妊娠生活

妊娠中の歯科検診は必要?歯医者の選び方は?体験談

妊娠中に歯科検診へ行く場合、悩むのが歯医者の選び方です。ここでは、妊娠中の歯科検診や歯医者について、私自身の体験談を交えながらお伝えしていきます。

妊娠中の歯科検診とは?歯医者選びは必要?

妊娠中の歯科検診は「妊婦歯科検診」とも呼ばれ、必須ではありませんが、推奨されているものです。以下に、もう少し詳しくご紹介していきます。

妊娠中の歯科検診とは

妊娠中の歯科検診とは、妊娠中に歯医者に行って、歯をチェックしてもらうことです。必須ではないため、自分で歯医者に出向く必要があります。

妊娠中の歯科検診は、必須ではないものの、可能な限り受けるべきです。主な理由は以下の2つです。

  • 妊娠中は歯のトラブルが起きやすいため
  • 赤ちゃんに虫歯を移さないようにするため

妊娠中に歯科検診を受けるべき理由の1つ目は、妊娠中は歯のトラブルが起きやすいためです。

例えば、つわりで歯を十分に磨けない、小分けで食べる機会が多い、ホルモンバランスの変化などが原因で、虫歯や歯周病のリスクが高まることが予想されます。

妊娠前はあまり歯のトラブルがなくても、自分で気がつかない内に、症状が進行しているかもしれません。

妊娠中に歯科検診を受けるべき理由の2つ目は、赤ちゃんに虫歯を移さないようにするためです。

大人の唾液に含まれる虫歯菌が、赤ちゃんへ移行するリスクがあるのです。虫歯菌が赤ちゃんの口の中に移ってしまうと、それが赤ちゃんの虫歯の原因になってしまいます。そのため、出産前に歯を治療し虫歯を無くすことが勧められます。出産後は、赤ちゃんのお世話で忙しいため、妊娠中にできるだけ治しておきたいものです。

以上のように、妊娠中には歯科検診を受けるべきです。自治体によって異なりますが、歯科検診が無料になる券を配布するところが多いようです。是非活用しましょう。

歯医者の選び方

妊娠中の歯科検診は、自分で歯医者を選んで予約して出向く必要があります。妊娠5か月の安定期を過ぎて、お腹が大きくなって動きづらくなる妊娠8か月頃までに、受けることをお勧めします。

場所は、自治体が公表している、「妊婦歯科検診を無料で受けられる歯医者」から選ぶようにしましょう。基本的には、どこの歯医者でも受けられるように思います。

けれども、歯医者が多くて、どこに行けばいいのか分からないという人は少なくありません。

結婚を機に新天地で暮らすことになり、慣れない内に妊娠、ということも多いでしょう。その場合、一から歯医者を探さなくてはなりません。

私も、歯医者選びに悩んだ内の1人です。そこで以下に個人的な観点から、歯医者の選び方をお伝えしていきます。

  • 近所の口コミ
  • 小児歯科の有無
  • アクセス

歯医者選びでお勧めの方法は、近所の口コミです。近隣住民の方から評判がよいところがお勧めです。

他に、歯医者選びで着目する観点は、小児歯科の有無です。赤ちゃんが生まれた後にも、引き続き通えると便利です。妊娠中に良い歯医者を見つけておけば、小児歯科選びに再び奔走することもありません。

できれば、通いやすい近所の歯医者が良いでしょう。

以上のように、妊娠中の歯科検診は、歯医者を探すうってつけの機会です。この機会を活用して、是非かかりつけの歯医者を見つけましょう。

妊娠中に歯科検診は必要?歯医者の選び方は?体験談

ここまで、妊娠中の歯科検診について、基本的なことをお伝えしてきました。ここからは、私自身の体験談をお伝えしていきます。

私の場合、自治体から、妊娠中と産後1年経つまでに使える、無料券をそれぞれもらいました。

妊娠7か月の頃に、妊娠中の歯科検診を受けようと思い立ちます。

私は、結婚を機に新しい土地に引っ越し、そのまま妊娠していました。そのため、その土地に疎く、知り合いもいませんでした。自宅から徒歩圏内の歯医者が多く、5件以上はあったと思います。

多くの歯医者の中から選んだのは、自宅から最も近い歯医者です。小児歯科はなく、医療モールの一画にある歯医者でした。その時私は、あまり何も考えずに歯医者選びをしたのです。

検診の内容は、ごく簡単なものでした。口を開けて、目視で歯を見てもらいます。ものの5分ほどで終わり、拍子抜けしたことを覚えています。

診察の結果、歯があまり磨けていないこと、虫歯になりそうな歯が複数あること、今すぐ虫歯治療が必要な歯が1本あることが告げられました。加えて、上の奥に生えている親知らず2本を、出産後落ち着いてから抜いた方が良いと言われたのです。

その日に治療はできないと言われたため、別の日に改めて虫歯治療をしてもらいました。こうして私は、合計2回、その歯医者で診てもらったのです。

初診料や虫歯治療代は負担する必要があったため、約2,000円を支払いました。

結果的に虫歯が見つかって、きちんと治療もしてもらえたので、行ったかいがありました。その後すぐ切迫早産になったので、なおさら行っておいてよかったと思いました。

けれども、同時に、もっと慎重に歯医者選びをすべきだったとも思っています。せっかくならば、小児歯科があって、子どもと一緒に通えるような歯医者にすればよかったです。

結局私は産後、親知らずが痛むことがあり、別の歯医者を受診しました。その際には、「歯の異常は全く見られず、口の中も綺麗だ」と言われました。どちらが本当かわかりません。もしくは、口内環境が改善したのかもしれません。けれども私には、産後に診てもらった歯医者の方が合っていたということだけは言えます。

是非この記事を参考にして、慎重に歯医者選びをしていただければ幸いです。

まとめ

ここまで、妊娠中の歯科検診について、歯医者選びの重要性を中心にお伝えしてきました。妊娠中は、体調の良い時を見計らって、是非妊婦歯科検診を受けるようにしてください。

  • 妊婦歯科検診は、是非受けておきたい
  • せっかくならば、口コミや小児歯科の有無、通いやすさを確認したい