出産前後

里帰り出産とは?メリットとデメリットまとめ

出産をする場所について、お母さんの実家の近くを選ぶ人は少なくありません。いわゆる「里帰り出産」というものです。ここでは、里帰り出産について、流れやメリット、デメリットなどをお伝えしていきます。

里帰り出産とは?メリットとデメリットは?

里帰り出産とは、妊婦が実家に戻って出産することです。多くは、実家に住み、その近くの病院で出産します。出産後、しばらくは実家に滞在して育児を行うことになります。以下に、詳しい流れ、メリット、デメリットを書き出していきます。

里帰り出産とは?流れ説明

里帰り出産とは、妊婦が実家に戻って出産することです。その流れは、次の通りです。妊娠が分かったらまずは居住地の近くの病院を受診します。以降、定期的に受ける必要がある妊婦健診は、そこで受けることになります。早い段階で、里帰り先の病院を見つけ、出産の予約を取ります。居住地近くの病院には里帰り出産予定であることを告げておきます。必要な場合は、出産予定の病院へ提出できる書面を書いてもらうことになるでしょう。

予定日が近くなったら、居住地を離れて実家に戻ります。そうして出産まで、里帰り先の病院へ通うことになります。出産が無事終わったら、実家に戻り、そこで育児を続けていきます。以上が里帰り出産のだいたいの流れです。

自宅から実家へ戻る時期は、状況によって様々です。多くは、産休に入る妊娠34週頃に帰るようです。移動による身体への負担などを考えると、遅くとも妊娠36週までには帰るようにしておきたいものです。生産期と呼ばれる妊娠37週に入る頃には、実家で穏やかに過ごせるようにしましょう。

実家から自宅へ戻る時期も、状況によって変化します。多くは、産後1か月を過ぎてからのようです。なぜなら、赤ちゃんの1か月健診を、出産した病院で受けることになるからです。新生児期はなるべく外出を控えた方が良いこと、お母さんの身体の回復を優先すべきこと、育児に慣れる必要があること、などの理由から、産後1か月は実家に滞在すべきと言えるでしょう。

以上のように、里帰り出産をする場合は、早くから段取りを決めて動く必要があります。

里帰り出産のメリット

里帰り出産のメリットは、出産への不安を和らげられること両親や兄弟の手助けが期待できることの2点です。

  • 出産への不安を和らげられること
  • 両親や兄弟の手助けが期待できること

里帰り出産のメリットの1点目は、出産への不安を和らげられることです。予定日が近づいてくると、誰しも出産が不安になります。具体的には例えば、「いつ始まるのか」「産気づいたら病院へ向かえるだろうか」「陣痛に耐えられるのか」などが挙げられます。里帰り出産であれば、そのような不安を和らげることができるでしょう。なぜなら、実家の両親や兄弟がサポートしてくれるからです。産気づいたら、1人ではなく誰かに助けを求められます。辛い陣痛中も、サポートが期待できるでしょう。このように、出産への不安を和らげられることは、妊婦にとって重要です。

里帰り出産のメリットの2点目は、両親や兄弟の手助けが期待できることです。実家では、掃除や炊事などの家事をする必要はありません。妊婦は自分と赤ちゃんのことを最優先に考えて、身体を休めることができるでしょう。出産後も、身体の回復と育児に専念することができます。このように、両親や兄弟の手助けが期待できることは、妊婦にとって重要です。

以上のように、里帰り出産には、実家ならではの安心感が最大のメリットになります。多くの人に祝福されて、赤ちゃんとの生活をスタートさせることができるでしょう。

里帰り出産のデメリット

里帰り出産のデメリットは、配偶者と離れてしまうこと費用がかかること実家に迷惑がかかることの3点です。

  • 配偶者と離れてしまうこと
  • 費用がかかること
  • 実家に迷惑がかかること

里帰り出産のデメリットの1点目は、配偶者と離れてしまうことです。里帰り出産を行うと、出産前後の最低約2か月は、配偶者と離れ離れになってしまいます。自宅の掃除が行き届かなかったり、お互いの意思疎通に問題が生じたりということが考えられます。また、出産時は配偶者が実家のある場所に駆け付ける必要があります。出産後も、赤ちゃんの顔を見ることがなかなか叶いません。その結果、我が子が生まれても、おむつ替えなどの育児が全くできず、しばらくは父親として動くことができなくなる危険性があります。

