育児

産後ダイエット後のリバウンドや卒乳で太る!お勧めダイエット体験談

産後、順調に体重が減って喜んだのも束の間、再び太って逆戻り、ということはありませんか?ここでは、お勧めのダイエット法について、実際に産後ダイエットからリバウンドした私自身の体験談などをお伝えしていきます。

産後ダイエット後のリバウンドや卒乳で太る?

産後ダイエット後のリバウンドや卒乳で、太る場合があります。理由は様々ですが、主に考えられるのは、育児のリズムが整ってきたこと卒乳に向かっていることの2点です。

  • 育児のリズムが整ってきたこと
  • 卒乳に向かっていること

1点目は、育児のリズムが整ってきたことです。始めは昼夜関わらず、抱っこや授乳で忙しかった生活も、赤ちゃんの成長やお母さんの慣れによって、だんだん変化します。赤ちゃんは生活のリズムがついて、夜まとまって寝てくれるようになります。お母さんは、育児の勝手が少しずつ分かってきて、上手に手を抜くことも覚えるでしょう。育児のリズムが整ってくることで、例えば、お母さんの息抜きタイムが増えて、運動が減ったり、お菓子を口にすることが多くなったりします。

2点目は、卒乳に向かっていることです。赤ちゃんは、生後6か月を過ぎた頃から離乳食が始まります。だんだん、母乳以外の食べ物から栄養を取ることへシフトしていくのです。それまで、母乳育児で頑張ってきたお母さんにとっては、授乳によるカロリー消費が期待できなくなるでしょう。

以上のように、産後ダイエット後のリバウンドや卒乳で太るのには、理由があります。ちょうど育児に変化が表れる時期であるといえるでしょう。

産後ダイエット後のリバウンドや卒乳で太る!お勧めのダイエット方法

産後ダイエット後のリバウンドや卒乳で太るのは、珍しいことではありません。むしろ、卒乳の頃にダイエットを始めるのは、良いタイミングであると言えます。

なぜなら、育児のリズムが整ってダイエット計画が立てやすく、また、授乳からくる体力低下などの体の不調を気にせずに済むからです。

とは言え、育児は相変わらず続きます。子どもの体力が増して、情緒も発達してくるため、益々手をやくことでしょう。そのため、極度の食事制限や激しい運動によるダイエットは向いていません。そもそも、ダイエットに集中できるような生活を送れないからです。

そこで私がお勧めするのは、「新しい習慣をつくる」ことです。今までの習慣を見直して、生活を大きく変えることのない「痩せる習慣づくり」を行うのです。これにより、急激な体重減少は期待できませんが、長期的にスリムな体形をキープすることが可能になります。新しい習慣をつくることで、自分に身体的精神的な負荷をかけずに、無理なくダイエットすることができるでしょう。

この辺りは、「10キロ痩せて永久キープするダイエット」という書籍に、詳しく書いています。本書は、「万年小太りの40代ライターが、苦労なく10キロやせた2年間の記録」という内容の本です。

表面的なダイエットの方法論だけを語るのではなく、気持ちのつくり方もサポートしてくれるような読み物で、お勧めです。1冊を読み終わる頃には、無理なく痩せる習慣作りができる気持ちになっていることでしょう。

以上のように、産後ダイエット後のリバウンドや卒乳で太った時には、無理なダイエットはお勧めできません。育児をしながらでも長く続けられるような、新習慣を身につけることが重要です。

産後ダイエット後のリバウンドや卒乳で太る!お勧めダイエット体験談

ここまで、産後ダイエット後のリバウンドや卒乳で太ることについて、原因やお勧めのダイエット方法などをお伝えしてきました。ここからは、実際に産後ダイエット後のリバウンドや卒乳で太った私自身の体験談をお伝えしていきます。

私の妊娠出産を通しての体重増減は、以下の記事に記載しています。是非参照ください。

妊娠中の体重管理、体験談妊娠中の体重管理は大変です。つわりが終わっても、食欲の増進や胃の圧迫感などと戦わなければなりません。ここでは、妊娠中の体重管理について、...
産後ダイエットはいつからできる?体験談産後は、妊娠中に増えた体重を減らしたいというお母さんが少なくありません。産後ダイエットはいつからできるのでしょうか?ここでは、産後ダイエ...

私は、妊娠前と比較して、出産直前で11.8kg体重が増加しました。そして産後6か月で、11.8kgを元に戻しました。その後じわりじわりと体重が増え続け、出産後10か月が経つ頃には、出産直前と同じ体重に戻っていたのです。

理由は、食べる量の増加と運動不足です。生後6か月を過ぎて、順調に離乳食が進んでいた我が子は、授乳の量が減っていました。また、ずりばいやつかまり立ちが始まり、ぐずりがパワフルになります。後追いが始まり、トイレへ行くのにも一緒についてきました。このような生活の中、育児にかかるストレスが増してきました。とは言え、新生児期のように1日中抱っこや授乳をしているわけではありません。私は、食でうっぷんを晴らすようになりました。

授乳量が減ったのにも関わらず、1日中何かを口にしている状態が続きました。これといった運動をしているわけでもありません。そのため、私の体重は順調に増えていったのです。

妊娠初期から産後10か月頃までの体重増減グラフは、以上の通りです。

このように、産後いったん体重が減っても、すぐに大きくリバウンドしてしまう恐れがあることを、知っていただければ幸いです。

まとめ

ここまで、産後ダイエット後のリバウンドや卒乳で太ることについて、原因、お勧めダイエット法、体験談をお伝えしてきました。体重の急激な増減は健康的に好ましくありません。私自身、自分への反省の意を込めて、記事にしました。誰かの参考にもなってくれれば、さらに嬉しいです。

  • 産後ダイエット後のリバウンドや卒乳で太る原因は、育児のリズムが整ってきたから、卒乳に向かっているからの主に2点
  • お勧めは、「新しい習慣をつくる」ダイエット