育児

赤ちゃんの臍ヘルニアとは?でべそになるの?体験談

赤ちゃんのおへそが出っ張っていることで、心配になる人は少なくありません。ここでは、赤ちゃんの臍ヘルニアやでべそについて、お伝えしていきます。また、実際に臍ヘルニアであると言われた我が子の体験談も掲載していきます。

赤ちゃんの臍ヘルニアとは?でべそとの関係性

赤ちゃんの臍(さい)ヘルニアとは、おへそが飛び出している状態のことです。以下に、臍ヘルニアについて、基本的なことをお伝えしていきます。

赤ちゃんの臍ヘルニアの特徴

赤ちゃんの臍ヘルニアは、へその緒があった部分の筋肉が閉じ切らないために起きます。おへそに腸が飛び足してきて、「でべそ」の状態になるのです。

たいていは、お腹が加わった時にでべそになります。例えば、赤ちゃんが泣いている時などが挙げられます。泣き止んだ状態でおへそを押し返すと、腸が元の場所に戻るため、おへそもへこみます。

臍ヘルニアは、赤ちゃんの5人から10人に1人の割合で起こると言われています。生後3か月頃まで大きくなることが多いようです。

多くの場合、お腹の筋肉が発達する1歳頃までには自然に治るとされています。一方、2歳を過ぎても治らない場合、そのまま「でべそ」になる可能性が高くなります。

以上のように、赤ちゃんの臍ヘルニアは、珍しい病態ではありません。また、自然に治ることが多いとされています。そのため、過度な心配をする必要はないと言えます。

赤ちゃんの臍ヘルニアの対処法

赤ちゃんの臍ヘルニアには、どのような対処法があるのでしょうか。放っておく圧迫する手術するの3つの方法があります。それぞれについて、以下に簡単にご紹介していきます。

  • 放っておく
  • 圧迫する
  • 手術する

赤ちゃんの臍ヘルニアの対処法1つ目は、放っておくことです。基本的に放置をしておき、おへそが膨れた時には、赤ちゃんが落ち着いたタイミングで、指でおへそを押して元に戻します。この方法が最も多くとられているようです。なぜなら、臍ヘルニアは、自然に治ることがほとんどであるからです。万が一、でべそになった場合でも、見た目の部分以外にデメリットはありません。でべそになった場合には、その時に、手術を行ってきれいにすることも可能です。

赤ちゃんの臍ヘルニアの対処法2つ目は、圧迫することです。専用のテープなどを使用し、おへそ部分を常に抑える対処法です。この方法で、100%でべそを防げるということはありませんが、でべそになるのを防ぐ一定の効果はあります。圧迫の仕方は難しく、病院で指導をしてもらった方が良いでしょう。お風呂時に張り替える必要があるため、手間もかかります。また、テープを張ることによって、赤ちゃんの肌が荒れてしまうリスクも発生します。

赤ちゃんの臍ヘルニアの対処法3つ目は、手術することです。これは、2歳を過ぎてでべそになった場合、整形外科手術を行うことです。これにより、でべそを元に戻すことが可能です。費用がかさみますが、より確実な方法であると言えます。

以上のように、臍ヘルニアには3つの対処法があります。リスクや手間を考えると、まずは何もせず放っておいて、万が一2歳を過ぎてでべそになった際に、手術を行うという方法がお勧めです。

赤ちゃんの臍ヘルニアとは?でべそになる?体験談

ここまで、赤ちゃんの臍ヘルニアについて、基本的なことや対処法をお伝えしてきました。ここからは、実際に臍ヘルニアであると言われた、我が子の体験談をお伝えしていきます。

我が子の臍ヘルニアに気づいたのは、生後1か月を過ぎた頃でした。泣くとおへそが必ず膨れます。気になった私は、生後2か月で予防接種に訪ねた小児科で、そのことについて質問しました。すると先生はすぐに、「臍ヘルニアである」ということを教えてくれたのです。

心配になった私は、当時定期的に通っていたNICU外来の先生に、対処法について質問をしました。すると先生は、上記で私が書いたように、「放置、圧迫、手術」の3つの手段を提示してくれたのです。

私は、検討した結果、放置することに決めました。おへそが膨れた時には、指で押し返しておきます。我が子のおへそは、生後3か月頃まで、泣くと必ず膨れ上がりました。日に日に大きくなるそれに、不安を感じたことを覚えています。

しかしながら、生後3か月を過ぎて、気づいた時には、でべそはなくなっていました。本当に自然に治ったので、びっくりしました。その後は特におへそは膨れず、今では普通の見た目に落ち着いています。

以上のように、臍ヘルニアになってしまっても、自然に治ることがあります。もしも治らない場合でも、整形外科手術を受けることが可能です。

まとめ

ここまで、赤ちゃんの臍ヘルニアについて、基本的なこと、対処法、体験談をお伝えしてきました。個人差はありますが、少しでもこの記事を参考にしていただければ幸いです。

  • 赤ちゃんの臍ヘルニアとは、おへそが飛び出している状態のこと
  • 臍ヘルニアは、珍しいことではなく、自然に治ることも多い