育児

絵本のつみき(はらぺこあおむし)の口コミ体験談

絵本のつみき(はらぺこあおむし)の口コミ体験談

積み木の中で特にお勧めなのが、「絵本のつみき」です。ここでは、絵本のつみきがどんなものなのかを、実際に購入して使ってみた私自身の体験談をもとにお伝えしていきます。メリットデメリットもご紹介しているので、是非参考にしていただければ幸いです。

絵本のつみき(はらぺこあおむし)とは?口コミ

絵本のつみきとは、絵本の有名タイトルの世界を積み木で再現したシリーズです。以下に、もう少し詳しくご紹介していきます。

絵本のつみき (はらぺこあおむし)絵本のつみき (はらぺこあおむしシチュエーションセット)

絵本のつみきについて

絵本のつみきは、親子の時間研究所が作成している積み木です(参照:https://tumugi.oyakonojikanlabo.jp)。

「きんぎょがにげた」「こぐまちゃん」「からすのパンやさん」「リサとガスパール」「はらぺこあおむし」「ノンタン」「11ぴきのねこ」といった有名タイトルのものと、「ベーシックセット」が販売されています。

複数シリーズの積み木を使って横断的に遊ぶことも可能です。パーツごとの販売、セットでの販売など、商品によって販売方法が異なります。価格は、1パーツのもので680円(税抜き)~、複数パーツセットで1,200円(税抜き)~です。

対象年齢は1.5歳で、天然木のブナ材を主に使用しています。塗料は口に入れても安全な素材が使われています。どのパーツも丸みを帯びているため、安心です。厚さは18mmあるため、子どもが持ちやすいサイズとなっています。

絵本のつみきの遊び方は、持つ・握る、並べる・積む、考えて遊ぶなど、多岐に渡ります。絵本の世界を想像して、絵本とセットで遊べるでしょう。

また、子どもが大きくなってもインテリアとして部屋に飾っておけるくらい、愛らしいデザインとなっています。

木を使用しているため、水に塗らすのはNGです。その点だけ、注意が必要です。

絵本のつみき (はらぺこあおむし)絵本のつみき (はらぺこあおむしシチュエーションセット)

絵本のつみき(はらぺこあおむし)のラインナップ

ここからは、絵本のつみきの中でも、はらぺこあおむしシリーズのものについてお伝えしていきます。なぜなら、私が実際に気に入って購入した商品であるからです。

はらぺこあおむし 1ピース・680円(税抜)
ふとっちょあおむし 1ピース・680円(税抜)
はらぺこあおむしシチュエーションセット 積み木5個、ステージ、リーフレット・2,800円(税抜)
はらぺこあおむしプレイセット 積み木8個 、リーフレット・6,000円(税抜)

はらぺこあおむしシリーズの商品は、1ピースから販売があります。具体的には、「はらぺこあおむし」「ふとっちょあおむし」の2点が挙げられます。1点、680円(税抜)で販売されています。

また、セット商品は、「はらぺこあおむしシチュエーションセット」と「はらぺこあおむしプレイセット」の2つが展開されています。

「はらぺこあおむしシチュエーションセット」は、2,800円(税抜)で販売されています。内容は、積み木5個 (はらぺこあおむし・りんご・オレンジ・いちご・葉)、ステージ、リーフレットとなっています。

「はらぺこあおむしプレイセット」の価格は、6,000円(税抜)となっています。内容は、積み木8個 (はらぺこあおむし・ちょうちょ・すいか・アイスクリーム・チョコレートケーキ・チーズ・カップケーキ)、リーフレットです。

以上のように絵本のつみき(はらぺこあおむし)は、単品でもセットでも購入が可能です。ただし、それぞれに異なったデザインの積み木となっているため注意が必要です。

特に、あおむしを食べ物の穴などに入れて遊びたい場合は、「はらぺこあおむしプレイセット」の購入をする必要があります。なぜなら、「はらぺこあおむしシチュエーションセット」に入っている食べ物積み木の穴は、小さいからです。

絵本のつみき (はらぺこあおむし)絵本のつみき (はらぺこあおむし)

絵本のつみき(はらぺこあおむし)のメリットデメリット

絵本のつみき(はらぺこあおむし)のメリットは、色々な遊び方ができること、色鮮やかなこと、安心安全なこと、インテリアとしても使えること、積む部分が確保されていることの、5つです。

