育児

離乳食はいつから?始める時期について体験談

離乳食は、子育てにおいて大変なことの1つです。離乳食はいつから始めるべきなのでしょうか?ここでは、離乳食の始める時期について、一般的なことだけでなく、私自身の体験談もお伝えしていきます。

離乳食を始める時期はいつから?

離乳食は、生後5か月や6か月頃から始めるべきだとされています。ここでは離乳食について、一般的な情報をお伝えしていきます。

離乳食は、作る手間や食べさせる難しさ、後片付けの面倒さから、育児において大変なことの1つです。そのため、できるだけ開始を遅らせたいというお母さんも少なくありません。それでも、生後5か月から6か月頃には、離乳食を始めるべきだとされています。

上記の他に、離乳食を始める時の基準があります。それは、首がすわっていて短時間ならお座りもできる食べ物に興味を示す唾液が増えてきたスプーンを嫌がらない、という主に4つの基準です。

  • 首がすわっていて短時間ならお座りもできる
  • 食べ物に興味を示す
  • 唾液が増えてきた
  • スプーンを嫌がらない

1つ目は、首がすわっていて短時間ならお座りもできることです。お座りの姿勢を保つことができれば、離乳食を口にすることができるからです。始めは、椅子ではなくお母さんの抱っこでも構いません。

2つ目は、食べ物に興味を示すことです。大人が食べている時にじっと見つめたり口を動かしたりする動作が挙げられます。

3つ目は、唾液が増えてくることです。食べ物を受け入れる体制が整ってきていることを示すからです。

4つ目は、スプーンを嫌がらないことです。唇に押し当ててみて、押し返さないかどうかを確かめると良いでしょう。

以上の4つの基準に照らし合わせて、離乳食の開始時期を探っていきましょう。けれども、あまり真剣に考えすぎずに、参考にする程度で良いと言えます。赤ちゃんによって個人差があるからです。

いざ食べさせてみて、教科書通りに上手くいく場合があれば、なかなか食べてくれず上手くいかない場合もあります。お母さんと赤ちゃんの両方が、ストレスをためずに楽しく進めていくことが大切です。そのため、教科書の情報をあまり鵜呑みにしないようにすることがお勧めです。勧めていくうちに、それぞれのペースややり方を掴んでいくようにしましょう。

離乳食はいつから?始める時期体験談

ここまで、離乳食の始める時期について一般的なことをお伝えしてきました。ここからは、離乳食の始める時期について、私自身の体験談をお伝えしていきます。

我が子が離乳食を始めたのは、生後5か月になる2日前でした。なぜなら、天気の良い平日で、ちょうど夫が有給を取っていたからです。初めての離乳食は、勝手が分からず手際が悪かったため、夫に子どもを見てもらって正解でした。おかげで無駄に焦らずに準備ができました。

我が子の場合は、唾液が急に増えたり、食べ物に興味を示したりといった兆候はあまり見られませんでした。それでも、首がすわっていて少しだけお座りができ、また、スプーンを嫌がらなかったことから、離乳食の開始を決断しました。

以上のように、私の場合、我が子が5か月になる2日前に離乳食をスタートさせました。最初はびっくりしてなかなか食べなかった我が子も、2週間が経った頃にはぱくぱくと食べるようになっていました。かなり早く離乳食をスタートさせたことにより、気持ち的な余裕が生まれてよかったと思います。

まとめ

ここまで、離乳食の開始時期について、一般的なことと私自身の体験談をお伝えしてきました。個人差があるため一概には言えませんが、是非この記事を参考にしていただければ幸いです。

  • 離乳食は、生後5か月から6か月くらいまでに始めるもの
  • 離乳食開始の判断の基準は主に、首がすわっていて短時間ならお座りもできる、食べ物に興味を示す、唾液が増えてきた、スプーンを嫌がらない、という4点