出産前後

里帰り出産はすべき?後悔した体験談

里帰り出産はすべきなのでしょうか?里帰り出産には、実家の両親や兄弟に頼れるため、心身共にメリットが豊富にあります。一方で、デメリットも存在します。ここでは、里帰り主産を本当にすべきなのか、私自身の体験をもとにお伝えしていきます。是非参考にしていただければ幸いです。

里帰り出産とは?後悔する?

里帰り出産とは、妊婦が実家に戻って出産することです。多くは、実家に住み、その近くの病院で出産します。出産後、しばらくは実家に滞在して育児を行うことになります。

里帰り出産とは?事前リサーチの勧め

里帰り出産をするかどうか決める前に、事前リサーチをしっかりと行うことが重要です。なぜなら、里帰り出産は良いことばかりではないからです。

里帰り出産をする目的は様々あります。主なものは、お母さんになる妊婦さんの身体を休めるため、赤ちゃんの育児を手伝ってもらうための2点です。これらは、実家の両親や兄弟の力強いサポートのおかげで、大変意義のあるものであると言えます。

けれども、里帰り出産は良いことばかりではありません。実際に里帰りをしてみると、理想と現実との違いにびっくりすることも珍しくありません。このように後悔をすることのないように、事前に色々なパターンについて想定するべきです。良い点や成功談だけでなく、悪い点や失敗談も参考にするようにしましょう。

里帰り出産のメリットとデメリット

里帰り出産のメリットは、出産への不安を和らげられること両親や兄弟の手助けが期待できることの2点です。

  • 出産への不安を和らげられること
  • 両親や兄弟の手助けが期待できること

里帰り出産のメリットの1点目は、出産への不安を和らげられることです。予定日が近づいてくると、誰しも出産が不安になります。具体的には例えば、「いつ始まるのか」「産気づいたら病院へ向かえるだろうか」「陣痛に耐えられるのか」などが挙げられます。里帰り出産であれば、そのような不安を和らげることができるでしょう。なぜなら、実家の両親や兄弟がサポートしてくれるからです。産気づいたら、1人ではなく誰かに助けを求められます。辛い陣痛中も、サポートが期待できるでしょう。このように、出産への不安を和らげられることは、妊婦にとって重要です。

里帰り出産のメリットの2点目は、両親や兄弟の手助けが期待できることです。実家では、掃除や炊事などの家事をする必要はありません。妊婦は自分と赤ちゃんのことを最優先に考えて、身体を休めることができるでしょう。出産後も、身体の回復と育児に専念することができます。このように、両親や兄弟の手助けが期待できることは、妊婦にとって重要です。

里帰り出産のデメリットは、配偶者と離れてしまうこと費用がかかること実家に迷惑がかかることの3点です。

  • 配偶者と離れてしまうこと
  • 費用がかかること
  • 実家に迷惑がかかること

里帰り出産のデメリットの1点目は、配偶者と離れてしまうことです。里帰り出産を行うと、出産前後の最低約2か月は、配偶者と離れ離れになってしまいます。自宅の掃除が行き届かなかったり、お互いの意思疎通に問題が生じたりということが考えられます。また、出産時は配偶者が実家のある場所に駆け付ける必要があります。出産後も、赤ちゃんの顔を見ることがなかなか叶いません。その結果、我が子が生まれても、おむつ替えなどの育児が全くできず、しばらくは父親として動くことができなくなる危険性があります。

里帰り出産のデメリットの2点目は、費用が掛かることです。実家に帰省する際の移動費や、配偶者が1人で暮らすための生活費などが挙げられます。配偶者が外食ばかりしていると、出費がかさむことになるでしょう。

里帰り出産のデメリットの3点目は、実家に迷惑がかかることです。妊婦が実家に滞在することで、実家の負担は増します。出産時には、つきっきりでサポートをするため疲労がたまります。出産後、大変な新生児のお世話を手伝うことも大きな負担となるでしょう。このように、里帰り出産による実家側の負担は少なくありません。

