育児

赤ちゃんとの初めての旅行体験談

赤ちゃんとの初めての旅行は、準備すべきことが多く大変です。目的地まで無事にたどり着けるのか、心配になる人も少なくありません。ここでは、赤ちゃんとの初めての旅行について、私自身の体験をお伝えしていきます。

赤ちゃんとの初めての旅行で注意すべきこと

赤ちゃんとの旅行は、大人だけで行くものとは異なります。ここでは、赤ちゃんとの初めての旅行で特に注意すべきことについて、時期、旅程、持ち物の3つの観点からお伝えしていきます。

時期

赤ちゃんとの初めての旅行で注意すべきことの1つ目は、時期です。極端に暑すぎたり寒すぎたりする時期は避けましょう。赤ちゃんは、まだ自分で体温調節することが難しいからです。また、旅行は、見慣れない土地への移動となるため、思ったより体力を消耗しがちです。赤ちゃんにかかる負担は少なくありません。そのため、旅行は、過ごしやすい気候の時期を選ぶべきなのです。

旅程

赤ちゃんとの初めての旅行で注意すべきことの2つ目は、旅程です。余裕を持った旅程を組むよう心がけましょう。特に着目すべきは、行き先時間です。

  • 行き先
  • 時間

着目すべき1点目は行き先です。赤ちゃん連れでもつらくないような場所を選定してください。ベビーカーの場合は、段差や道のでこぼこが少ない場所が良いでしょう。そうすることで、外出先でも赤ちゃんをベビーカーに乗せたまま移動することができます。抱っこ紐の場合も、上り下りが少ない場所が好まれます。なぜなら、抱っこ紐で赤ちゃんを前抱きした場合、お母さんの足元が赤ちゃんによって見えづらくなるからです。

行く先に休憩所や授乳室、おむつ替えスペースがあるかどうかの確認も怠らないようにしてください。赤ちゃんは、思わぬ時にお腹がすいたりウンチをしたりするからです。緊急時に備えて、複数の休憩スポットを確認しておくと安心です。

着目すべき2点目は時間です。余裕を持った時間配分を心がけてください。赤ちゃん連れだと、移動にかかる時間が長くなる傾向にあり、また、こまめな休憩も必要であるからです。

以上のように、赤ちゃんとの初めての旅行では、旅程をしっかり組むことが重要です。予定通りにならなくても仕方がありませんが、事前に調べておくことで安心ができるでしょう。

持ち物

赤ちゃんとの初めての旅行で注意すべきことの3つ目は、持ち物です。おむつ替えグッズや授乳グッズはもちろんのこと、着替えや母子手帳なども忘れないよう携帯しましょう。外出先では何があるかわからないからです。また、想像以上に赤ちゃんに必要なグッズは置かれていません。例えば、おむつを替えた後に出るごみを入れる袋、赤ちゃんの手口を拭くためのウエットティッシュなどが挙げられます。

旅行の際はどうしても手荷物が多くなるため、量を減らしてコンパクトにしがちです。しかし、赤ちゃん連れだとそのようにいきません。必要な持ち物は必ず携帯するよう心がけましょう。

赤ちゃんとの初めての旅行体験談

ここからは、私自身が、第一子を連れて初めて行った旅行の経験をお伝えしていきます。

子どもが生後4か月になった10月に、家族3人で石川県に旅行に行きました。移動手段は車です。自宅から目的地までは車で4時間ほどの距離にあります。電車などの公共交通機関も使えましたが、赤ちゃんがいることを思い、自家用車での移動を決めました。移動に時間がかかること、赤ちゃんの体力のことを思い、期間は2泊3日に設定しました。行きは赤ちゃんが起きて身支度が整う朝7時の出発、帰りは余裕を持って朝8時過ぎの出発となりました。

移動の途中、いくつかのサービスエリアにとまりました。大きなサービスエリアには、おむつ替えスペースや授乳室が完備されていて、不便なく使用することが出来ました。ただ、いつもと違うおむつ替え台や授乳スペースを使うことで、いつもよりも長い時間がかかってしまったことを覚えています。サービスエリアには20分から30分ほどの滞在をしました。

また、40分ほどの渋滞に巻き込まれたこともありました。赤ちゃんはチャイルドシートの上で泣いてしまいましたが、それ以外は大きなトラブルもなかったです。渋滞に巻き込まれたこともあって、とまる予定のなかったサービスエリアに立ち寄り、授乳を済ませました。これらのことから、通常は4時間の道のりに、7時間かかって到着しました。

着いた先では、ほとんどを宿泊先での滞在にあて、ゆっくりすることに重点をおきました。外出は長くても1回3時間ほどにし、外での授乳やおむつ替えは発生しませんでした。これにより、快適に過ごすことができたと感じています。なぜなら、初めて行くところで、トイレの場所を探したり授乳したりするのは、思ったよりもストレスがかかるからです。1回の外出を終えたら宿泊先に戻り、おむつ替えや授乳、休憩を取ってからまた出かけるようにすると、赤ちゃん連れでも安心できます。

帰りの旅路は問題ありませんでした。渋滞もなく移動に少し慣れてきたためか、約6時間で到着することが出来ました。到着は午後2時頃だったため、後片付けもきっちりできて快適です。赤ちゃんのお風呂も自宅で入れることができ、その日はいつものように夜7時に眠ってくれました。

旅行での懸案事項の1つに、赤ちゃんの生活リズムが乱れる心配があります。できるだけ早く宿泊先や自宅に帰るよう心がけることで、赤ちゃんのリズムは乱れにくくなるでしょう。

以上のように、私の場合、赤ちゃんとの初めての旅行は、余裕を持った旅でした。いつもはぎゅうぎゅうに予定をつめたがる私にとって、これだけゆとりのある旅行は初めてでした。それでも、赤ちゃんと一緒に十分楽しめたと思っています。

まとめ

ここまで、赤ちゃんとの初めての旅行について、体験談を交えながらお伝えしてきました。心配なことやトラブルがつきものですが、赤ちゃんにとっても家族にとってもかけがえのない経験になるはずです。是非この記事を参考にしていただければ幸いです。

  • 赤ちゃんとの初めての旅行で特に注意すべきことには、時期、旅程、持ち物などがある