育児

赤ちゃんの写真をアルバムにまとめたい!お勧め方法ご紹介

我が子の写真は、ついついたくさん撮って、溜まってしまいます。せっかく撮った写真も、データが膨大になってなかなか見直さないという人が少なくありません。そんな時、写真をこまめにまとめておくのがお勧めです。ここでは、赤ちゃんの写真をアルバムにまとめる際のお勧め方法をご紹介していきます。

赤ちゃんの写真はアルバムにまとめるのがお勧め

赤ちゃんの写真はアルバムにまとめるのがお勧めです。ここではまず、お勧めの理由や注意すべきことをまとめてみました。

お勧めの理由

赤ちゃんの写真をアルバムにまとめるのをお勧めする理由は、簡単に見返すことができるからまとめることで整理できるからの2点です。

  • 簡単に見返すことができるから
  • まとめることで整理できるから

1点目は、簡単に見返すことができるからです。スマートフォンの普及などの結果、写真を撮ること自体は、とても簡単になりました。赤ちゃんのどんな表情や行動も逃さず記録に残していきたいと、たくさんの写真を撮ります。そのため、すぐに膨大な量の写真がデータとして保存され溜まっていきます。この溜まった写真は、データとして保存されたまま、あまり見返されることがありません。なぜなら、量が多すぎるからです。

このように、あまりにたくさんの写真をデータとして残すことは、必ずしも後で頻繁に見返すということにはつながりません。お勧めは、データとして残しておく写真の中から、選りすぐりをアルバムにまとめるという方法です。アルバムとして手元に置いておけば、すぐに手に取って見返すことができるのです。このようにすれば、自分だけでなく、親戚の人にも喜ばれることでしょう。アルバムをプレゼントすることもお勧めです。

2点目は、まとめることで整理できるからです。赤ちゃんの写真が溜まってくると、どれがどの時のどの瞬間を撮った写真か分からなくなってきます。例えば、初めての笑顔、初めての寝返りなど、決定的瞬間を収めた写真が、他のたくさんの写真に埋もれてしまう危険性があるのです。このようなことを回避するためにも、写真をアルバムにまとめておくことがお勧めです。まとめる作業をすることで、写真を時系列に沿って並び替えたり、大事な写真をピックアップしたりすることにつながります。

このように、赤ちゃんの写真をアルバムにまとめることは、成長の記録をより良い形で残せるためお勧めです。

注意すべきこと

赤ちゃんの写真をアルバムにまとめる際に注意すべきことは、こまめにまとめることと、日々意識することです。

  • こまめにまとめることと
  • 日々意識すること

1点目は、こまめにまとめることです。写真は、思ったよりも早く溜まってしまいます。時間が経って多くの写真をまとめるのは大変です。1枚1枚見返して思い出し、吟味する必要があるからです。そのため、写真はこまめにアルバムにまとめるようにしましょう。例えば、3か月おきや半年おきなど、リズムを決めて作業すればまとめやすいでしょう。

2点目は、日々意識することです。写真を撮る際やデータとして保存する際に、アルバムにまとめやすいよう、サイズや題名を意識しましょう。例えば、できるだけ同じサイズの写真を撮る、日付や場所を題名にして保存する、などがお勧めです。サイズを揃えることで、アルバムにした時に均一に写真を載せることができます。また、題名を分かりやすくすることで、写真のピックアップが楽になります。

以上のように、赤ちゃんの写真をアルバムにまとめる場合は、少しでも作業が楽になるよう、工夫することが重要です。楽しくまとめることができるよう、日々意識するようにしましょう。

赤ちゃん写真アルバムのお勧め作り方

ここからは、具体的なアルバムの作り方について、お勧めをご紹介していきます。

市販のアルバムを購入して手作り

アルバムのお勧め作り方の1つ目は、市販のアルバムを購入して手作りすることです。まっさらな台紙を購入して、プリントした写真や手作りのメッセージカード、シールなどを切り貼りして、アルバムを作り上げる方法です。メリットは、自由度が高いことです。デメリットは、用意する物が多いこと時間がかかること複製ができないことです。

  • メリット→自由度が高いこと
  • デメリット→用意する物が多いこと、時間がかかること、複製ができないこと

メリットは、自由度が高いことです。写真の枚数や配置、シールやメッセージカードの有無など、全て自分でレイアウトを考えて作成することができます。写真を好きな形に切り取って、たくさん張ることもできます。

