出産前後

赤ちゃんの低酸素虚血性脳症とは?低体温療法はどんなことをする?

出産時、赤ちゃんが産声をあげないことがあります。その時間が長いと、低酸素虚血性脳症という状態になります。低酸素虚血性脳症は、赤ちゃんにとって危険です。ここでは、低酸素虚血性脳症について、その治療に用いられる低体温療法について、私自身の経験を踏まえてお伝えしていきます。

赤ちゃんの低酸素虚血性脳症とは?低体温療法について

赤ちゃんの低酸素虚血性脳症とはどのようなものなのでしょうか?ここでは、基礎知識についてお伝えしていきます。

赤ちゃんの低酸素虚血性脳症とは?

低酸素虚血性脳症とは、脳に十分な酸素がいきわたらなかった時間があるために何らかのダメージが疑われる状態です。赤ちゃんの場合は、生まれてすぐの呼吸が必要な時間帯に、何らかの理由で上手く呼吸が出来なかった時に起こります。言い換えれば、すぐに産声が聞こえず、新生児仮死状態が長かった時に起こります。

新生児仮死状態とは、生まれた時に正常な呼吸が出来ない状態のことです。新生児仮死状態では、赤ちゃんはぐったりして肌の色が悪くなります。新生児仮死には軽度から重度まで異なった度合いがあります。生まれてすぐ、のどや気管の羊水を吸って呼吸を促すことで泣き出す赤ちゃんもいれば、さらに酸素吸入が必要な赤ちゃんもいます。その後の様子によって、点滴を投与しながら酸素吸入を続けます。

そのため、新生児仮死状態で生まれた赤ちゃんの全てに、低酸素虚血性脳症という病名がつくというわけではありません。呼吸が上手く出来なかった時間が特に長かった場合、低酸素虚血性脳症が疑われることが多いようです。参考までに、私の子どもの場合は、生まれて約15分の間、自発呼吸がありませんでした。

対処法について

低酸素虚血性脳症であると診断された場合、赤ちゃんはNICUに搬送されることになります。脳へのダメージが疑われるため、何らかの後遺症が出ることがあるからです。NICUでは、赤ちゃんの回復を図り、脳へのダメージを食い止めます。その際に用いられることが多いのが、「低体温療法」です。低体温療法とは、赤ちゃんの体温を一定時間、下げる治療法です。これは脳への追加のダメージを止めるための処置で、必ずしも後遺症を防げるというわけではありません。

低体温療法では、一定時間、赤ちゃんの体温を下げ、その後、ゆっくりと元の体温に戻していきます。体温を下げている最中は、赤ちゃんが動かないように薬で眠ってもらうことになります。参考までに、私の子どもの場合は、72時間の間、体温が34度に保たれていました。その間は全くと言っていいほど赤ちゃんは動きません。72時間の治療が終わって体温が上がった後も、2、3日はぐったりしていました。動かないように投与していた薬の効き目が、赤ちゃんによって違うため、回復の速度が異なるようです。

低体温療法を行うかどうかは、医師の判断によります。低体温を維持するという行為は、リスクがつきまといます。そのため、低体温療法を行うかどうかは、赤ちゃんの状態を見て決めるようです。そこには一定の基準があるため、治療を行わないこともあるのです。

以上のように、低酸素虚血性脳症で生まれた赤ちゃんには、低体温療法という対処法が用いられることがあります。絶対に効果があるとは言い切れませんが、追加のダメージを食い止められるかもしれません。

赤ちゃんの低酸素虚血性脳症で低体温療法をする場合、後遺症は?

低酸素虚血性脳症の場合、何らかの後遺症が残る場合があります。後遺症の内容は、脳の損傷場所や度合いにより異なります。身体の震えや麻痺など運動面、言葉の遅れなどの知能面、どちらにも可能性があるということです。これらは、赤ちゃんの脳波検査や脳のMRI検査を行うことによって検知できます。しかし、赤ちゃんの発達は未知数であることが多く、全ての障害を予見することはできません。検査の結果異常が見つかっても何も症状が出ないことや、反対に、検査の結果異常が見つからなくても何らかの症状が出ることがあるのです。そのため、新生児仮死で生まれて脳へのダメージが疑われる場合、赤ちゃんの発達を定期的に見守り、異常がないか確認することになります。

赤ちゃんが、低酸素虚血性脳症で低体温療法を行った場合でも、やはり後遺症が残る可能性があります。低体温療法を施すまでの間に追った脳へのダメージは、回復させることができないからです。また、低体温療法にどれだけの効果があるのか、はっきりしているわけではありません。参考までに、私の子どもの場合は、低体温療法が終了し赤ちゃんの回復を待ってから、脳波と脳MRIの検査を行いました。結果は異状なしとのことでしたが、引き続き通院をして発達の状態を確かめていくことになりました。赤ちゃんの脳や発達については未知数だからとのことです。たとえ最初に脳波と脳MRIの検査結果が異状なしだったとしても、発達の段階で後から異常が見つかる可能性も排除しきれないとのことでした。

以上のように、赤ちゃんの低酸素虚血性脳症は後遺症が残る場合があります。それはたとえ低体温療法を行ったとしてもです。しかしながら、私の子どもの場合は、いまだ後遺症は見られません。

低酸素虚血性脳症と低体温療法については、下記の記事にも、体験談としてまとめています。是非参考にしていただければ幸いです。

新生児仮死、低酸素虚血性脳症で出産の体験談出産時のトラブルで、赤ちゃんが新生児仮死状態で生まれることがあります。新生児仮死で、低酸素虚血性脳症であると言われることもあります。ここ...

まとめ

ここまで、赤ちゃんの低酸素虚血性脳症と低体温療法について、私の体験を踏まえてお伝えしてきました。ここでは私自身の体験をもとにお伝えしてきたため、全ての情報が正しいとは限りません。赤ちゃんの様子や病院、医師によって、状況は異なります。そのため、この内容はあくまでも一例として、参考までに捉えていただければ幸いです。

  • 低酸素虚血性脳症とは、脳に十分な酸素がいきわたらなかった時間があるために何らかのダメージが疑われる状態
  • 赤ちゃんが低酸素虚血性脳症の場合、低体温療法が用いられることがある
  • 低酸素虚血性脳症で低体温療法をとった場合でも、後遺症が残ることがある