育児

赤ちゃんの写真は写真館で撮るべき!お勧めの方法とは?

小さい頃の我が子の写真は是非残したいものです。特に赤ちゃんの時期は短いため、より良い形で残したいと思う人も少なくありません。そこで活躍するのが写真館です。スタジオアリスなどに出向く人も多いでしょう。ここでは、赤ちゃんの写真の残し方について、写真館に行くべき理由、注意すべきことなどをお伝えしていきます。

赤ちゃんの写真撮影の勧め!写真館とは?

写真館とは、プロのカメラマン、特別なセット、衣装が用意されているスタジオのことです。写真スタジオとも呼ばれます。例えば、スタジオアリスなどの場所が挙げられます。ここでは、写真館について基本的なことをお伝えしていきます。

写真館に行くべき理由

写真館に行くべき理由は、高クオリティの写真が残せるからです。具体的には、衣装の違い背景の違い画質の違いの3点が挙げられます。

  • 衣装の違い
  • 背景の違い
  • 画質の違い

写真館に行くべき理由の1点目は、衣装の違いです。普段では着られない衣装を着た赤ちゃんは、いつにもまして可愛く映るでしょう。具体的には、和装やドレスの他に、動物の着ぐるみなどが用意されている場合もあります。これらは写真館以外では着る機会がないため、人気です。

写真館に行くべき理由の2点目は、背景の違いです。写真館では様々な背景が用意されていて、自由に選べることが多いです。具体的には、白無地、ファンタジー、和室、洋室など多岐に渡ります。普段、赤ちゃんが過ごすことの多い自宅では、赤ちゃんに必要な育児グッズが散乱し、背景がごちゃごちゃとしがちです。そのため、写真館で撮る綺麗な背景の写真には大変人気があります。

写真館に行くべき理由の3点目は、画質の違いです。写真館では本格的な機材を使ってプロのカメラマンが写真を撮ることが多いでしょう。それは、スマートフォンで撮る写真よりも鮮明に映ります。赤ちゃんのちょっとしたしぐさや表情の変化も見逃さないでしょう。

以上の3点から、赤ちゃんの写真を残す際は、是非写真館での撮影をお勧めします。

写真館に出向く時期

赤ちゃんの写真を残すために写真館へ出向く時期は、様々です。例えば、お宮参り100日祝いハーフバースデー1歳の誕生日などが挙げられます。それぞれの時期別にご紹介していきます。

  • お宮参り
  • 100日祝い
  • ハーフバースデー
  • 1歳の誕生日

1つ目は、お宮参りのタイミングです。多くの写真館では、「ニューボーンフォトプラン」と呼ばれる特別なプランが準備されています。赤ちゃんの初めての写真撮影をこの時期に行う人も珍しくありません。お宮参りのタイミングの写真は、生まれたばかりの愛くるしい表情を撮ることができるからです。裸の写真や、お宮参りの衣装の写真が特に人気のようです。

2つ目は、100日祝いのタイミングです。お宮参りの時は育児に追われバタバタとしていたお母さんも、この頃には落ち着いてくる場合が多いでしょう。そのため、100日祝いのタイミングで写真を残す人もいます。この頃の写真は、首がしっかりとしてきた安定感のある赤ちゃんを映すことができます。

3つ目は、ハーフバースデーのタイミングです。首が座り、中にはお座りができる子もいます。より赤ちゃんらしい写真が残せるため、この時期に写真館に行く人も多いでしょう。選べる衣装の幅も広がり、可愛い着ぐるみ姿を撮ることができる時期でもあります。

4つ目は、1歳の誕生日のタイミングです。立ち姿を撮ることができるため、色々な体勢の赤ちゃんの記録をとることができます。選べる衣装の幅も広く、可愛い写真がたくさん撮れるでしょう。大きな節目の時期であることから、大変人気のタイミングであると言えます。

以上のように、それぞれの時期で違った表情の写真を撮ることができます。どれもその時にしか見られないため、全てのタイミングで写真館に出向く家族もいます。

赤ちゃんの写真を撮る写真館の見つけ方

ここまで、写真館の基本的なことについてお伝えしてきました。ここでは、赤ちゃんの写真を撮る写真館のお勧めの見つけ方をご紹介していきます。

写真館の見つけ方は、インターネット検索が最も確かな手段であると言えます。なぜなら、撮影プランや内容などの詳細、口コミなどを把握することができるからです。多くの利用者がいる写真館は、腕も信頼のおけることが多いでしょう。

注意すべきは、用意されている撮影プラン背景衣装の3点です。

  • 撮影プラン
  • 背景
  • 衣装

注意すべき1点目は、撮影プランです。写真館によって料金体系が大きく異なるため注意が必要です。具体的には、撮影料金と写真代が別になっていることが多いようです。写真を安く撮影できたとしても、その写真をもらうために多額のお金を支払う必要がある場合も珍しくありません。中には、写真データ単体での購入が認められない場合もあります。この場合、キーホルダーやアルバムを購入し、追加で写真データを注文する必要があるため、費用がかさみがちです。写真館には、これらの細かいルールが設けられていることが多いため、よく比較検討するようにしてください。

注意すべき2点目は、背景です。どのようなセットが用意されているのかを確認しましょう。背景ごとに追加料金がかかる場合と、そうでない場合があります。セットごと貸切で撮影できるところもあります。使用できる背景が多かったり、セットごと貸切ができたりすると、自由度がぐっと広がるためお勧めです。

注意すべき3点目は、衣装です。どんな衣装が選べるのかを確認しましょう。衣装をかえるごとに追加料金がかかる場合と、そうでない場合があるため注意してください。また、自分の子どもにあったサイズの衣装があるかどうかも要注意です。赤ちゃんはどんどん大きくなっていくため、ぴったりサイズの服が無い場合もあるからです。大きすぎたり小さすぎたりする服での撮影は、見栄えが良くないためあまりお勧めできません。

以上のように、様々な視点から、色々なお店を比較検討することをお勧めします。

まとめ

ここまで、赤ちゃんの写真撮影について、写真館で撮るべき理由や注意すべきことをお伝えしてきました。写真館によって、用意されているプランは様々です。利用前に、是非複数のお店を比較検討することをお勧めします。

  • 写真館での写真撮影は、赤ちゃんの高クオリティ写真を残せるためお勧め
  • 写真館での写真撮影タイミングは、お宮参り、100日祝い、ハーフバースデー、1歳の誕生日など様々
  • 写真館探しで注意すべきは、用意されている撮影プラン、背景、衣装