デメリットは、用意する物が多いこと時間がかかること複製ができないことです。市販のアルバムを購入して写真をプリントし、のりやハサミ、その他の装飾品を用意していく必要があり、手間がかかります。また、レイアウトを1から考えて、その通りに切り貼りしていくことは、想像以上に時間がかかるのです。さらに、プレゼント用に同じ物が欲しい場合でも、また1から手作業で作り出す必要があります。

以上のように、市販のアルバムを購入して手作りすることは、手間がかかる分、納得のいく作品を作ることができるためお勧めです。

フォトブック業者に依頼する

アルバムのお勧め作り方の2つ目は、フォトブック業者に依頼することです。フォトブック業者のサービスを使うと、デジタルで写真をまとめて作ったアルバムを、印刷と製本を行って手元に届けてくれます。メリットは、簡単で手間が省けることクオリティが高いこと複製ができることです。デメリットは、費用がかさむことと、自由度が制限されることです。

  • メリット→簡単で手間が省けること、クオリティが高いこと、複製ができること
  • デメリット→費用がかさむこと、自由度が制限されること

メリットは、簡単で手間が省けることクオリティが高いこと複製ができることです。フォトブック業者のサービスを利用する場合、その業者が提供するシステムやアプリを使用してアルバムを作ることになります。このシステムやアプリは、操作が簡単で誰でも手軽にアルバム作成が可能です。具体的には、写真をピックアップしてアップロードし、決められたフォーマットに沿って写真を並べていくだけです。こうして作られたデータは、業者側で印刷、製本されます。プロの手によって作られるアルバムのため、クオリティが高いのです。また、作ったアルバムは、1冊だけでなく複数冊発注することで、全く同じ物をプレゼントとして親戚に用意することも可能です。

デメリットは、費用がかさむことと、自由度が制限されることです。印刷や製本、発送を業者に任せるため、その分の費用が発生します。また、アルバムのサイズや使用される用紙、中身のレイアウトなどは、業者が定めたものが使用されます。これらのことから、全て自分で手作りする場合に比べて、費用がかかりがちになり、自由度が制限されることとなります。

以上のように、フォトブック業者に依頼することで、クオリティの高いアルバムを手軽に複数冊手に入れることができます。その分、費用がかさんだり自由度が制限されたりする場合があります。

赤ちゃんの写真をアルバムにまとめるには、しまうまプリントがお勧め

ここまで、赤ちゃんの写真をアルバムにまとめる方法についてお伝えしてきました。ここではその中で特に私がお勧めしたい、フォトブック業者であるしまうまプリントをご紹介していきます。

しまうまプリントでは、パソコンやスマートフォンで、簡単にフォトブックを作成することができます。パソコンを使う場合はブラウザ上で、スマートフォンを使う場合は専用のアプリで、それぞれフォトブックの作成が可能です。作成されたフォトブックのデータは、印刷、製本、発送されます。

しまうまプリントをお勧めする理由は、費用が抑えられるからです。アルバムのサイズやページ数、紙質などによりますが、わずか数百円でフォトブックを作ることが可能です。これほどの低価格を実現しながら、クオリティは高く、中身のレイアウトも様々に選べるのです。

アルバムをまとめる時間が少ない場合や、まとめる方法を迷っている場合は、1度しまうまプリントを試してみることをお勧めします。無料のサンプル請求も可能なため、是非参考にしてください。

また、しまうまプリントで実際にフォトブックを作った体験談について、このブログにもまとめているので、是非参考にしてください。

しまうまプリントのメリットデメリット!ベビーアルバム作成の勧め赤ちゃんのアルバムを作成したい時にお勧めなのが、しまうまプリントです。ここでは、しまうまプリントを使うことのメリットとデメリットをお伝え...

まとめ

ここまで、赤ちゃんの写真をアルバムにまとめることについて、お勧めである理由や方法をお伝えしてきました。赤ちゃんの写真をアルバムにまとめる際には、フォトブック業者を活用しながら楽しく行うことがお勧めです。是非この記事を参考にしていただければ幸いです。

  • 赤ちゃんの写真はアルバムにまとめるのがお勧め
  • アルバムの作り方には、手作りとフォトブック業者への依頼がある
  • お勧めのフォトブック業者は、しまうまプリント