育児

赤ちゃんの前かぶり服はいつから着せられる?体験談

赤ちゃんにはかわいい服を着せたいものです。色々な種類の服がある中、前かぶり服はいつから着せることができるのでしょうか?ここでは、赤ちゃんの前かぶり服について、着せ方や着せる時期をご紹介していきます。

赤ちゃんの前かぶり服とは?いつから?

赤ちゃんの前かぶり服とは、着せる時に頭からかぶせるタイプの服のことです。ここでは、赤ちゃんの服の種類と着せ方についてお伝えしていきます。

赤ちゃんの服の種類

赤ちゃんの服には、肌着とウェアが存在します。まずは、ウェアについてお伝えしていきます。

ウェアには主に、コンビドレス(ツーウェイオール)カバーオール(プレオール)の2種類が存在します。

  • コンビドレス(ツーウェイオール)
  • カバーオール(プレオール)

コンビドレスやツーウェイオールと呼ばれるものは、2通りの着せ方ができるタイプです。股下のスナップボタンを調節することによって、スカートタイプとズボンタイプのどちらにも切り替えが可能です。足をあまり動かさない新生児期はスカートタイプが便利です。なぜなら、おむつ替えの際にボタンをいちいち開閉する必要が無いからです。成長して足を動かすようになったら、服がはだけてしまわないように、ズボンタイプとして使います。

カバーオールやプレオールと呼ばれるものは、スナップボタンを留めてズボンタイプとして着る服のことです。こちらは、赤ちゃんが1か月を過ぎて足を動かすようになってから使用することになるでしょう。

上記のどちらも、最初は前開きタイプを使うことになります。なぜなら、まだ赤ちゃんが激しく動き回らないからです。1日のほとんどを寝て過ごす最初の内は、前開きタイプの服の方が、脱ぎ着が楽です。

カバーオール(プレオール)と呼ばれる服は、前開きとかぶりのどちらのタイプも存在します。かぶりタイプは、比較的大きいサイズの服に採用されていることが多いようです。赤ちゃんがある程度大きくなって、寝返りやずりばい、お座り、はいはいをするようになってから利用することが多いようです。

次に、下着についてです。かぶりタイプの下着には、ロンパースと呼ばれるものがあります。ロンパースは、つなぎタイプの下着で、赤ちゃんのお腹を覆うことができるため、冷えを防ぐことができます。前開きとかぶりの両方のタイプが販売されていて、どちらかを選ぶことができるでしょう。赤ちゃんの発達の具合によって、前開きかかぶりかどちらか着せやすい方を選択するとよいでしょう。

以上のように、赤ちゃんの服には様々な種類があります。前開きを使用するかかぶりを使用するかは、赤ちゃんの発達の具合を見ながら判断するようにしましょう。

着せ方について

赤ちゃんには、一般的に、下着の上からウェアを着せるようにします。始めは両方前開きタイプを使用します。成長したら、かぶりタイプに挑戦していきます。

下着をかぶりタイプにするメリットは、ボタンが邪魔にならないことです。かぶりタイプはボタンが少ないため、ウェアを圧迫したり赤ちゃんの動きを邪魔したりすることが少ないでしょう。

ウェアをかぶりタイプにするメリットは、選ぶ服の幅が広がることです。おしゃれな服がたくさんあるため、コーディネイトを楽しめることでしょう。

以上のように赤ちゃんには、下着とウェア、前開きとかぶりのそれぞれを組み合わせて着せるようにします。

赤ちゃんの前かぶり服はいつから?体験談

ここまで、赤ちゃんの服について、種類や着せ方をご紹介してきました。ここからは、私自身の体験談をお伝えしていきます。

我が子に前かぶりの服を着せてみたのは、生後4か月頃です。我が子は首が座るのが比較的遅く、この頃はまだ完全に首が座っていませんでした。そのため普段はもっぱら前開きの服のみを使用していました。けれども、生後4か月頃に、親戚から新しい服をいただいたのです。

その服は、おしゃれな前かぶりの服でした。いただいた直後に着せてみたのですが、首が完全に座っていないため、頭に服を通すのが困難でした。時間がかかった結果、途中で赤ちゃんが泣きだしてしまいます。なんとか無理やり着せたのですが、着せる時の難しさと、赤ちゃんが不機嫌になってしまうことから、前かぶりの服はまだ早いという結論に至りました。

その後、生後5か月になって首が完全に座ったのを機に、もう一度前かぶりの服に挑戦してみました。すると、以前よりは楽に着せることができ、赤ちゃんもぐずらずに済んだのです。ただ、前開きの服に比べると、まだまだ着せにくさを感じていました。なぜなら、まだ腰が据わっておらず、お座りの体勢が安定しなかったからです。それでも、前かぶりの服はおしゃれなものが多いため、人と会う時などは着せるようにしていました。

以上のように、私の場合は、生後5か月頃から前かぶりの服を利用していました。個人差はありますが、是非参考にしていただければ幸いです。

まとめ

ここまで、赤ちゃんの前かぶり服についてお伝えしてきました。赤ちゃんの服には、様々な種類があります。発達の様子を見て、試しながら着せていくしかないでしょう。そのため、初めて前かぶりの服を着せる時は、まず安価なものを購入して試すことがお勧めです。色々な服を着せてみて、その時の赤ちゃんに合うお気に入りの服を見つけていくようにしましょう。

  • 赤ちゃんの前かぶり服は、首がすわった後、様子を見ながら着せるのがお勧め