切迫早産

切迫早産の差し入れでお勧めは?嬉しかったもの、そうでなかったもの

切迫早産で自宅や病院で安静中の人に差し入れをする場合、何を持って行くべきなのでしょうか。ここでは、切迫早産である家族や友人にお勧めの差し入れについて、私自身の経験からお伝えしていきます。

実際にもらって嬉しかったもの、そうでなかったものについても紹介しているので、是非参考にしていただければ幸いです。

切迫早産の人へ差し入れをするタイミングとは?面会について

まずは、切迫早産の人と面会をするタイミングや注意事項についてお伝えしていきます。

切迫早産の友人に面会は大丈夫?

切迫早産で自宅安静の場合、自宅に出向くかたちで面会をするのは、可能です。家族だけでなく友人であっても、比較的大丈夫なパターンが多いでしょう。

しかしながら、切迫早産妊婦はできるだけ動かないようにするのが基本です。行くとしても短時間でとどめるなどの配慮が必要でしょう。

切迫早産で入院の場合、友人の面会はできないことがほとんどです。なぜなら、病院自体が面会制限をしているケースが多いからです。面会可能者の範囲は病院によって異なりますが、配偶者や父母兄弟は面会が可能であることが多いでしょう。

入院している妊婦さんへ面会を行う場合、あらかじめ訪問する時間を本人と相談するようにしましょう。病院の面会時間の関係、診察やシャワーなどの関係から、面会に来てほしい時間帯があるはずです。

以上のように、切迫早産妊婦への面会は、家族であれば可能ですが、友人の場合、難しいかもしれません。

切迫早産の人へ差し入れをするタイミング

切迫早産の人へ差し入れをするタイミングについては、あまり気にする必要はないでしょう。差し入れをもらったら、基本的には嬉しく感じることが多いはずです。

切迫早産の差し入れでお勧めは?もらって嬉しかったもの、そうでなかったもの

それでは、切迫早産の差し入れでお勧め、もらって嬉しかった、そうでなかったの順に、具体的な品物についてお伝えしていきます。

私は、妊娠26週終わりから36週始めまで、切迫早産で入院していました。入院前は数日間、自宅安静をしていました。その経験の中からご紹介していきます。

切迫早産は辛い!切迫早産入院の辛さまとめ妊娠中、切迫早産になってしまったら、安静にする必要があります。その中で、管理入院という選択肢があります。切迫早産の管理入院では、独特の辛...

切迫早産の差し入れでお勧めのもの

切迫早産の差し入れでお勧めのものは、暇つぶしグッズです。なぜなら、切迫早産では安静中にできることが限られているにも関わらず、時間だけが膨大にあるからです。

具体的には、ドラマ、映画、漫画、本、雑誌などの娯楽が挙げられます。クロスワードやゲームソフトなども良いでしょう。本人の好みをあらかじめ聞いておき、差し入れることをお勧めします。

切迫早産で入院中の暇つぶし妊娠中、切迫早産で入院になってしまったら、時間のつぶし方に悩むことになります。切迫早産入院では、どのような暇つぶしがあるのでしょうか? ...

切迫早産の差し入れでもらって嬉しかったもの

切迫早産中に実際にもらって嬉しかった差し入れは、ヨーグルト、冷たい飲み物、花の3つです。

  • ヨーグルト
  • 冷たい飲み物

1つ目は、ヨーグルトです。それほどカロリーが高くなく、罪悪感なしに食べられるからです。冷たくてデザート代わりに食べると幸せな気分になりました。

2つ目は、冷たい飲み物です。特に500mlペットボトルの飲料が好きでした。なぜなら、冷蔵庫に入れていつでも飲めるからです。私の場合、紅茶が好きで、よく差し入れてもらいました。

3つ目は、です。いくつもあるのはもったいない気がしますが、1つだけなら、お花も嬉しく思いました。私がもらったのは、造花だったためずっと同じものを部屋に飾っていました。

普段からあまり飾りものに興味がない私はもらった当初、正直「お花なんて」と思っていました。しかしながらいざ飾ってみると、そのお花に救われた瞬間が何度もあったように思います。

私の場合、ずっと大部屋でした。カーテンで区切られただけの狭い空間に約2か月間も入院していたのです。お花を飾ることで、自分だけの空間をつくることができ、ふとした時に癒されることができました。

そのお花は今でも自宅の玄関に飾ってあります。それを見るたびに、切迫早産で入院していたことを思い出します。あの時お腹にいた我が子は元気に育っていて、毎日追われる育児についイライラしてしまうこともありました。そんな時、玄関のお花は私に、当時の気持ちを思い出させてくれるのです。

少しでも気持ちを前向きにできるような、お花の差し入れがあったことを、私は今でも感謝しています。

以上のように、私の場合、ヨーグルト、冷たい飲み物、花の3つを、差し入れてもらって嬉しかったです。

切迫早産の差し入れでもらってあまり嬉しくなかったもの

切迫早産中に実際にもらってあまり嬉しくなかった差し入れは、パンとクッキーです。なぜなら、お腹がいっぱいだったこと、体重を気にしていたことの2点からです。

  • お腹がいっぱいだったこと
  • 体重を気にしていたこと

1点目は、お腹がいっぱいだったことです。切迫早産では、1日中安静にしています。また、赤ちゃんが大きくなって胃を圧迫します。さらに、病院では栄養満点の食事がきっちり用意されるのです。これらのことから私の場合、あまりお腹がすきませんでした。

2点目は、体重を気にしていたことです。1日中安静だったこと、病院食がきっちり多かったこと、点滴の中にブドウ糖が入っていることなどから、私の場合、体重が増えやすくなっていました。あまり追加で物を食べると、体重が増えるので心配だったのです。

切迫早産で安静中は太る?体験談妊娠中、切迫早産になってしまうと、安静にすることが求められます。安静中は動けないため他にすることが無く、ついつい食べ過ぎてしまいがちです...

以上のことから、切迫早産の差し入れでは、お腹にたまるような高カロリーな差し入れはあまりよくないかもしれません。

井の中のblog(ブログ)切迫早産記事まとめ当ブログ「井の中のblog」では、切迫早産の妊婦さん向けに情報発信をしています。目指すは、雑誌のような読み心地です。 このページで...

まとめ

ここまで、切迫早産の人へ差し入れをする場合についてお伝えしてきました。私自身の経験から、貰って嬉しかったものやそうでなかったものもご紹介してきました。是非この記事を参考に、差し入れを選んでいただければ幸いです。

  • 切迫早産で自宅安静の場合、面会は可能。
  • 切迫早産で入院の場合、面会制限があることが多い。
  • 切迫早産妊婦への差し入れは、暇つぶしグッズがお勧め。
  • 切迫早産妊婦への差し入れでお勧めでないのは、お腹にたまるような高カロリーのもの。