  • 色々な遊び方ができること
  • 色鮮やかなこと
  • 安心安全なこと
  • インテリアとしても使えること
  • 積む部分が確保されていること

メリットの1つ目は、色々な遊び方ができることです。積むだけでなく、絵本の物語に合わせて想像しながら楽しむことができるのです。また、絵本のつみき(はらぺこあおむし)には、食べ物を模した積み木もあるため、おままごとにも活用ができます。

メリットの2つ目は、色鮮やかなことです。緑、赤、オレンジなど、目にも鮮やかな色とりどりの積み木が手に入ります。赤ちゃんにも分かりやすく、良い刺激になるでしょう。

メリットの3つ目は、安心安全なことです。天然のブナを使用している点や、赤ちゃんの口に入っても大丈夫な塗料を使用している点で、安心安全です。

積み木のサイズは小さめです。そのため、赤ちゃんが投げても、床を傷つけにくく人に当たって大事故になりにくいと言えます。また、赤ちゃんの口に入ることはないくらいのしっかりとした大きさがあるため、安心安全です。

メリットの4つ目は、インテリアとしても使えることです。はらぺこあおむしのフォルムやサイズ感がかわいく、インテリアとして抜群に映えます。

メリットの5つ目は、積む部分が確保されていることです。それぞれの積み木に、他の積み木を積めるような平たい部分が複数確保されています。この部分に乗せることで、積み木を積んだ時に安定感がしっかりと出るのです。接地面を考えながら積む必要があるので、知育によさそうです。

絵本のつみき(はらぺこあおむし)積むパターンが豊富

絵本のつみき(はらぺこあおむし)のデメリットは、価格が比較的高いこと、パーツが多くはないことの、2つです。

デメリットの1つ目は、価格が比較的高いことです。デザイン性が高いこと、安全面に十分配慮していることなどを考えると、価格がどうしても高くなってしまいがちです。反面、インテリアとしても優秀なことから、長く使える確率は高いと言えます。

デメリットの2つ目は、パーツが多くはないことです。絵本のつみきの中からはらぺこあおむし以外のシリーズを選んで組み合わせるか、他の積み木やおもちゃなどと組み合わせるなどして、遊びの幅を広げましょう。個人的には、パーツが多くない方が、収納に困らなくて済むので好きです。

以上のことから、絵本のつみき(はらぺこあおむし)はお勧めです。可愛いけれど価格設定が高めなので、プレゼントとしても優秀です。

絵本のつみき はらぺこあおむし絵本のつみき はらぺこあおむしシチュエーションセット

絵本のつみき(はらぺこあおむし)の口コミ体験談

ここまで、絵本のつみき(はらぺこあおむし)の基本情報をお伝えしてきました。ここからは、実際に絵本のつみき(はらぺこあおむし)を購入した口コミ体験談をお伝えしていきます。

私が絵本のつみき(はらぺこあおむし)を購入したのは、我が子が1歳になったあたりでした。我が子の場合、まだ物を積むことはできませんでした。しかしながら、積み木に興味を示すことは度々ありました。

我が子の遊び方は、積み木を持ってなめる、積み木を投げる、積み木同士を合わせて音を鳴らす、というものでした。

絵本のつみき(はらぺこあおむし)は、色鮮やかな点、小さい子どもでも持ちやすいサイズである点などから、始めから我が子に気に入られました。

角がとがっておらず、重量が軽いので、投げても安心できました。まだ積むことができなくても、十分に遊んでくれたので、購入したかいがあったと思います。

まとめ

ここまで、絵本のつみき(はらぺこあおむし)の基本的なこと、購入した口コミ体験談などをお伝えしてきました。お気に入りの絵本と共に、プレゼント用に購入するのもお勧めです。是非この記事を参考にしていただければ幸いです。

  • 絵本のつみき(はらぺこあおむし)は、1ピースからの購入が可能。
  • 絵本のつみき(はらぺこあおむし)は、赤ちゃんに配慮したつくりになっていて可愛く、値段が高め。
  • 絵本のつみき(はらぺこあおむし)は、絵本と一緒にプレゼントするのもお勧め。