育児

赤ちゃんの育児疲れにお勧めの息抜き方法

赤ちゃんの育児は、精神的肉体的に疲れるものです。育児疲れを放置すると、赤ちゃんや配偶者への接し方が、悪い方向へと変化してしまう可能性があります。ここでは、育児疲れ解消にお勧めの息抜き方法をいくつかご紹介していきます。

赤ちゃんの育児疲れには息抜きが必要

赤ちゃんの育児疲れは、できる限り早く発散させるべきです。なぜなら、ストレスが溜まってしまうと、赤ちゃんや周りの家族にあたってしまう危険性があるからです。キリキリギスギスした空気で毎日を送っていれば、赤ちゃんにもそれが伝わってしまいます。結果、赤ちゃんの機嫌も悪くなって泣き出してしまう、という悪循環に陥りかねません。

上記のような事態を未然に防ぐために、是非息抜きを頻繁に行うことをお勧めします。中には、「子育てが大変なのは当たり前のことだ」などと、「甘えるべきではない」という人もいるかもしれません。そんな声は無視するべきです。どんな手段を使っても、笑って楽しく育児ができることに越したことはないのです。

赤ちゃんの育児疲れにお勧めの息抜き方法

子育てをしていると、ずっと赤ちゃんと一緒にいる必要があります。そのため、息抜きとしてできることが限られます。例えば、赤ちゃんが泣いた時にあやす必要があるため、途中で中断してもストレスになりにくいものを選ぶべきです。

以降に、お勧めの息抜き方法をご紹介していくので、是非参考にしてください。どれも、いつでも中断することができ、再開するのも簡単です。また、使用する物は手の平に収まるサイズのものばかりです。体勢を工夫すれば、赤ちゃんを抱っこしながらでも使うことができるでしょう。

読書

赤ちゃんの育児疲れにお勧めの息抜き方法1つ目は、読書です。好きな本を何でも読みましょう。ぎっしり文字が詰まった文庫本の他に、雑誌や漫画も良い息抜きになるでしょう。ジャンルは育児以外にも、旅行やファッションなども楽しいです。

私の場合、よく離乳食に関する本や、育児に関する雑誌を読んでいました。お勧めの本は、主婦の友社「はじめてママ&パパの離乳食」です。

カラーページで見やすく、色々な親子のインタビューなども掲載されていて、雑誌の様な作りです。そのため、空いた時間にパラパラと気軽に息抜きとして見ることができます。それだけでなく、ためになる情報も多数あります。例えば、レシピの数が豊富で、食材ごとに詳細な作り方を分かりやすく確認することができて便利です。離乳食の勉強はネット検索をすると無料で可能ですが、それでも、本を1冊購入して読むことがお勧めです。1冊の本を読むことで、より体系的に基礎知識を身につけることができるからです。

以上のように、読書は育児の良い息抜きになります。是非長く読める本を数冊購入して、いつでも手に取れるようにしておくことをお勧めします。

インターネット検索

赤ちゃんの育児疲れにお勧めの息抜き方法2つ目は、インターネット検索です。スマートフォン1つあれば、手の平にどんな情報も収まります。気になるあれこれを調べるだけで、あっという間に時間は過ぎていくでしょう。

私の場合、よく育児に関する悩みを検索したり、育児ブログを読んだりしていました。初めての育児は分からないことが多く、ことあるごとにネット検索をかけていたのを覚えています。また、育児ブログは、様々な人がそれぞれの育児について体験を語っていて、共感を覚えられるためお勧めです。

異常のように、インターネット検索は育児の良い息抜きになります。

動画視聴

赤ちゃんの育児疲れにお勧めの息抜き方法3つ目は、動画視聴です。スマートフォン片手に、ドラマや映画、バラエティ番組を見ることができます。赤ちゃんのお世話でなかなか見ることができないテレビ番組も、動画配信サービスを利用することで、好きな時に見ることができます。

お勧めは、U─NEXTです。月額基本料1,990円(税抜き)で、アニメや映画、ドラマ、バラエティが見放題だからです。専用のアプリをダウンロードすることで、手持ちのスマートフォンで簡単に動画再生をすることができます。映画やドラマは、全て見るためにまとまった時間が必要ですが、アニメやバラエティ番組は、比較的短時間の視聴が可能です。そのため、特に赤ちゃんが泣いて大変な時期に、アニメやバラエティ番組を見ることで少しでも満足感を得ることが期待できます。少し落ち着ける時に映画やドラマを見ることもできるでしょう。いずれも、赤ちゃんのお世話で中断しても、いつでも好きな時に途中から視聴することができるため便利です。

以上のように、動画視聴は育児の良い息抜きになります。

まとめ

ここまで、赤ちゃんの育児疲れについて、お勧めの息抜き方法をご紹介してきました。ストレスを溜めないよう、育児に息抜きは必要です。とは言え、できる息抜きの方法は限られます。やり方を上手く工夫することが大事です。是非この記事を参考にしていただければ幸いです。

  • ストレスをためすぎないよう、育児には息抜きが必要
  • 育児中にお勧めの息抜き方法は、読書、インターネット検索、動画視聴