育児

赤ちゃんとの旅行はいつから?

毎日の育児に追われ、大変なお母さんにとって、赤ちゃんとの旅行は楽しみの1つです。それと同時に、様々な不安が付きまとう大変な行事でもあります。ここでは、赤ちゃんとの旅行の時期や注意すべきことについてお伝えしていきます。準備を万全に行い、楽しい旅行にしましょう。

赤ちゃんとの旅行はいつからできる?

赤ちゃんとの旅行は、生後5か月頃からが無難です。なぜなら体重が増え、首が座ると、しっかりしてくるからです。とは言え、まだまだ体力が十分ではありません。移動手段や行き先などには注意するべきです。

参考までに、飛行機は生後8日以上の新生児から乗ることができます。航空会社によってルールが異なるため詳しくは調べてみることをお勧めします。

このように、赤ちゃんとの旅行は「いつからだったら大丈夫」という明確な基準はありません。1か月でも2か月でも、飛行機に乗ることは可能なのです。しかしながら、旅先で病気やケガをしてしまうリスクなどを考えた時、1つの目安になるのが「首すわり」なのです。

赤ちゃん連れ旅行で注意すべきこと

赤ちゃん連れ旅行で注意すべきことは、持ち物と旅程の2点です。それぞれについて、少し詳しく見ていきましょう。

持ち物

1点目は、持ち物です。赤ちゃんを連れての旅行では、様々なシーンでアイテムが必要です。あらゆるパターンを想定して、準備を万全にしていきましょう。主な必須アイテムは、衣類食料おむつの3つです。

  • 衣類
  • 食料
  • おむつ

必須アイテムの1つ目は、衣類です。赤ちゃんは、吐き戻しや汗をかくことで、服を汚しがちです。また、体温の調整が苦手なため、衣類で調節してあげる必要があります。旅行の際は特に、公共交通機関や施設の利用時、外出時、宿泊時などでそれぞれ違った体温の調節が必要です。赤ちゃんの衣類は多めに持ち運ぶようにしてください。

必須アイテムの2つ目は、食料です。ミルクや離乳食、おやつなど赤ちゃんによって必要な食料を準備してください。旅行中は特に、思わぬ場所で赤ちゃんがぐずります。外出先でもいつでも食べ物やミルクをあげることができるよう、手持ちの荷物に必ず含めておくようにしてください。

必須アイテムの3つ目は、おむつです。赤ちゃんは、外出先では思わぬ場所でウンチをすることがあります。おむつはすぐに替えることができるよう、手持ちの荷物に含めましょう。また、枚数は多めに準備してしておくことをお勧めします。使用済みのおむつを入れられるごみ袋も忘れずに準備しましょう。

以上のように、赤ちゃん連れの旅行では荷物がかさみがちです。よく使うものはすぐに取り出せるよう工夫しておきましょう。

旅程

2点目は、旅程です。旅程で注意すべきことは、余裕を持った時間配分にすること行き先について調べることの2つです。

  • 余裕を持った時間配分にすること
  • 行き先について調べること

1つ目は、余裕を持った時間配分にすることです。赤ちゃん連れの旅行では、余裕を持った計画を立てることをお勧めします。赤ちゃんのおむつ替えやミルクなど、思っているよりも時間がかかることが多いからです。休憩を多く取って、赤ちゃんが苦痛にならないようにしましょう。

2つ目は、行き先について調べることです。休憩できる場所があるか、おむつ替えや授乳ができるスペースがあるか、などは確認必須です。また、外食を予定している場合は、赤ちゃん連れでも迷惑にならないかなどにも注意して調べるようにしてください。

以上のように、赤ちゃん連れの旅行では、旅程について気を付けるべき点がいくつかあります。事前の調査や計画立てをしっかり行うようにしましょう。

赤ちゃん連れ旅行はいつから?体験談

ここまで、赤ちゃんとの旅行について、時期や注意すべきことをお伝えしてきました。ここでは、私自身の体験談をお伝えしていきます。

私の場合は、第一子を、生後4か月の終わり頃に義実家へ連れ出しました。義実家は、自宅から車で4時間ほどの距離にある場所です。夫婦だけだと、いつも1泊2日の旅程を組んでいましたが、赤ちゃん連れということもあり、2泊3日の旅程を組むことにしました。宿泊先は、義実家です。

具体的な旅程は以下の通りです。1日目は朝いつもの時間(5時30分)に起きて身支度と授乳を済ませた後、車に乗り込み出発しました。途中は約1時間おきにサービスエリアに立ち寄っておむつ替えや授乳を行いました。渋滞に巻き込まれたこともあって、合計で7時間程かかりました。しかし、頻繁に休憩を入れていたおかげで、赤ちゃんがぐずることはありませんでした。2泊の滞在を終えて、帰りは朝9時頃に出発しました。同じく約1時間おきに休憩を取って、5時間30分程で自宅に到着しました。以上のように、赤ちゃん連れの旅行ではいつもよりも移動に時間がかかります。

我が子の場合、生後4か月時点では首が完全には座っていませんでした。それでも、大きな心配事なく旅行ができました。病気やけがもなく、快適な旅だったと記憶しています。生後4か月という時期は、離乳食が始まる前なので、その点は楽だったと言えます。

まとめ

ここまで、赤ちゃんとの旅行について、始める時期や注意すべきこと、体験談などをお伝えしてきました。赤ちゃんによって準備物や旅程は替える必要がありますが、少しでもこの記事を参考にしていただければ幸いです。

  • 赤ちゃんとの旅行は「いつからだったら大丈夫」という明確な基準はない
  • 「首すわり」を1つの目安にするのがお勧め
  • 赤ちゃんとの旅行は、準備が大切