育児

赤ちゃんに靴下は必要?体験談

子育てをしていると、赤ちゃんが寒いのか暑いのか分からず、不安になってしまいます。赤ちゃんに靴下は履かせるべきなのでしょうか?ここでは、赤ちゃんの靴下について、必要性や体験談などをお伝えしていきます。

赤ちゃんに靴下は必要?必要なシーンやサイズについて

赤ちゃんには場合によって靴下が必要です。ここでは、靴下が必要なシーンとサイズについて、お伝えしていきます。

赤ちゃんに靴下が必要なシーン

赤ちゃんには、気温に応じて靴下が必要です。具体的には、秋冬や春先など、肌寒い日の外出時です。

赤ちゃんに靴下が必要な理由は、冷えを防ぐためです。赤ちゃんは、自分で体温調節をするのが苦手です。外が寒いと、すぐに冷えてしまうのです。体調を崩すことを防ぐために、靴下を履くことによって、体温調節することが大事です。

注意すべきは、靴下の履かせすぎです。赤ちゃんの手足は、他の部分よりも冷たくなりやすいと言えます。だからと言って赤ちゃんの足が冷たいのを過度に気にして、靴下を履かせすぎないようにしましょう。なぜなら、熱がこもって汗をかき、それが冷えてしまう恐れがあるからです。赤ちゃんが寒いかどうかは、手足だけでなく背中などを触って、総合的に判断するようにしてください。

一方で、室内では、できれば年中、裸足のままが良いとされています。なぜなら、足裏から様々な刺激を得ることが重要であるからです。靴下を履かせると、足の裏で色々な感覚を掴むことが難しいのです。室内にいる時は、空調などを使って、快適な室温にするよう心がけましょう。

以上のように、赤ちゃんには、外出時、肌寒い時に靴下が必要です。場合によって履かせたり脱がせたりしましょう。

必要な赤ちゃんの靴下サイズについて

赤ちゃんの靴下のサイズは、普段見慣れていないため判断が難しいものです。実際には、製品やお店によって、様々なサイズがあります。ここでは一般的に使われているサイズ表記で、新生児用5-9cm9-12cmの3つに分けてご説明していきます。

  • 新生児用
  • 5-9cm
  • 9-12cm

1つ目は、新生児用です。大抵の場合、この新生児用として販売されているものから履かせることになるでしょう。個人差や製品の差はありますが、生まれてすぐから生後3か月頃までは履くことができるでしょう。

2つ目は、5-9cmです。赤ちゃん用として販売されている靴下を購入することになります。赤ちゃん用の靴下の最小サイズは、5-9cmや7-9cmという表記のものが多いようです。生後3か月頃までが推奨されていることが多いでしょう。はじめは少し大きめに感じるかもしれません。しかし、最初の内は外出が少ないことを考えると、少々大きくても問題はありません。

3つ目は、9-12cmです。こちらはだいたい1歳前後頃まで履かせることができるでしょう。販売されている商品の種類がぐっと増えるところでもあります。

以上のように、赤ちゃん用の靴下サイズは様々です。サイズ表記は同じでも、製品によって大きさに違いがあることがあるため注意しましょう。できれば、実際に現物を見て購入することをお勧めします。

赤ちゃんの靴下選びで注意すべきこと

赤ちゃんの靴下選びで注意すべきことは、デザインサイズ機能面の3点です。

  • デザイン
  • サイズ
  • 機能面

1点目は、デザインです。気に入ったデザインの靴下を買うようにしましょう。まだ歩かない赤ちゃんは、それほど多くの靴下は必要ないからです。大抵の場合、1〜3足程で足りるでしょう。

お勧めは、シンプルな靴下です。なぜなら、赤ちゃんの服は色や柄が様々で、靴下を合わせにくいからです。シンプルな靴下にしておけば、他の服と合わせた時に、違和感が生じることが少ないと言えます。赤ちゃんの靴下は、様々な色や柄があって、どれも可愛いものばかりです。けれども、他の服と合わせた時の全体の見栄えを考えて、靴下は控えめにするのがお勧めです。

2点目は、サイズです。赤ちゃんの足に合ったサイズのものを使いましょう。靴下は、少しでも小さいとすぐに脱げてしまいます。反対に大きいと、つま先部分が余ってしまうことがあります。しかしながら、赤ちゃんの足はすぐに大きくなってしまいます。そのため、靴下はまとめて買いすぎず、様子を見ながら少しずつ買うことをお勧めします。

3点目は、機能面です。具体的には、例えば、足首部分の締め付け具合長さ足裏の滑り止めの有無などが挙げられます。

  • 足首部分の締め付け具合
  • 長さ
  • 足裏の滑り止めの有無

足首部分の締め付け具合は、緩くないものを選びましょう。

長さは、短かすぎるものはお勧めではありません。赤ちゃんの服の足部分の裾は、めくれやすく、膝部分が露出しやすいからです。例えば、抱っこでの上げ下ろしや、寝返りずりばいハイハインなどの動きをすることが、原因として挙げられます。これらのことから、赤ちゃんの靴下は、長い方が安心であると言えます。

足裏の滑り止めは、始めの内は必要ありませんが、成長とともにあった方が良くなってきます。例えば、掴まり立ちや伝い歩きが始まれば、足裏の滑り止めがほしくなってくるでしょう。

以上のように、赤ちゃんの靴下選びは思ったより難しいものです。成長に合わせて少しずつ購入していくことをお勧めします。

赤ちゃんに靴下は必要?体験談

ここまで、赤ちゃんの靴下について一般的なことをお伝えしてきました。ここからは、私自身の体験談をお伝えしていきます。

我が子の場合、生まれてしばらくは暑い時期が続いたため、靴下を買っていませんでした。新生児用の靴下は、セレモニードレスに合わせて購入した白色の1点のみです。これは、お食い初めの時までの利用で、回数も数える程でした。

次に購入したものは、5-7cmと表記のあった靴下2点です。これは生後3か月には少し小さめになっていました。結局、生後5か月頃まで数回の利用にとどまりました。サイズが小さい靴下を履かせると、すぐに脱げてしまいます。

次に購入した、9-11cmと表記のあった靴下2点は、長く使いました。具体的には、生後5か月〜1歳前くらいまでです。枚数に関しては、私の場合、2足組みで充分でした。なぜなら、室内では裸足でいたので、汚れるタイミングがなかったからです。

我が子の場合、靴下を利用し始めたのは、生まれてから夏を越して、秋に入った10月あたりくらいからでした。

以上のように、生まれた時期や赤ちゃんの成長具合によって、必要な靴下のサイズや枚数は異なります。

まとめ

ここまで、赤ちゃんの靴下について、必要性、注意すべきこと、体験談などをお伝えしてきました。赤ちゃんには、靴下が必要です。上手に使って体温調節に役立てましょう。

  • 赤ちゃんには、気温に応じて靴下が必要
  • 体の冷えや、靴下の履かせすぎには注意が必要
  • 赤ちゃんの靴下選びで注意すべきことは、デザイン、サイズ、機能面の3点