育児

赤ちゃんの抱っこで手首が痛い!腱鞘炎かも?

出産して初めての子育てを行う中で、多くのお母さんを悩ませるものの1つに、手首の痛みがあります。ひょっとして、腱鞘炎かもしれません。ここでは、子育てで起きることの多い手首の痛みと腱鞘炎についてご紹介していきます。

赤ちゃんの抱っこで手首が痛い理由とは?腱鞘炎とは?

出産して最初の子育ての中で、手首の痛みが増してくることは少なくありません。ここでは、その理由についてお伝えしていきます。

赤ちゃんの抱っこで手首が痛い理由

赤ちゃんの抱っこで手首が痛い理由は、手首の使い過ぎが考えられます。それまでの生活で、赤ちゃんを抱っこすることは少なかったのにも関わらず、出産すると四六時中赤ちゃんを抱きかかえなければなりません。特に、寝ている赤ちゃんを抱きかかえる動作や、抱っこしている赤ちゃんをベッドなどに置く動作には、想像以上に負荷がかかるものです。この際、抱っこに慣れていないお母さんは、必要以上に手首に力をかけてしまいがちです。これを繰り返すことによって、手首が痛む可能性があるのです。

腱鞘炎とは?

腱鞘炎とは、腱鞘と腱がこすれ合って炎症を起こすことです。手首や指を使いすぎることによって起こることが多いようです。さらに女性の場合は、ホルモンバランスの変化が関係しているとも言われています。そのため、産後のお母さんは、腱鞘炎になるリスクが高まっていると言えます。

前述のように、頻繁に赤ちゃんを抱っこする必要があるお母さんは、手首を痛めがちです。その結果、腱鞘炎になってしまう人も少なくありません。

どうすればよいか

では、赤ちゃんの抱っこで手首が痛くなってしまった場合、どうすればよいのでしょうか?整形外科に行ってみることをお勧めします。なぜなら、レントゲンを撮ったり先生に診てもらったりすることで、詳しい原因を知ることができるからです。そうすることで、適切な対処を行うこともできます。

腱鞘炎になってしまった場合、安静にすることが重要です。手首をできるだけ使わないようにすることが求められます。そのため、テーピングを行い固定することが多いでしょう。また、痛みがひどい場合は注射を打つ処置がなされる場合もあります。

とは言え、子育て中のお母さんにとって、赤ちゃんの抱っこがない生活はあり得ません。そのため、一度腱鞘炎になってしまったら、治すことが難しいと言えます。それでも、できるだけ手首に負担のかからないような抱き方をするほかに対処法はないのです。

赤ちゃんの抱っこで手首が痛い!腱鞘炎の体験談

ここまで、赤ちゃんの抱っこと手首の痛みについて、基本的なことをお伝えしてきました。ここからは、第一子の育児で手首を痛めてしまった私自身の経験をお伝えしていきます。

私の場合、手首に違和感を覚えたのは、我が子が生後3か月になる頃でした。最初は、手首をひねった時にわずかに変な感触が残るくらいの軽いものでした。それがだんだん痛みに変わって悪化していったのです。我が子が生後4か月になる頃には、手をつく動作だけで手首が痛むようになっていました。我が子を抱っこする時にも毎回、手首が痛みます。

一刻も早く手首の痛みをとるため、私は整形外科を受診しました。レントゲンの結果、骨には異常がありませんでした。痛む部位は、右手首、ちょうど親指の付け根あたりです。先生によると、この部分が痛むことが多いようです。

対処法として、テーピングの仕方を教わりました。痛みの程度がそれほど重くないとのことから、注射は見送られました。その代わり、患部に貼るシップをもらうことができました。先生によると、安静にすることで10日後くらいには痛みが引いてくるとのことでした。

自宅に帰って、私は早速手首を安静にする生活を心がけました。できるだけテーピングを継続したいと思ったのですが、上手くいきません。日常生活の中で、手を洗ったり洗い物をしたりして、水に濡れることが多かったのです。その際には、テーピングをはずさなければなりません。

抱っこの仕方も改善しました。それまでは、手首をひねったり曲げたりしていたのですが、それをやめました。手首は真っすぐに保つようにして、できるだけ身体全体を動かして我が子を支えるようにしました。

シップは夜寝る時のみ貼るようにして、過ごしました。すると、病院の受診から10日経った頃には、手首の痛みが弱まっていったのです。2週間たつ頃には、違和感が残る程度に改善していきました。その後も違和感や痛みが完全に消えることはありませんでしたが、日常生活に支障をきたさない程度に保つことができたのです。

以上のように、赤ちゃんの抱っこで手首の痛みを感じた場合、まずすべきは手首を安静にすることです。心配な場合は、迷わず病院を受診しましょう。

まとめ

ここまで、赤ちゃんの抱っこで手首が痛む理由についてお伝えしてきました。慣れない抱っこで腱鞘炎になるお母さんは少なくありません。手首の痛みはそのままにしておくと悪化していくため、放っておくことはお勧めできません。心配な場合は、早めに病院を受診するようにしましょう。早く対処することで、治りも早くなることでしょう。

  • 赤ちゃんの抱っこによって、手首を使いすぎると、腱鞘炎になることがある
  • 腱鞘炎とは、腱鞘と腱がこすれ合って炎症を起こすこと
  • 腱鞘炎を疑ったら、整形外科に出向くことがお勧め