妊娠生活

赤ちゃんの名前が決まらない時にお勧めの方法!体験談

赤ちゃんの名前を考えすぎて、なかなか決まらないことはありませんか?ああでもないこうでもないと頭をひねっている内に、わけがわからなくなってしまうかもしれません。ここでは、赤ちゃんの名前が決まらない時にお勧めの方法について、体験談を中心にお伝えしていきます。

赤ちゃんの名前が決まらない時にお勧めの方法

赤ちゃんの名前を考えすぎて、わけがわからなくなってしまった場合、視点を変えて色々検討することがお勧めです。ここでは、視点の変え方として、3つの方法を取り上げてご紹介していきます。

インターネットで調べる

赤ちゃんの名前が決まらない時にお勧めの方法1つ目は、インターネットで調べることです。様々なサイトが無料で赤ちゃんの名づけ方法を紹介しています。記事によっては、具体的な漢字や読みも例示されているので、便利です。様々なテーマの記事が多くあるので参考にしたいものです。

本で調べる

赤ちゃんの名前が決まらない時にお勧めの方法2つ目は、本で調べることです。1冊で多くの情報が得られます。分かりやすくぎゅっとまとまっているためお勧めです。1ページ目から順に読んでいくのがお勧めですが、辞書的な使い方をするのもお勧めです。本は1冊だけでなく、複数冊あると参考になるでしょう。図書館で借りられるタイトルもあるので、是非活用してください。

色々な名前を眺める

赤ちゃんの名前が決まらない時にお勧めの方法3つ目は、色々な名前を眺めることです。「赤ちゃんの名づけ」にとらわれず、どんな名前もとにかく見るようにしましょう。

人の名前を眺めるだけで、アイディアが浮かんでくるかもしれません。新たに会う人の名前などに積極的に気を配るようにするのがお勧めです。日常的に人の名前に触れておくことで、赤ちゃんの名づけがスムーズになることが期待できます。

赤ちゃんの名前が決まらない!体験談

ここまで、赤ちゃんの名前が決まらない時の行動について、アイディアをいくつかご紹介してきました。ここからは、私が我が子の名前候補を出した経緯について、お伝えしていきます。

私は、とにかく赤ちゃんの名づけ例を調べました。方法は、インターネットと本です。インターネットでは、赤ちゃんの名づけに関する記事や、赤ちゃんの名づけランキングなどを見るようにしました。本は、図書館で借りてきたものを読みました。

その結果、ぼんやりと読み方や漢字について、イメージできることが増えてきました。それでも、まだ具体的な名前候補は出ません。

そこで私は、赤ちゃんの名前にこだわらず、とにかく人の名前に触れるように努力しました。具体的には、例えば、仕事で顧客リストを見る時に下の名前を少し意識する、新たに出会う人の下の名前に注目する、などです。こうすることで、様々な名前のパターンを知ることが出来ました。多くの名前に触れることで、自ずと、我が子の名づけに対しても、イメージがわいてくるようになりました。

こうして私は、我が子の名前候補を2つ選出することができました。夫と相談した結果、そのうちの1つが、みごと採用されることになったのです。

私が我が子の名前を探し始めたのは、不妊治療中のことでした。つまり、赤ちゃんの性別が分からないうちから、考えていたことになります。私は赤ちゃんが本当に欲しくてたまりませんでした。不妊治療は失敗続きで、落ち込んだことも少なくありません。けれども、赤ちゃんの名前について考えることで、気持ちが明るくなったことがありました。私の中で、赤ちゃんの名前を考えることは、楽しみの1つになっていたのです。

このように私にとって、人の名前を意識することが習慣化していたのは、スムーズな名づけにつながって良いことだったと思います。

結果的に私は約1年間、ずっと赤ちゃんの名前を考えていたことになります。そのためお腹の中のいる赤ちゃんの性別が判明した時から、その子の名前は決まっていました。少し気が早かったかもしれません。しかしながら、その後、切迫早産のため入院しなければなりませんでした。後から振り返ると、早めに名前を決めておいてよかったと感じています。

以上のように、赤ちゃんの名前が決まらない時は、ひたすら人名を眺めることがお勧めです。私の場合、不妊治療中からずっと人の名前を眺めていたことで、良いアイディアを出すことができました。結果的に切迫早産で入院してしまったので、早く名前が決められてよかったと思います。是非私の体験を参考に、より多くの人の名前に触れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ここまで、赤ちゃんの名前が決まらない時にお勧めの方法について、体験談を中心にお伝えしてきました。考え抜いた結果であれば、どんな名前になっても愛着が持てることでしょう。是非この記事が、赤ちゃんの名前についてたくさん考えるきっかけになれば、幸いです。

  • 赤ちゃんの名前は、インターネットや本などで名づけ例を探すのがお勧め
  • 普段から人の名前を意識することで、何か新しい名前を思いつくかもしれない