育児

AB型ベビーカーは必要ない?体験談

赤ちゃんとの外出に活躍するのが、ベビーカーです。ベビーカーには、様々なタイプがあります。特に迷うことが多いのが、A型とB型ベビーカーの購入についてです。ここではA型やB型、AB型と呼ばれるベビーカーの違いや用途、体験談をお伝えしていきます。

AB型ベビーカーとは?必要ない?

AB型ベビーカーとはどのような物なのでしょうか?それぞれのベビーカーの違いや用途について見ていきましょう。

赤ちゃんのベビーカーの種類

赤ちゃんのベビーカーには、AB型、B型の2つの種類があります。AB型ベビーカーとは、簡単に言うと、生後1か月から最長48か月まで使えるものです。B型ベビーカーとは、簡単に言うと、生後7か月頃から最長48か月まで使えるものです。それぞれのメリットとデメリットを簡単にご紹介していきます。

  • AB型ベビーカー→生後1か月から最長48か月まで使えるもの
  • B型ベビーカー→生後7か月頃から最長48か月まで使えるもの

AB型ベビーカーのメリットは、生まれてすぐから使えることです。デメリットは、大型であること価格が高いことです。

  • AB型ベビーカーのメリット→生まれてすぐから使えること
  • AB型ベビーカーのデメリット→大型であること、価格が高いこと

AB型ベビーカーのメリットは、生まれてすぐから使えることです。生まれてすぐにベビーカーを使えることで、赤ちゃんのおでかけ時に重宝します。AB型ベビーカーは、新生児でも乗れるよう、安全性に配慮したつくりとなっています。例えば、リクライニングが十分に効いたり、対面式にできたり、クッション性が高かったりすることが挙げられます。また、赤ちゃんに振動が伝わりにくいよう、しっかりとしたタイヤが使われていることも特徴です。AB型ベビーカーは、赤ちゃんにとって乗り心地が良いものであると言えます。

AB型ベビーカーのデメリットの1つ目は、大型であることです。新生児から使えるよう機能性を充実させるとともに、どうしても車体自体が大きく、重くなってしまっています。そのため、小回りがあまり効かないと言えます。大きく重いベビーカーでの外出は、お母さんにとって不便になってしまうかもしれません。

AB型ベビーカーのデメリットの2つ目は、価格が高いことです。新生児でも乗れるよう機能性が充実していることで、どうしても価格が高くなってしまいがちです。

以上のように、AB型ベビーカーにはメリットとデメリットがあります。続いて、B型ベビーカーのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

B型ベビーカーのメリットは、小回りが利くこと価格が安いことです。デメリットは、生まれてすぐは使えないこと乗り心地が良いとは限らないことです。

  • B型ベビーカーのメリット→小回りが利くこと、価格が安いこと
  • B型ベビーカーのデメリット→生まれてすぐは使えないこと、乗り心地が良いとは限らないこと

B型ベビーカーのメリットの1つ目は、小回りが利くことです。B型ベビーカーは、腰がすわる生後7か月頃から乗ることができます。そのため、AB型にあるような充実した機能を省くことができるのです。例えば、リクライニングの角度を限定したり、対面式にできなかったり、タイヤを小さくしたりすることが挙げられます。これらによって、B型ベビーカーはAB型と比較して、小型で軽量であるという特徴が実現されています。ベビーカーでのお出かけは、想像以上に大変なものです。少しの段差でも、持ち上げて運ぶ必要があります。ベビーカーの小回りが利くことは、赤ちゃんとのおでかけを少しでも楽にしてくれる要素なのです。

B型ベビーカーのメリットの2つ目は、価格が安いことです。機能を限定している分、AB型ベビーカーと比較して、価格が安く収まっているのです。

B型ベビーカーのデメリットの1つ目は、生まれてすぐは使えないことです。腰がすわる生後7か月頃からの利用であるため、それまではB型ベビーカーを使えません。

B型ベビーカーのデメリットの2つ目は、乗り心地が良いとは限らないことです。B型ベビーカーには、AB型ベビーカーのように充実した機能がないからです。ベビーカーや赤ちゃんによっては、乗り心地が良くないこともあります。中には、嫌がってしまう赤ちゃんもいるようです。

以上の様に、AB型ベビーカーにもB型ベビーカーにもそれぞれ、メリットとデメリットがあります。自分の生活スタイルや赤ちゃんの様子によって、どれを購入するのか検討するようにしましょう。

ベビーカーの用途

ベビーカーは、赤ちゃんとの外出に重宝します。抱っこ紐と比較して、お母さんへの腰や方への負担が少ないこと、また、荷物をベビーカーにつめることがメリットとして挙げられます。一方で、抱っこ紐と比較して、小回りが利かないことがデメリットとして挙げられます。

行き先や赤ちゃんの様子を見て、ベビーカーを使うか抱っこ紐を使うか判断するようにしましょう。

AB型ベビーカーは必要ない?体験談

ここまで、AB型ベビーカーとB型ベビーカーの違いについて基本的なことをお伝えしてきました。ここからは、AB型ベビーカーの必要性について、私自身の体験談をお伝えしていきます。

私の場合、AB型ベビーカーは購入せず、B型ベビーカーと抱っこ紐で乗り切りました。なぜなら、行動範囲が狭かったからです。

生活必需品の購入は、歩いて10分ほどの範囲の、スーパーや薬局で完結しました。それくらいの範囲であれば子どもが小さい内は、抱っこ紐で十分です。私は、我が子が、新生児から生後6か月頃まで、抱っこ紐を使って外出していました。

B型ベビーカーを購入して使い始めたのは、生後6か月の終わり頃です。この頃には、腰がだいぶすわってきており、少しの間ならお座りが安定してきたからです。近所のスーパーや薬局であれば、ベビーカーで外出できるようになりました。

子どもが大きくなれば、体重が増すため、抱っこ紐での長時間の外出は負担になります。そんな時、ベビーカーが活躍しました。逆に、子どもが小さい内は、抱っこ紐での外出で問題はありませんでした。

以上のように、私の場合は、B型ベビーカーと抱っこ紐を利用していました。

まとめ

ここまで、ベビーカーの種類や用途、必要性などをお伝えしてきました。個人差はありますが、是非この記事を参考にしていただければ幸いです。

  • AB型ベビーカーとは、簡単に言うと、生後1か月から最長48か月まで使えるもの
  • B型ベビーカーとは、簡単に言うと、生後7か月頃から最長48か月まで使えるもの
  • AB型、B型の両方に、メリットとデメリットがある