育児

赤ちゃんのおむつ収納はどうする?収納方法まとめ

赤ちゃんが生まれると、荷物が散らかりがちです。中でも、おむつ関連グッズは、毎日頻繁に使うことがあるため収納が大変です。こまごまとしたものが多く、あまりしまい込んでしまうと、今度は使いにくくなってしまいます。ここでは、赤ちゃんのおむつ収納について、お勧めの収納方法をご紹介しています。

赤ちゃんのおむつ収納は重要

赤ちゃんのおむつ収納は、お世話の効率化を助けるため重要です。おむつ関連グッズは毎日頻繁に使うことがあると同時に、種類が多く、赤ちゃんサイズのため細かい物が多いからです。

赤ちゃんは、1日に何度もおしっこやウンチをするため、頻繁なおむつ替えが必要です。その回数は、1日10回以上になることも珍しくありません。おむつ替えには、おむつだけでなく、おしりふきやごみ箱なども必要です。

衛生関連グッズも必要です。例えば、赤ちゃん用の綿棒や爪切り、スキンケア用品などが挙げられます。どれも赤ちゃんに合わせたサイズになっているため、一つひとつが細かく、見失いがちです。

以上のように、赤ちゃんのお世話には様々なグッズが必要です。それぞれをバラバラに置いておいてもよいのですが、それだと、場所が把握しづらくなります。できれば、必要な時に必要な物だけさっと取り出せるようにしたいものです。そんな時に、収納ケースが大活躍します。赤ちゃんのお世話に必要な物は1か所にまとめて整理することをお勧めします。そうすることで、使用時のストレスを軽減できるばかりか、育児が効率化できます。また、寝室・リビング間の移動や、実家に帰る時など、持ち運びが可能になる分、便利で役に立ちます。

おむつの収納方法

ここからは、具体的なおむつの収納方法についてご紹介していきます。

市販のパッケージを使う

1点目は、市販のパッケージを使うことです。おむつは、薬局やスーパーなどで、何十枚かセットになったものが販売されています。そのパッケージは、正しく開けると、そのままおむつを1枚ずつ取り出して使うことができます。

市販のパッケージを使用するメリットは、手間が省けることです。

  • 手間が省けること

おむつをいったん出して入れ替える必要がないため、時短になります。市販のパッケージは、おむつを取り出しやすいように工夫されているため、特に使いにくいといったことはありません。とにかく手間が省きたい人にとっては、便利な手段と言えます。

市販のパッケージを使用するデメリットは、おむつ以外のグッズを別に管理する必要があること見た目がすっきりしないことの2つです。

  • おむつ以外のグッズを別に管理する必要があること
  • 見た目がすっきりしないこと

1つ目は、おむつ以外のグッズを別に管理する必要があることです。市販のパッケージには、おむつ以外のグッズを収納することができません。そのため、おしり拭きやその他の衛生用品を別でしまう必要が出てきます。ばらばらに収納しておくと、管理が難しく、取り出しにくくなる可能性があります。

2つ目は、見た目がすっきりしないことです。市販のパッケージをそのまま利用するため、スタイリッシュでおしゃれな空間を作りたい人には不向きと言えるでしょう。

以上のように、おむつは市販のパッケージをそのまま使うことで便利に取り出すことが可能です。

ベビーワゴンを使う

2点目は、ベビーワゴンを使うことです。ニトリやイケアなどの家具店で、ベビーワゴンが販売されています。イメージとしては、美容院によく置いてあるワゴンのようなものです。このワゴンに、おむつやその他の衛生関連グッズをしまう方法です。

ベビーワゴンを使用するメリットは、見た目がおしゃれであること取り出しやすいこと移動が楽であることの3つが挙げられます。

  • 見た目がおしゃれであること
  • 取り出しやすいこと
  • 移動が楽であること

1つ目は、見た目がおしゃれであることです。色やデザインなども自由に選ぶことができ、部屋の雰囲気を崩すことなくなじませることができるでしょう。

2つ目は、取り出しやすいことです。ベビーワゴンは、3段構成になっているものが多く、それぞれに必要な物を仕分けして置くことができます。また、見ただけでどれがどこに収納されているかが分かるため、こまごました物でも見失うことがありません。

3つ目は、移動が楽であることです。ベビーワゴンには、キャスター付きの物が多く、移動がスムーズです。寝室・リビング間の移動は毎日のことなので、それに対するストレスが軽減されることは大きいでしょう。また、部屋を掃除する時にも便利です。

ベビーワゴンを使用するデメリットは、場所を取ってしまうこと外出には使えないことの2つが挙げられます。

  • 場所を取ってしまうこと
  • 外出には使えないこと

1つ目は、場所を取ってしまうことです。ベビーワゴンは高さがあるため、一定のスペースが必要です。素材も固いプラスチックのようなものが使われていることが多く、いらなくなった際に簡単にしまうことができません。

2つ目は、外出には使えないことです。ベビーワゴンは、実家に帰省する時やおでかけの際に持ち出すことは難しいでしょう。

以上のようにベビーワゴンを使うことで、様々なグッズをスタイリッシュに収納することができます。

おむつストッカーを使う

3点目は、おむつストッカーを使うことです。赤ちゃん用品店やインターネットなどで、おむつストッカーを手に入れることができます。タイプは様々ですが、片手で持ち運べるバッグの様な形の物が多いようです。

 

おむつストッカーのメリットは、コンパクトにすっきり収納ができることどこにでも持ち運べることの2つです。

  • コンパクトにすっきり収納ができること
  • どこにでも持ち運べること

1つ目は、コンパクトにすっきり収納ができることです。おむつストッカーは、片手で持ち運べるバッグのような大きさです。また、ポケットや仕切りが多くついており、様々なものがすっきりコンパクトに収まります。

2つ目は、どこにでも持ち運べることです。おむつストッカーは、布のような軽い素材でできているため、持ち運びが楽です。部屋間の移動はもちろんのこと、車に乗せておでかけしたり、実家に帰省する時にもっていったりできます。

おむつストッカーのデメリットは、おむつの入れ替えを行う必要があることです。

  • おむつの入れ替えを行う必要があること

おむつは市販のパッケージから取り出して、おむつストッカーに収納する必要があります。この作業はおむつが消費される都度必要なため、手間がかかります。

以上のように、おむつストッカーは、様々なグッズをコンパクトに収納することができるため便利です。

お勧めのおむつ収納方法

ご紹介した中で特にお勧めのおむつ収納方法は、おむつストッカーを使うことです。様々なグッズをコンパクトに1つの場所に収納できること、持ち運びがしやすいことが理由です。これ1つあれば、赤ちゃんのお世話が完結するため、外出時にいちいち荷物をまとめ直す必要もありません。

具体的には、たまひよの「お世話ラクラク丸ごとすっきり収納ケース」がお勧めです。とにかくお母さんのためを考えて、使い勝手よく設計されています。ポケットが充実していて、こまごまとした物も見失いにくくなっています。上部はマグネット式で、ワンタッチ開閉が可能です。そのため、取り出しやすいさもピカイチです。

まとめ

ここまで、あかちゃんのおむつ収納について、様々な方法をご紹介してきました。お世話を効率的に行うためにも、自分に合ったスタイルで、収納方法を考えることをお勧めします。迷っている方は是非、お勧めとしてご紹介した、たまひよのおむつストッカーを検討してみてください。

  • おむつ収納には、市販のパッケージ、ベビーワゴン、おむつストッカーの主に3種類がある
  • お勧めは、おむつストッカーを使うこと