育児

赤ちゃんの洗濯はいつまで分けるべき?

赤ちゃんの肌はデリケートなため、衣類にも気を遣います。赤ちゃんの洗濯は、大人のものと分けるべきなのでしょうか?いつまで分けるべきなのでしょうか?ここでは、赤ちゃんの洗濯について、体験談と共にお伝えしていきます。

赤ちゃんの洗濯は大人と分けるべき?いつまで?

赤ちゃんの洗濯は、大人と分けるべきなのでしょうか?必ずしも分けなくてはならないわけではありません。けれども、デリケートな赤ちゃんの肌を守るために、始めの内は分けた方が良いと言えます。いつまで分けるべきか一概には言えませんが、目安として、新生児期の間という期間が挙げられます。生後2か月目からは、大人の衣類と赤ちゃんの衣類を一緒に洗うことになります。

新生児期に、赤ちゃんの衣類と大人の衣類を分けるべき理由は、赤ちゃんのデリケートな肌を守るためです。大人用の洗剤や柔軟剤では、刺激が強いかもしれないからです。また、精神的に、汚れた大人の服と、赤ちゃんの衣類を洗うことに抵抗がある人も少なくありません。

赤ちゃんによって肌の強さは異なるため、必ずしも洗濯を分けなければいけないということはありません。また、いつまで分けるべきか一概には言えません。赤ちゃんの様子を見ながら、判断していくべきであると言えます。

赤ちゃんの洗濯はいつまで分けるべき?体験談

ここまで、赤ちゃんの洗濯を大人のものと分けるべきかどうかについて、一般的なことをお伝えしてきました。ここからは、私自身の体験談をお伝えしていきます。

我が子の場合、肌は比較的強い方でした。おむつかぶれをしたことはありません。一度だけ、乾燥による乳児湿疹で皮膚科にかかりましたが、すぐに治った程度です。そのため、正直、洗濯で困ったことはありませんでした。

けれども、最初の内はそれでも心配でした。そのため、赤ちゃんの洗濯は、大人とは分けて行っていました。新生児の衣類は小さいため、手洗いで済ませることもありました。

赤ちゃんの洗濯と大人の洗濯を分けて行うことは、想像以上に大変です。なぜなら、洗濯するという家事の回数が2倍になるからです。たとえ少量でも、育児をしながらの洗濯は、時間がかかります。また、赤ちゃんは、いつ衣類を汚すのか分かりません。ミルクを吐いたりウンチやおしっこを漏らしたり、想像以上に洗濯物がかさばります。これらのことから私は、可能なことなら、大人と赤ちゃんの洗濯を一緒に行いたいと思い始めました。

私の場合、我が子が生後3か月になったころに、洗濯を分けるのを止めました。なぜなら、ちょうど赤ちゃん用の洗濯洗剤を使いきったからです。そのタイミングで、通常の洗剤や柔軟剤を使って、大人と赤ちゃんの洗濯を一緒に行いました。我が子の場合、肌トラブルなどは全くありませんでした。そのためそれ以降、一緒に洗濯を行っていました。それによって、家事の負担が少し軽くなったため、よかったと思っています。

以上の体験談は、あくまでも我が子の場合です。個人差があるため、全ての子どもには当てはまりません。けれども、少しでも参考にしていただければ幸いです。

まとめ

ここまで、赤ちゃんの洗濯を大人と分けることについて、一般的なことや体験談をお伝えしてきました。赤ちゃんの洗濯を無理に分けて行う必要はありません。様子を見ながら、お母さんと赤ちゃんにとって、安心で楽な方法を見つけていくことが重要です。

  • 赤ちゃんの衣類は、大人のものと必ずしも分けなければならないものではない
  • 目安として、新生児期が終わるまで、洗濯を別にすることが挙げられる