育児

赤ちゃんの爪が割れた!原因や対処法について体験談

赤ちゃんの爪が割れると、痛々しい見た目から、心配になってしまう人が少なくありません。赤ちゃんの爪が割れる原因や、対処法にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、赤ちゃんの爪が割れた時の行動について、体験談を交えながらお伝えしていきます。

赤ちゃんの爪が割れた原因は?対処法について

赤ちゃんの爪は、頻繁に割れます。いったいどれくらい割れるものなのか、放っておいても大丈夫なのか、心配事はつきません。原因や対処法について、以下にご紹介していきます。

赤ちゃんの爪が割れる原因

赤ちゃんの爪が割れる原因には、主に、爪の強度が弱いことよく動くこと、2点が考えられます。

  • 爪の強度が弱いこと
  • よく動くこと

1点目は、爪の強度が弱いことです。赤ちゃんは、生まれた時から爪があるものの、まだ安定していません。形が整っていなかったり、簡単に切れるほど弱かったりします。これらは、成長に伴ってだんだん大人に近づいていくものです。

2点目は、よく動くことです。例えば、手を使って物を触る、足を使って寝返りやハイハイをすることなどが挙げられます。赤ちゃんは、まだ自分の体を自在に扱うことができません。興味のある物を触ろうと、ぐっと手を握ったり、突起に引っ掛けてしまったりすると、簡単に手の爪が割れてしまいます。また、移動手段としてズリバイを覚えると、どんなところにも這っていこうとします。この時、足を蹴って前に進むのですが、足の親指の爪に負担がかかっています。赤ちゃんは気にせずズリバイを続けるため、足の爪が割れやすいと言えます。

以上のように、赤ちゃんの爪は、弱いのにも関わらず、大きな力がかかってしまいがちです。すると、頻繁に爪が割れるようになるのです。

こうして爪が割れることで、赤ちゃんの体は、新たな爪を生やそうとします。繰り返していくことで、大人のような、丈夫で形が整った爪になっていくのです。赤ちゃんの爪が割れるのは、成長の一過程であるとして、あまり心配になる必要はないでしょう。

赤ちゃんの爪が割れた時の対処法

赤ちゃんの爪が割れた時は、基本的には何もする必要はありません。成長の一過程として見守り、新たな爪が生えてくるのを待ちます。爪をピンポイントで強くするような方法は、ありません。

病院を受診した方がよいのは、爪が割れた部分が炎症を起こした時です。雑菌が入ってしまっているかもしれないからです。あまりに痛々しい場合は、病院を訪れましょう。

病院に行くほどではないけれど、かなり大きい面積が割れてしまった場合は、ガーゼや絆創膏などで、その部分を保護することがお勧めです。いったん固定しておき、新たな爪が生えてくるのを待つ方法です。

赤ちゃんの爪が割れた時の対処法

  • 基本→何もしない
  • ひどい時→病院へ行く
  • 心配な時→テープなどで保護する

赤ちゃんの爪が割れた!原因や対処法について体験談

ここまで、赤ちゃんの爪が割れる原因や割れた時の対処法をお伝えしてきました。ここからは、私自身の体験談をお伝えしていきます。

我が子の爪が頻繁に割れるようになったのは、ズリバイをするようになった生後8か月頃からです。特に足の親指の爪に負担がかかるようで、見るたびに痛々しい跡ができていました。

新生児の頃から、手指の爪は頻繁に切ってきました。なぜなら、よく自分の顔をひっかいて傷をつくっていたからです。手指の爪であれば、我が子が寝ている時にこっそり切ることができます。

けれども、足指の爪はそうともいきません。なぜなら、我が子は日中、抱っこしておかないと寝ないからです。抱っこした体勢で足指の爪を切るのは、至難の業でした。また、切ったつもりでも、なかなか爪を短くすることができていなかった時もありました。

写真にあるように、右足の親指の爪が、大きく割れたことがありました。これは、割れてしまった後なのですが、割れる前は、もう少し痛々しい見た目でした。

これほど大きい面積になると、いっぺんに割れることはありません。まず半分ほどが割れて、爪は残ったままになります。この状態の時が最も不安になります。なぜなら、いつ爪が引っかかってめくれるか分からないからです。

迷いましたが、私は思い切って爪を切ることにしました。爪の割れてはがれかかった部分を、切断します。すると、切り口はいびつですが、爪が引っかかる心配はなくなりました。爪が割れた部分は赤みがかっていましたが、1週間ほどで気にならなくなりました。

赤ちゃんは、毎日よく動き回るので、なかなか指にテープを巻くことができません。また、同じ部分に力がかかることもよくあります。そのため、一度大きく爪が割れると心配になってしまいます。

私の場合は迷いましたが、場合によっては剥がれかけた爪を切り取ってしまっても大丈夫そうです。

まとめ

ここまで、赤ちゃんの爪が割れる原因や割れた時の対処法について、お伝えしてきました。また、我が子の爪が割れた時の体験談もお伝えしてきました。赤ちゃんの爪は、割れやすいと言えます。日ごろから爪を短く切っておくことは大切ですが、どうしても難しい時もあるでしょう。もしも爪が割れてしまっても慌てず対処し、悪化した場合は病院に行くようにしましょう。是非この記事を参考にしていただければ幸いです。

  • 赤ちゃんの爪は、脆く割れやすい
  • 成長の一過程として、見守るしかない