育児

赤ちゃんの口の中が白い!カビかも?鵞口瘡(がこうそう)について

気がつかないうちに、赤ちゃんの口の中が白くなっていることはありませんか?ミルクかすと思っていたそれが、実はカビだったということもあるようです。ここでは、赤ちゃんに多い「鵞口瘡(がこうそう)」について、体験談を交えてお伝えしていきます。

赤ちゃんの口の中が白い理由!カビ?鵞口瘡(がこうそう)とは?

赤ちゃんの口の中が白いのは、珍しいことではありません。多くは、飲んだミルクが口の中に残っている状態で、問題はありません。しかし、白いものが、ふき取っても取れない場合は、カビである可能性が考えられます。ここでは、赤ちゃんの口の中が白い理由の1つとして考えられる、口の中のカビである鵞口瘡(がこうそう)について、お伝えしていきます。

鵞口瘡(がこうそう)とは?原因について

鵞口瘡(がこうそう)とは、口の中のカビのことです。具体的には、口の中が、「カンジダ」と呼ばれるカビに感染している状態です。新生児や乳児がなることが多いようです。原因は分かりません。しかしながら、可能性として、下記の2点が挙げられます。

  • 妊娠中のお母さんの状態
  • 授乳によるもの

考えられることの1つに、妊娠中のお母さんの状態があります。もしも、お母さんが妊娠中に「カンジダ膣炎」になっていた場合、赤ちゃんは生まれる時産道を通ることによって感染してしまう恐れがあるのです。そのため、お母さんができることは、妊娠中にカンジダ膣炎になっていないかどうか、気を配ることです。もしも気になる症状が少しでもあれば、病院を受診しましょう。

鵞口瘡(がこうそう)になったと考えらえる原因の2つ目は、授乳によるものです。お母さんの乳首が不潔である場合、授乳によって赤ちゃんに感染する恐れがあります。そのため、お母さんができることは、常に乳首を清潔に保つことです。授乳が終わったら乳首を拭いたり母乳パッドをこまめに替えたりすることが考えられます。

鵞口瘡(がこうそう)になったら?対処法について

鵞口瘡(がこうそう)になった場合、どのようにすべきなのでしょうか?多くの場合、治療は特に必要でないとされます。なぜなら、鵞口瘡(がこうそう)は、ひどい場合を除いて、かゆみや痛みなどの症状がないからです。そのため、鵞口瘡(がこうそう)になったら、赤ちゃんの口の中やお母さんの乳首、哺乳瓶の乳首を清潔に保つよう心がけることになります。そうするうちに、自然に白い斑点が引いていくこともあります。

もしも心配な場合は、小児科を受診しましょう。小児科でもらう薬を赤ちゃんの口内に塗ると、カビが引いていくでしょう。薬の種類はいくつかありますが、参考までに、我が子の場合は「ピオクタニン」という青い塗薬をもらいました。これを綿棒につけて、赤ちゃんの口の中に塗るようにします。すると1週間ほどで白い斑点が引いていきました。

鵞口瘡(がこうそう)になったら、白い斑点が1度引いてもまたぶり返す恐れがあるようです。その時は、薬を塗るか口内などを清潔に保つようにして、引き続き様子を見ることになります。

以上のように、鵞口瘡(がこうそう)になったら、基本的には様子を見ることになります。しかし、症状がひどい場合や気になる時は、すぐに病院を受診しましょう。

赤ちゃんの口の中にカビが生えた!鵞口瘡(がこうそう)体験談

ここからは、私の体験談をお伝えしていきます。我が子は、生後2か月の予防接種時に、鵞口瘡(がこうそう)であることを指摘されました。それまで私は、「赤ちゃんの口の中が白いのは、ミルクかすであるからだろう」と、あまり深く考えていませんでした。鵞口瘡(がこうそう)という言葉を聞いた時、とてもショックを受けたのを覚えています。

赤ちゃんの口の中を改めてよく見てみると、下の上だけでなく両方のほっぺの裏側にも白い斑点ができていました。先生からは、特に慌てて治療する必要はなく、自然に消えるだろう旨を説明されました。念のためということで、口腔内に塗る薬である「ピオクタニン」を処方してくれました。

先生の勧めもあって、「ピオクタニン」は、朝起きた時と夜お風呂に入る前、服を脱ぐタイミングで塗ることにしました。なぜなら、青い色素が服などについてしまうと、取ることができないからです。実際、何度か床に敷いているマットに薬がついてしまいましたが、すぐには取れませんでした。

ピオクタニンを塗る作業は、思ったよりも難しく、ストレスになります。なぜなら、赤ちゃんはなかなか良いタイミングで口を開けないからです。開けてもすぐに閉じます。そのため、薬をつけた綿棒を赤ちゃんの口の前で待機させ、口を開けた瞬間にすばやく綿棒を入れる、ということを行いました。それでも、上手くいくことは少なかったです。赤ちゃんの口の周りについてしまったピオクタニンは、1日経ってやっと消えるというくらい、なかなか色が落ちません。私は、赤ちゃんを見るたびに、口が青いのを「かわいそう」だと思い、いたたまれませんでした。「私のせいで」ととても申し訳なく思っていたのを覚えています。

ピオクタニンで口の周りが青いので、赤ちゃんの写真を撮れなかったのも悔しかったです。私は、「いつ治るのだろう」「早く治ってほしい」と毎日ずっと願っていました。結果、薬を塗って1週間ほどで、白い斑点が引いていきました。問題は、綿棒がどうしても届かない、下の奥の部分です。薬が届いていないため、その部分は白いままでした。そうすると、薬を塗るのをやめても、またそこからカビが広がってしまいます。私は、薬を塗るのをやめて、とにかくあらゆるものを清潔に保つことだけに集中するようにしました。カビはなかなか引きませんでしたが、1か月経つ頃には、目立たないくらいに症状が改善していきました。それからも、カビがひどくなることはありませんでした。生後2か月の頃と比較して、唾液が増えたりお茶を飲めるようになったりしたことが良かったのだと思います。

以上のように、鵞口瘡(がこうそう)になったら、病院で薬をもらって治すことができます。薬は、色々な種類がありますが、「ピオクタニン」の場合は、色素がなかなか取れないことや、綿棒が届かない部分に塗るのが難しいことがデメリットとして挙げられるため、気をつけてください。

まとめ

ここまで、赤ちゃんの口の中が白い場合に考えられる、鵞口瘡(がこうそう)という状態についてお伝えしてきました。鵞口瘡(がこうそう)は、痛みやかゆみがないことがほとんどなので、あまり心配する必要はありません。とは言え、我が子の口の中にカビが生えていると思うと、いたたまれない気持ちになるのは珍しくありません。けれども、すぐに治るものではないため、穏やかな気持ちで見守ることをお勧めします。是非この記事の体験談などを参考にしていただければ幸いです。

  • 赤ちゃんの口の中が白いのは、鵞口瘡(がこうそう)が原因かもしれない
  • 鵞口瘡(がこうそう)は、自然に治ることもあるのであまり心配しなくていい
  • 小児科に相談すれば、薬をもらうことができる