育児

赤ちゃんの予防接種は同時接種にできる?メリットデメリットは?体験談

赤ちゃんの予防接種は、打つ時期や内容のスケジュールを立てるのが大変です。同時接種を行えば、負担を軽減することができます。ここでは、赤ちゃんの予防接種について、同時接種のことを中心にお伝えしていきます。

赤ちゃんの予防接種とは?同時接種って?

まずは、赤ちゃんの予防接種や同時接種について、基本的なことをお伝えしていきます。

赤ちゃんの予防接種について

赤ちゃんの予防接種とは、感染症から身を守るためのワクチンを打つことです。

予防接種には、法律によって定められている「定期接種」と、法律には記載がないけれど国が接種を認めている「任意接種」の2つがあります。

  • 定期接種
  • 任意接種

定期接種のワクチンは、原則、地方自治体が費用を負担します。そのため、予防接種を受ける時にはお金は必要ありません。

任意接種のワクチンは、原則、個人で費用を負担することになります。ただし、自治体によっては、一部のワクチンの費用負担を行っている場合もあります。

以上のように、定期接種と任意接種のどちらにおいても、赤ちゃんの身を感染症から守るための有用な手段であると言えます。

予防接種の同時接種について

予防接種の同時接種とは、複数のワクチンを同じ日に打つことです。同時に打てるワクチンは、種類によって異なるため注意が必要です。

たいていは、予防接種を受ける小児科で、だいたいのスケジュールが決められています。ワクチンの同時接種を行なっている場合が多いでしょう。けれども、その内容や本数は病院によって異なります。

赤ちゃんの予防接種は同時接種にできる?

赤ちゃんの予防接種は同時接種にできるのでしょうか。

日本小児科学会(参照: http://www.jpeds.or.jp/modules/general/index.php?content_id=5)では、同時接種を認めています。その内容を簡単にご紹介していきます。

日本小児科学会では、赤ちゃんの予防接種の同時接種について、ワクチンの効力が落ちることはないワクチンの副反応に悪い影響はない同時接種本数の制限は原則としてない、という3点を主張しています。

  • ワクチンの効力が落ちることはない
  • ワクチンの副反応に悪い影響はない
  • 同時接種本数の制限は原則としてない

1点目は、ワクチンの効力が落ちることはないことです。これは、たがいのワクチンが干渉し合うことはないことを示しています。

2点目は、ワクチンの副反応に悪い影響がないことです。同時接種をしたからと言って、新たな副反応が出たり、悪化したりすることはないということです。

3点目は、同時接種本数の制限は原則としてないことです。打てるものがあれば、原則何種類でも、ワクチンを打つことができます。

また、日本小児科学会では、赤ちゃんの予防接種の同時接種について、注意すべきこととして、以下の3つを挙げています。それは、1本にまとめない最低2.5cmの間隔をあける場所は上腕外部と大腿前外部にする、というものです。

  • 1本にまとめない
  • 最低2.5cmの間隔をあける
  • 場所は上腕外部と大腿前外部にする

1つ目は、1本にまとめないことです。つまり、1種類のワクチンは1本のシリンジにて、打つということです。同時接種時には、複数回の注射を行うことになります。

2つ目は、最低2.5cmの間隔をあけることです。つまり、打つ場所と打つ場所の間を最低2.5cmはあける必要があるということです。

3つ目は、場所は上腕外部と大腿前外部にすることです。小児科では主に、上腕外部に注射することが多いでしょう。例えば、4本のワクチンを同時接種する場合、左右の腕に2本ずつ打つ、ということが挙げられます。

以上の主張や注意点から、日本小児科学会は、「ワクチンの同時接種は、日本の子どもたちをワクチンで予防できる病気から守るために必要な医療行為であると考える」としています。

赤ちゃんの予防接種を同時接種にするメリットとデメリット

次に、赤ちゃんの予防接種を同時接種にするメリットとデメリットを、それぞれまとめていきます。

赤ちゃんの予防接種を同時接種にするメリット

赤ちゃんの予防接種を同時接種にするメリットは、早期に接種できること時間的負担を軽減できることの2つです。

  • 早期に接種できること
  • 時間的負担を軽減できること

赤ちゃんの予防接種を同時接種にするメリットの1つ目は、早期に接種できることです。予防接種は、一度打つと、次に別のものを打つまで、一定期間あけなければなりません。同時接種であれば、同時接種しなかった場合と比較して、早くワクチンを打つことにつながるのです。

赤ちゃんの予防接種を同時接種にするメリットの2つ目は、時間的負担を軽減できることです。同時接種をしない場合に比べ、通院回数が減るためです。予防接種の準備やその後のことなど、お母さんにかかる負担は、案外大きいものです。同時接種をすれば、少しでも負担を減らすことができるのです。

以上のように、赤ちゃんの予防接種を同時接種にするメリットは、大きいと言えます。

赤ちゃんの予防接種を同時接種にするデメリット

一方で、赤ちゃんの予防接種を同時接種にすることには、何かデメリットがあるのでしょうか?大きなデメリットは特にありません。

強いて言うならば、一回の通院で、赤ちゃんにたくさんの注射をしなければならないことが挙げられます。赤ちゃんの小さな四肢に、一度にたくさんの針を刺すことは、赤ちゃんにとっては大変なことかもしれません。また、医師にとっても、針を刺す場所が限られるため、大変であることが予想されます。

病院や赤ちゃんの状況によって、対応は様々です。是非この記事のメリットデメリットを参考に、考えていただければ幸いです。

赤ちゃんの予防接種は同時接種にできる?体験談

ここまで、赤ちゃんの予防接種を同時接種にすることについて、基本的なことをお伝えしてきました。ここからは、赤ちゃんの予防接種を同時接種にした我が子の体験談をお伝えしていきます。

我が子の場合、生後2か月から予防接種を開始しました。予防接種に副反応が出たことはありません。同時に打ったワクチンの本数は、1番多い時で4本です。

ワクチンを4本打った時の場所は、左右の腕に2本ずつでした。1本目の針を刺された時から大きく泣いた我が子は、そのまま、4本目の注射が終わるまで泣き続けました。終わった後は疲れたように眠りました。その日の夜はぐっすり眠ったように思います。

以上のように、赤ちゃんの予防接種を同時接種することはできます。

まとめ

ここまで、赤ちゃんの予防接種を同時接種にすることについて、体験談を交えながらお伝えしてきました。是非この記事を参考に、予防接種スケジュールについて考えていただければ幸いです。

  • 赤ちゃんの予防接種を同時接種にすることは可能
  • 赤ちゃんの予防接種を同時接種にするメリットは豊富