育児

赤ちゃんの首すわりが遅い…練習は必要?体験談

赤ちゃんの首がなかなかすわらないと、心配になるものです。首がすわると、服を着せやすくなったり、たて抱っこがしやすくなったりするので、ママは少し楽になるかもしれません。

ここでは、赤ちゃんの首すわりが遅いこと、練習について、私自身の体験談についてなど、お伝えしていきます。

赤ちゃんの首すわりはいつから?遅いといつになる?

赤ちゃんの首がすわるのは、だいたい生後3か月から4か月の間であると言われています。

個人差が大きく、例えば、生後2か月ですわる赤ちゃんがいれば、4か月の終わり頃にやっとすわる赤ちゃんもいるようです。

そもそも、「首がすわる」という状態には、様々なレベルがあります。

例えば、たて抱っこをしたときにぐにゃっとへたれてしまう、ちょっとだけ耐えられる、首を左右に動かせる、などの段階が挙げられます。

また、うつぶせにして頭を持ち上げられるかどうか、仰向けから両手を引っ張った時に頭がついてくるのかどうか、などの基準も存在します。

これらが完璧にできる、つまり完全に首がすわるようになるのは、生後5か月頃がほとんどです。

ママが「まだ首がすわらない」と思っていても、案外、赤ちゃんの首はすわっているものなのです。

以上のように、赤ちゃんの首は、突然にすわるのではなく、いくつかのステップを踏みながら、徐々に完全へと近づいていくようにすわります。

1つの目安として、生後5か月を過ぎても首が全くすわらないという場合は、医師に相談してもよいかもしれません。

赤ちゃんの首すわりが遅い…練習は必要?

赤ちゃんの首すわりが遅いと感じた時に、練習は必要なのでしょうか?必ずしも必須ではありません。

けれども、毎日少しずつでも練習を取り入れることで、赤ちゃんの発達が促されることもあります。

例えば、生後3か月を過ぎたら、腹ばいやたて抱っこをするように心がける、という練習方法があります。

赤ちゃんの機嫌が良い時を見計らって、日常生活の中に、少しずつ取り入れるようにするのがお勧めです。

首すわりの時期は個人差があるので、あまり落ち込み過ぎないようにしましょう。そのため練習は、あくまでも日常生活の一部というかたちで、気軽に行うのがお勧めです。

慣れてくれば、腹ばいにした後、おもちゃを目線の少し上あたりにちらつかせてみましょう。赤ちゃんがおもちゃを見ようと、頭を持ち上げるかもしれません。

赤ちゃんの首すわりが遅いと感じた体験談

ここまで、赤ちゃんの首すわりについて、基本的なことをお伝えしてきました。

ここからは、実際の体験談として、我が子の場合についてお伝えしていきます。

我が子は、なかなか首が座りませんでした。腹ばいにしても、頭を持ち上げられず、うんうんうなっているだけでした。

具体的には、生後2か月頃から少しずつ、腹ばいに挑戦していきました。腹ばいにすると機嫌が悪くなるので、1日に1回だけにしていました。

私の気が滅入っている時には腹ばい練習はしませんでした。そのため、実際には3日に2回や1回のペースだったと記憶しています。

生後4か月の頭、NICU外来にて健診がありました。その時、私は心配になって、先生に質問をしてみました。首すわりが、なかなかできていないことについてです。

先生がおっしゃったのは、確かに首すわりは遅めではあるけれど、全くすわっていないということはない、ということです。また、心配せず様子を見てみて、ということでした。

言われて初めて、私は気づきました。そういえば我が子は、げっぷ時にたて抱きをする時、ほんの少しの間だけ、頭を支えていました。それまで私は、まさかそれが首すわりの一部だなんて、夢にも思っていなかったです。

相変わらず我が子は腹ばいが嫌いでしたが、1日に1回は練習をするようにしました。この頃からだんだん、腹ばいで機嫌が悪くなる頻度が下がってきたように思います。

そして生後5か月の終わり頃、ついに腹ばいで頭を少し持ち上げることに成功したのです。そうして生後6か月の中頃には、首がしっかりしてきました。

以上のように我が子の場合、生後5か月の終わり頃まで、腹ばいで頭を持ち上げることができませんでした。けれども、生後6か月の中頃には、首がしっかりしていました。

最初の内は、腹ばいやたて抱っこが怖いと思うことが多いはずです。私がそうでした。

我が子は腹ばいにすると決まって機嫌が悪くなるので、私は極力腹ばい練習をしたくありませんでした。さぼったことだって、何日もあります。

けれども今では問題なく成長しています。個人的に思うのは、あまり思いつめず、気楽に成長を見守るのがお勧めであるということです。

あまり心配し過ぎると、辛くなるからです。解決法は何も提示できませんでしたが、気持ちの上で少しでも楽になっていただければ幸いです。

まとめ

ここまで、赤ちゃんの首すわりが遅いことについて、練習方法や体験談をお伝えしてきました。

あまり心配し過ぎず、自分たちのペースで、明るく練習をできればいいですよね。是非この記事を参考にしていただければ幸いです。

  • 赤ちゃんの首すわりは、生後3か月から4か月の頃
  • 生後5か月を過ぎても全く座らない場合は、医師に相談するのがお勧め
  • 赤ちゃんの発育には個人差があるので、あまり心配し過ぎずに、気楽に練習を行うのがお勧め