里帰り出産のデメリットの2点目は、費用が掛かることです。実家に帰省する際の移動費や、配偶者が1人で暮らすための生活費などが挙げられます。配偶者が外食ばかりしていると、出費がかさむことになるでしょう。

里帰り出産のデメリットの3点目は、実家に迷惑がかかることです。妊婦が実家に滞在することで、実家の負担は増します。出産時には、つきっきりでサポートをするため疲労がたまります。出産後、大変な新生児のお世話を手伝うことも大きな負担となるでしょう。このように、里帰り出産による実家側の負担は少なくありません。

以上のように、里帰り出産では、様々なデメリットが生じるリスクがあります。良いことばかりではないと知っておくことが重要です。

里帰り出産するかはメリットとデメリットを見て決める!注意すべきこと

里帰り出産をするかどうかは、メリットだけでなく、デメリットも見てから決めることが重要です。ここでは、里帰り出産をする上で注意すべきことをお伝えしていきます。それは、早くから準備をしておくこと配偶者との連絡を怠らないこと実家との関係性に気を配ることの3つです。

  • 早くから準備をしておくこと
  • 配偶者との連絡を怠らないこと
  • 実家との関係性に気を配ること

里帰り出産をする上で注意すべきことの1つ目は、早くから準備をしておくことです。里帰り出産をする期間や、産む病院などは早くから決めておくようにしましょう。その他にも、配偶者が1人で暮らす期間における過ごし方を決めておくことも重要です。例えば、赤ちゃんが戻ってきたらすぐに育児が開始できるよう、掃除をしてもらうことが挙げられます。また、配偶者が料理をできない場合は、できるようにしておくと、出費を抑えることに繋がり便利です。出産後は、出生届などの諸手続きを配偶者に行ってもらうように決めておくと、行動をスムーズにすることができます。このように、早くから準備をしておくことで、後に発生するかもしれないトラブルを未然に回避することができます。

里帰り出産をする上で注意すべきことの2つ目は、配偶者との連絡を怠らないことです。なぜなら配偶者と離れ離れになる期間が長くなることで、気持ちの変化からすれ違うことが多くなるかもしれないからです。出産前後で、心境や環境の変化は大きいのです。

里帰り出産をする上で注意すべきことの3つ目は、実家との関係性に気を配ることです。里帰り出産では、実家への負担が増すからです。出産前後で、急に実家との折り合いが悪くなる場合もあるため注意が必要です。例えば、産後、ホルモンの変化もあって、育児がうまくいかない時に、実家の母親と衝突してしまう事例もあります。あらゆる事態を想定して、対処できるようにしておきましょう。お互いの関係性があまりにも悪くなった場合は、里帰りの期間を短縮するという選択も良いでしょう。いったん距離を置くことで、お互いの関係性を修復できるかもしれないからです。

以上のように、里帰り出産ではメリットとデメリットを把握した上で、注意すべきことがいくつかあります。全ての人にとって良い出産となるよう、準備を怠らないようにしてください。

まとめ

ここまで、里帰り出産について、流れ、メリット、デメリット、注意すべきことをお伝えしてきました。里帰り出産は良いことばかりではありません。しかし、工夫をすることで、色々な人にとって良い出産にすることができます。是非この記事を参考にしていただければ幸いです。

  • 里帰り出産には、メリットだけでなくデメリットも存在する
  • 注意すべきは、早くから準備をしておくこと、配偶者との連絡を怠らないこと、実家との関係性に気を配ることの3つ