育児

赤ちゃんの顔に白いできもの!体験談

生まれて間もない赤ちゃんの顔に、できものがあるのを発見した時、心配になるお母さんは少なくありません。赤ちゃんの顔に白いできものを発見した場合、どうすればよいのでしょうか?ここでは、赤ちゃんの顔にできる白いできものについて、体験談をお伝えしていきます。

赤ちゃんの顔の白いできものは何?

赤ちゃんの顔にある白いできものは、乳児湿疹と呼ばれるものが多いようです。ここでは、乳児湿疹について一般的なことをお伝えしていきます。

赤ちゃんの顔にできる湿疹について

赤ちゃんの顔にできる湿疹には、いくつか種類があります。ここではその中から乳児湿疹についてお伝えしていきます。

乳児湿疹とは、赤ちゃんにできる湿疹のことです。この中からさらに、脂漏性湿疹・新生児ニキビなどと細かく分類されることもあります。顔や首元にできやすい傾向にあるようです。しかしながら、全身に出ることもあります。湿疹の状態は様々で、赤いぽつぽつや黄色いかさぶたのようなものまであります。かゆみがあることもあれば、ないこともあるようです。

乳児湿疹は、生後2週間頃から6か月頃までが出やすい時期とされています。赤ちゃんの場合、生まれてしばらくは、皮脂の分泌が多くなっています。原因ははっきりとは分かりませんが、この「皮脂の分泌」が乳児湿疹と関係しているのかもしれません。また、生後3か月を過ぎた頃から、皮脂の分泌が減ってくるため、赤ちゃんは乾燥しやすくなります。この乾燥が原因で、湿疹が発生することもあるようです。

稗粒腫について

赤ちゃんには、生まれつき稗粒腫と呼ばれる白いできものがある場合があります。1~2mmのごく小さい斑点で、症状などはありません。ほとんどが見た目上の変化のみで、自然に消滅すると言われています。

対処法について

乳児湿疹は、腫れがひどかったり赤ちゃんが不快に感じているようだったり、心配な場合は必ず病院に行きましょう。ここでは、それ以外の場合で、自宅でできるケアについてお伝えしていきます。

自宅でできるケアには、清潔保湿が挙げられます。

  • 清潔
  • 保湿

乳児湿疹のある個所は、毎日のお風呂で清潔に保つようにします。夕方のお風呂の他、朝起きた時にガーゼで拭くようにしても良いでしょう。

その後は、必ず保湿を行います。市販のベビークリームを赤ちゃんの顔と全身に塗ってあげてください。気になる箇所には、ベビーワセリンを使うのがお勧めです。ワセリンは、塗った箇所が日焼けしやすいというデメリットはありますが、保湿性に優れるばかりでなく刺激が少ないことがメリットです。こまめに塗って常に肌が乾燥しないようにしておくこともお勧めです。

以上のように、乳児湿疹は清潔にして保湿しておくことが大切です。基本的には静かに見守って自然に消えることを待ちます。もしも気になる場合やひどい場合はすぐに病院を受診しましょう。

赤ちゃんの顔に白いできもの!体験談

ここまで、赤ちゃんのできものについて、基本的なことをお伝えしてきました。ここからは、私自身の体験談をお伝えしていきます。

我が子には、気づいた時から顔に白いできものがありました。最初に発見したのは、生後3週間の時です。あごの下、ちょうど中央付近に、約1mmの白いできものがあったのです。できものは少し浮き上がっていて、写真でも分かるくらい、目立っていました。赤ちゃんは、不快そうにはしていませんでした。また、定期健診時に小児科医に相談しても、「自然に消えるだろうから心配する必要はない」と言われていたため、放置していました。

できものは大きくなることはありませんでしたが、あごの下の中央という場所や色が白いということから、常に目立っていました。特に、写真に撮るとどの角度でも白い斑点が気になることから、私は日に日に心配を大きくしていきました。

行っていた対処としては、清潔に保つことと保湿をすることの2点です。朝起きて温かいガーゼで顔を拭き、夕方にはお風呂で綺麗に洗いました。その直後にはベビークリームで保湿を行っていました。これらが効いていたかどうかは定かではありません。我が子の場合、できものが固くて白かったことから、清潔や保湿はあまり関係なかったのではないかと感じています。

そうこうするうちに、我が子が生まれてから4か月が経ちました。この頃から、あごの白いできものがだんだんと薄くなっていきます。そうして生後5か月になる頃には、跡形もなく消えていたのです。

以上のように、我が子の場合、顔の白いできものは、生後5か月頃に消えてなくなりました。途中、気になって仕方がない時もありましたが、辛抱強く待つしかありませんでした。

まとめ

ここまで、赤ちゃんの顔のできものについて、基本的なことや体験談をお伝えしてきました。原因が分からないことも多いため、気になったらすぐに病院に行くことが大切です。跡が残るかどうか心配になることもあるかと思いますが、辛抱強く待つしかありません。是非この記事を参考にしていただければ幸いです。

  • 赤ちゃんの顔のできものには、様々な種類がある
  • 心配になったら迷わず病院に行くべき
  • 自宅でできるケアには、清潔と保湿が挙げられる