水について、尿漏れとの違いを中心にお伝えしてきました。特に前期破水は注意すべきです。自分や赤ちゃんを守るためにも、少しでも破水を疑った時は、すぐに病院に連絡をするようにしましょう。

  • 破水には、適時破水、早期破水、前期破水の3種類がある
  • 破水と尿漏れの違いを見極めるのは、難しい
  • 破水をしたと感じたら、すぐに病院に連絡すべき