育児

離乳食のストックに製氷皿は必要?冷凍保存について体験談

離乳食を毎回つくるのは、大変です。そのため多くの人は、まとめてつくって冷凍することになるでしょう。そこで活躍するのが製氷皿です。ここでは、離乳食のストックに製氷皿を使うことについて、注意点、お勧めの製品、体験談などをお伝えしていきます。

離乳食ストックに製氷皿を使う時の注意点

離乳食のストックに製氷皿を使う際は、いくつか注意すべき点があります。それは、容器を洗えるか中身が取り出しやすいか冷凍庫にしまえるか量が分かりやすいか、の4点です。

  • 容器を洗えるか
  • 中身が取り出しやすいか
  • 冷凍庫にしまえるか
  • 量が分かりやすいか

1点目は、容器を洗えるかどうかです。離乳食のストックに使う製氷皿は、繰り返し使うことになります。そのため容器を洗う必要があります。氷をつくるためだけにつくられた製氷皿は、洗えないことが多くなっています。氷をつくる用に売られている製氷皿の購入を考える場合は、それが洗えるものかどうかを必ず確認するようにしてください。

2点目は、中身が取り出しやすいかどうかです。製氷皿それぞれ、素材が異なります。あまり固すぎる素材だと、凍った離乳食が取り出しにくくなります。離乳食のストックには、ある程度やわらかい素材がお勧めです。

3点目は、冷凍庫にしまえるかどうかです。製氷皿は思ったよりも場所を取ってしまいがちです。冷凍庫にしまう食品は他にもあって、量も多いことが予想されます。そのため、できるだけ場所を取らない製氷皿を手に入れたいものです。お勧めは、蓋がついていて重ねられる商品です。できるだけ同じシリーズのものを複数用意しておくとよいでしょう。大きさが整っているため、場所を取りにくいと言えます。

4点目は、量が分かりやすいかどうかです。離乳食は1回分の分量を、適量に揃える必要があります。ストックする分も、1回分ずつ分けられた方が便利です。

以上のように、離乳食ストックに製氷皿を使う場合、注意すべきポイントが複数あります。必ずしも、離乳食専用の商品を買う必要はありません。けれども、離乳食のストックに適した商品を選ぶ必要があります。

離乳食ストックにお勧めの製氷皿

離乳食ストックにお勧めの製氷皿は、離乳食ストック用として、専門に売られている商品です。西松屋などのベビー用品店に行けば、数種類から選ぶことができるでしょう。

100均に売られているものは、あまりお勧めできません。なぜなら、凍った食材を製氷皿から取り出しにくいからです。凍った食材は冷たく、力をいれなければ取り出すことができません。ちょっとしたことですが、想像以上にストレスが溜まりやすいポイントなので注意が必要です。

特にお勧めの商品は、リッチェルの「わけわけフリージング ブロックトレー」です。食材が取り出しやすく、場所を取りません。適量ずつをフリージングできるため、非常に便利な商品と言えます。

離乳食ストックに製氷皿は必要?冷凍保存について体験談

ここまで、離乳食ストックに使える製氷皿について、注意すべき点とお勧めの商品をお伝えしてきました。ここからは、離乳食ストックに製氷皿を使用した私自身の体験談をお伝えしていきます。

私は当初、100均の製氷皿を使用しようと考えていました。けれども、凍った離乳食が取り出しにくいかもしれないことを知って、他にも色々と調べることにしました。調べると、1回分の量をきっちり分けられる方が便利であること、洗える素材にする必要があることを知りました。離乳食は子どもの口に入るものなので、衛生面を重要視したいと思いました。

私が使用したのは、リッチェルの「わけわけフリージング ブロックトレー」です。15mL、25mL、50mLと、それぞれ必要量を小分けで冷凍できるので便利でした。3種類とも容器は同じ大きさのため、重ねて保存することが出来ました。リッチェルの「わけわけフリージング ブロックトレー」は、やわらかい素材でつくられているため、冷凍した離乳食が取り出しやすく、大変便利でした。

離乳食は、1回分の量は少ないため、どれだけ気を付けて少量をつくったつもりでも、必ず余ってしまいます。加えて、裏ごしなど、1回の調理にかかる労力も大変なものです。そのため、多めにつくって冷凍する、というやり方が圧倒的に便利です。私は、リッチェルの「わけわけフリージング ブロックトレー」を導入して、助かりました。

以上のように、離乳食ストックには、製氷皿が必要です。日々の負担を軽減してくれる割合は、大きいと言えます。是非この記事を参考に、製氷皿の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ここまで、離乳食ストックに使える製氷皿について、注意点、お勧め商品、体験談などをお伝えしてきました。製氷皿は、物によって使用感が大きく異なるため、思い切って良い物を最初に揃えておくことがお勧めです。

  • 離乳食ストックのための容器は、容器を洗えるか、中身が取り出しやすいか、冷凍庫にしまえるか、量が分かりやすいかに注目して選ぶべき