以上のように、里帰り出産は、実家の両親や兄弟に頼ることになるため、リラックスできる反面、それがもとでトラブルになってしまう危険性もでてきます。メリットとデメリットの両方を把握したうえで、配偶者や両親、兄弟との仲が悪くならないよう、対策を講じるべきです。

里帰り出産で後悔した体験談

ここまで、里帰り出産すべきかどうかを考える上で、一般的なことをお伝えしてきました。ここでは、より具体的な例として、私自身の経験をお伝えしていきます。私の場合、里帰り出産をしてよかったと思うことと、そうでなかったと思うことの両方がありました。ここでは特に、里帰り出産で後悔をしたことを中心にまとめているので、是非参考にしていただければ幸いです。

私は、第一子の出産の際、里帰りをするかどうか悩みました。なぜなら、自宅から実家は、電車で1時間程の距離で、近くはありませんでしたが、遠くもなかったからです。そのため、特に里帰り出産の必要性を感じませんでした。私は、病院への通いやすさや金銭面、夫の意見等を理由に、出産は自宅近くの産院で行うことに決めました。

私が取った手段は、出産を自宅近くで行い、退院後に自宅で1か月程お世話になることでした。そうすることで、夫と長い間離れ離れになったり、費用が極端にかさんだりすることはないと考えたからです。幸い、実家との距離が近かったこともあり、車で移動すれば、赤ちゃんにも大きな負担をかけず、問題はありませんでした。

この選択は、結果的によかったと言えます。なぜなら思いがけず、妊娠26週の終わりに切迫早産で入院することになったからです。切迫早産では、妊婦健診で通っていた自宅近くの産院にそのまま入院することになったため、里帰り出産予定ではなくてよかったです。実際に、その時同室だった別の妊婦さんは、里帰り出産の予定を取りやめることになっていました。

私はそのまま妊娠37週2日で出産を終えました。赤ちゃんは、トラブルでNICUに搬送されます。出産をした産院にはNICUがなかったため、自宅から車で1時間強かかる総合病院に運ばれました。赤ちゃんは、NICU、GCUで3週間過ごした結果、無事に退院することが出来ました。

そのため私は、生後3週間の我が子と一緒に、実家に帰って過ごすことになりました。実家ではそこから約1か月間、お世話になりました。当時私は、2か月間の切迫早産入院の余波で、満足に身体を動かせない状態でした。入院中はベッド上安静だったため、あらゆる筋力が衰えていたのです。結果、赤ちゃんを抱っこするのも一苦労でした。そのため、里帰りによって私の身体の回復を十分にはかれたことは、今でもとても感謝しています。また、慣れない育児も手伝ってくれました。夜、泣いて寝ない赤ちゃんを抱っこしてくれることは、何よりも心強かったです。

里帰りで後悔した点は、実家の実母との関係悪化です。産後、気がたっていた私は、とにかく実母の発言や行動の全てが気に障りました。例えば、「おっぱい足りてる?ミルクを足した方が良いんじゃない」「赤ちゃん、暑いんじゃない?」「赤ちゃん、眠いのかな」「(泣いているのは)おむつなんじゃないか」など、ちょっとした助言です。やめてほしいと言ってもやまないこれらの細かい発言に対するストレスが積もり積もって、言い合いの喧嘩にまで発展しました。それから、実家とは自然に距離を置くようになったのです。

以上のように、里帰り出産は良いことばかりではありません。ちょっとした言動が、後々まで尾を引く結果になることもあります。お互いに気の張っている状況なので仕方がないことかもしれません。ちょっとした心遣いや工夫で、危機的な状況を避けられることも少なくないでしょう。是非この体験談を参考にしていただければ幸いです。

まとめ

ここまで、里帰り出産について、メリットやデメリット、体験談をお伝えしてきました。里帰り出産はとても助かります。けれども、注意すべき点もあります。是非事前のリサーチを怠らず、皆が笑顔になれる里帰り出産を目指していきましょう。

  • 里帰り出産のメリットは、出産への不安を和らげられること、両親や兄弟の手助けが期待できること
  • 里帰り出産のデメリットは、配偶者と離れてしまうこと、費用がかかること、実家に迷惑がかかること