出産前後

陣痛はどれくらい痛い?体験談

陣痛は、出産時に多くの人が経験します。出産を控えて、陣痛の恐怖におびえる人は少なくありません。陣痛の痛さとはどのようなものなのでしょうか?ここでは、陣痛について体験談を交えながらお伝えしています。

陣痛とは?陣痛はどれくらい痛い?

陣痛とは、赤ちゃんを産むために子宮が収縮することを言います。痛みの間隔が10分と定期的に起こったら、本陣痛であるかもしれません。

陣痛は、前駆陣痛本陣痛に分かれます。前駆陣痛は、本陣痛が起こる以前に起こるものです。前駆陣痛の有無は、妊娠後期に入って頻繁に起こる人や、全く感じない人など、個人によって差があります。本陣痛との見分け方は難しいですが、痛みの間隔が不規則である場合は全駆陣痛とみられます。本陣痛は、いったん起こると止められないことがほとんどです。

本陣痛が起こったと思ったら、病院へ連絡しましょう。連絡のタイミングは、病院によって異なります。多くは、初産婦であれば10分間隔、経産婦であれば15分間隔の時点での連絡を指示されるでしょう。それまでは、自宅でひたすら陣痛に耐える必要があります。

陣痛が始まってから赤ちゃんが生まれるまでの時間や、陣痛の強さは、個人差があります。多くは、何時間もの間、陣痛に耐える必要があります。なぜなら、子宮口が全開である約10cmになり、かつ、最も強い陣痛が来たときに、あかちゃんを産むことになるからです。

強い痛みが伴う陣痛を、長い時間耐えなければならないことが、出産を控える妊婦にとっては大きな恐怖になります。

では、陣痛はどれくらい痛いのでしょうか。陣痛の強さや時間は、個人によって差があります。長い間強い陣痛に耐えてやっと出産できたという人もいれば、それほどでもない人もいます。陣痛の強さや長さは人それぞれであると心得ておきましょう。陣痛は、よく「鼻からスイカを出すようなものだ」と例えられることがあります。それ程、とてつもない痛みが襲ってくるのです。実際に、今まで経験したことのないような痛みが襲ってきます。そのため、誰もが共感できるような、いいたとえがないのが現実です。

陣痛は痛い!体験談

ここからは、実際に出産を経験した私自身の体験をもとに、陣痛の痛さについてご紹介します。私の場合、妊娠26週頃から定期的なお腹の張りがありました。5分間隔で張る時もあり、病院を受診すると、切迫早産であることがわかりました。それから妊娠36週まで、ベッド上安静の管理入院を経験します。入院中は、とにかくすることがないので、妊娠出産についてインターネットで調べる毎日でした。また、部屋が分娩室に近かったこともあり、陣痛に耐える妊婦さんの声や苦しそうな姿を何度も聞いたり見たりしました。これらのことから、私の出産に対する恐怖は必要以上に膨らんでいきます。特に、陣痛の痛みが怖くて、とても不安でした。

入院中は、張り止めの点滴をしていたのにも関わらず、度々お腹の張りがありました。ひどい時は3分間隔になることもありました。そうなると、点滴を増量しながらお腹の張りを抑えていくことになります。以上の様に、臨月を迎える以前でも、お腹の張りを感じる場合があります。この時の間隔は、軽い生理痛のようなものでした。ごく微弱ではあるものの、お腹に痛みを感じます。

本陣痛がやってきたのは、退院後約1週間経った妊娠37週2日でした。私の場合は、先に破水をしたため、先に病院に行って、陣痛がつくのを待っていました。陣痛の間隔は、切迫早産時と大差ありませんでしたが、痛みは全く別物でした。本格的な陣痛は、重い生理痛よりも痛かったのです。イメージとしては、生理痛をそのまま重くしてもまだ届かない程の痛みです。とにかく、他に例えようのない痛みでした。

しかし、不思議と陣痛の痛みと戦えるものです。いや、一度陣痛が始まってしまうと、それに向き合う他ないので、切羽詰まっていただけかもしれません。あまりに痛みが強すぎて、色々なことを考える余裕がないことが、意外にもよかったのかもしれません。

痛い陣痛の乗り越え方

少しでも楽に陣痛を乗り切る方法はあるのでしょうか?ポイントは、呼吸を整えることリラックスすることの2点です。

  • 呼吸を整えること
  • リラックスすること

1点目は、呼吸を整えることです。出産時は、赤ちゃんに新鮮な酸素を送るために、お母さんが常に呼吸をすることが求められます。陣痛の痛みに耐えるためについ息を止めがちですが、それでは赤ちゃんに酸素が行き届きません。陣痛中に行うとよいとされる呼吸の仕方については、ラマーズ法やソフロロジー法が有名です。病院の方で指導があることが多いので、よく予習しておくようにしましょう。妊娠中に呼吸法を習得しておくことで、出産時に慌てずに済みます。

2点目は、リラックスすることです。変に力んでしまうと、陣痛の痛みをより強く感じてしまうからです。陣痛中は、パートナーに頼んでマッサージをしてもらう、水分を補給する、アロマをたくなど、様々な方法でリラックスできる空間を作ってください。

まとめ

ここまで、出産時に多くの人が経験する陣痛について、お伝えしてきました。少しでも痛みを軽減するために、リラックスした状態で呼吸を整えることが大事です。妊娠中の予習が重要であるため、よく練習するようにしましょう。

  • 陣痛とは、赤ちゃんを産むために子宮が収縮すること
  • 本陣痛は、想像を絶する程、痛い
  • 陣痛を乗り越えるポイントは、呼吸を整えること、リラックスすること