育児

8か月〜10か月の赤ちゃんのおもちゃで、お勧めのものをご紹介

8か月〜10か月の赤ちゃんは、使えるおもちゃの幅が広がります。一方で、まだ上手におもちゃで遊べない場合が多いでしょう。そのため、8か月~10か月の赤ちゃんには、新しいおもちゃを買うより、今まで使っていたものや、手作りのものを渡すのがお勧めです。ここでは、8か月〜10か月の赤ちゃんのおもちゃについて、我が子が比較的よく遊んだものを中心にご紹介していきます。

8か月〜10か月の赤ちゃんの一般的なおもちゃ

8か月〜10か月の赤ちゃんが使えるおもちゃには、主に以下の物があります。

対象月齢8か月未満のもの

対象月齢8か月未満のおもちゃは、引き続き使えます。例えば、がらがらやモビールなど、新生時期から使えるおもちゃオーボールなどのボール系や歯がためなど6か月頃から使えるおもちゃ、が挙げられます。

  • 新生時期から使えるおもちゃ
  • 6か月頃から使えるおもちゃ

生後8か月〜10か月では、物をよりしっかり握る、指先が器用になる、振って遊ぶ、などの動作が可能になります。歯も引き続き生えてくるため、何かを噛むことも好きです。

そのため、対象月齢が生後8か月未満のおもちゃは十分活躍するでしょう。赤ちゃんが、新しい遊び方を発見してくれるかもしれません。

対象月齢8か月〜10か月のもの

対象月齢が「8か月」や「10か月」と書いてあるおもちゃもあります。対象月齢6か月のものよりは数が少ないかもしれませんが、色々なものがあります。

例えば、積み木などのブロック系ラッパなどの楽器系などが挙げられます。

  • 積み木などのブロック系
  • ラッパなどの楽器系

以上のように、大きめのものや仕組みが少し複雑なものも使えるようです。発達や発育には個人差があるので、どれくらい使えるかは一概には言えませんが、買ってみる価値はあるでしょう。

ただ、個人的な考えとしては、1歳や1.5歳から使えるようになるおもちゃが多種多様なため、8か月〜10か月のおもちゃをあまり買い過ぎるのはお勧めではありません。

そこで、8か月~10か月の時期は、それまで使用していたおもちゃに加え、自作のおもちゃを渡すのがお勧めです。その方が案外赤ちゃんも楽しめる場合が多いからです。また、8か月~10か月の頃は、それほど複雑な動きができるわけではありません。そのため、個人的には、1歳を過ぎた頃に、新たなおもちゃを買っても遅くはないと考えます。

8か月〜10か月の赤ちゃんのお勧めおもちゃ

ここまで、8か月〜10か月の赤ちゃんのおもちゃについて、市販されている主なものをお伝えしてきました。ここからは、おもちゃとしては販売されていないものの、赤ちゃんが遊べるグッズをご紹介していきます。

私の体験からご紹介していくので、個人差があります。また、専用のおもちゃではないため、怪我のリスクは避けられません。具体的には、固い角、鋭い辺、蓋などで怪我をしたり、誤飲の危険性があります。必ずしも安全ではないことをご了承ください。

ペットボトル

8か月〜10か月の赤ちゃんが遊べるものの1点目は、ペットボトルです。500mlのものが、持ちやすいようです。中にはビーズを入れたり水を入れたりするのがお勧めです。

赤ちゃんは、感触や音を楽しめるようです。ペットボトルを倒して遊ぶこともあります。

我が子の場合、水を入れた500mlペットボトルで、いつも15分ほどは遊べました。

リモコンやスマホ

8か月〜10か月の赤ちゃんが遊べるものの2点目は、リモコンやスマホです。大人が普段使っているものが良いようです。ボタンの押し心地を楽しむ場合もあります。

とは言え、リモコンやスマホを触られるのは怖いので、あまり渡したくありません。そのため私は、古いリモコンの電池を抜いたものを渡してみました。時々触ることはありましたが、5分ほどですぐに飽きてしまいます。

ところが、大人が普段使っているリモコンは、触りたがります。我が子の場合は、大人が今使っているものがよかったようでです。

普段使いの容器

8か月〜10か月の赤ちゃんが遊べるものの3点目は、普段使いの容器です。例えば、ベビークリームなどが挙げられます。毎日使うもので、手に取りやすいサイズのため、赤ちゃんは嬉しいようです。

我が子の場合は、ベビーワセリンがお気に入りでした。片手で持って持ち運びやすいようです。

ガーゼタオル

8か月〜10か月の赤ちゃんが遊べるものの4点目は、ガーゼタオルです。

フワフワの肌触りで、形状が自由自在なところが、赤ちゃんに好かれるのかもしれません。

我が子の場合は、新生時期、吐き戻し用に用意していたガーゼを与えていました。口に持っていったり引っ張ったり振ったりして遊んでいました。

中身が見えるバッグ

8か月〜10か月の赤ちゃんが遊べるものの5点目は、中身が見えるバッグです。

食材保存用のフリーザーバッグや、旅行用のクリアポーチがお勧めです。中に物を入れて封をすることで、さらに楽しめつおもちゃになるでしょう。

我が子の場合は、旅行用のクリアポーチに、乳液などを入れたものがお気に入りでした。中の物を取ろうと、触って確かめるのがいいみたいでした。

コップの蓋

8か月〜10か月の赤ちゃんが遊べるものの6点目は、コップの蓋です。マグカップに一時的に蓋をして、温かい飲み物を冷めにくくするような商品のことです。

サイズが手頃なことと、ゴム製の素材が、赤ちゃんには楽しいようです。

我が子の場合は、これを渡すとヒラヒラとひたすら振っていました。あまりにも熱中したので、困ったらしょっちゅう渡していました。けれども、飽きが来るのが早く、すぐに使えなくなりました。

まとめ

ここまで、8か月〜10か月の赤ちゃんのおもちゃについて、主なものをご紹介してきました。完璧とはいきませんが、できるだけ安全に遊べるよう、試行錯誤した結果を載せています。是非、少しでも参考にしていただければ幸いです。

  • 8か月~10か月の赤ちゃんには、新しいおもちゃを買うより、今まで使っていたものや、手作りのものを渡すのがお勧め