切迫早産

切迫早産で安静になったら、出産内祝いはどうする?体験談

切迫早産で安静が必要になったら、自分で動くことはできません。困ることの1つに、出産内祝いの選定があります。ここでは、切迫早産安静中にできる出産内祝いの準備について、体験談をもとにお勧めの方法をお伝えしていきます。

切迫早産安静中の出産内祝い準備、お勧め

切迫早産安静中に出産内祝いを準備することについて、理由やお勧めの品をご紹介していきます。

切迫早産安静中に出産内祝いの準備は必要?

切迫早産安静中に出産内祝いの準備は、必要です。なぜなら、赤ちゃんを出産してからだと、心身共にボロボロの中、育児に追われて、他に何もできないからです。

切迫早産安静中の出産内祝いは、インターネット上で調べられるものにする必要があります。なぜなら、店舗に出向いて商品を吟味することができないからです。

また、切迫早産中は赤ちゃんが無事に生まれるかどうか心配で仕方がありません。そんな中、出産内祝いを探すのは簡単ではないでしょう。

しかしながら、切迫早産であっても、無事に赤ちゃんを出産して出産内祝いを贈るケースは少なくありません。後で困ることのないよう、事前に選んでおきましょう。

私がお勧めする出産内祝いは、カタログギフトです。カタログギフトなら、インターネット上で発注が簡単だからです。また、相手の自由に商品を選べるため、気を遣う必要がありません。

次の項から、お勧めのカタログギフトを具体的にご紹介していくので、是非参考にしていただければ幸いです。

お勧めのカタログギフト1:リンベル

お勧めのカタログギフト1つ目は、リンベルの出産内祝いカタログギフト「チャオ」です。

リンベルはカタログギフトの大手で、品ぞろえが豊富なのが特徴です。出産内祝い専用のカタログギフトも用意されているので安心です。

無料特典として、赤ちゃんの写真を入りオリジナルメッセージカードを作成して、カタログギフトに添付することが可能です。

出産内祝いKi-rei(キレイ)

お勧めのカタログギフト2:シャディ

お勧めのカタログギフト2つ目は、シャディのカタログギフトです。複数取り扱いのある中でも特に、出産内祝いカタログギフト「MILKY BABY」と総合カタログギフト「AS YOU LIKE」がお勧めです。

皆がよく知っているカタログギフトなので、無難です。迷ったら、総合カタログギフト「AS YOU LIKE」を贈るのがお勧めです。

シャディも、写真入りオリジナルメッセージカードを添付することができます。動画も送れるサービスとなっています。

【シャディギフトモール】1万点以上の豊富な品揃え

お勧めのカタログギフト3:アカチャンホンポ

お勧めのカタログギフト3つ目は、アカチャンホンポのカタログギフトです。

アカチャンホンポは、出産内祝いの品を多数取り揃えています。中でも、「組み合わせギフト」は、他社にはない魅力的な品となっています。色々な組み合わせがありますが、カタログギフト+お菓子のセットがお勧めです。

私の場合、「名入れ 銀座千疋屋 銀座フルーツクーヘン+カタログギフト「ボーベル クレソン」」を出産内祝いに選びました。

アカチャンホンポでも、写真入りオリジナルカードの作成が可能です。こちらも動画つきになっています。

アカチャンホンポで出産内祝いを購入した場合にも、オムニ7のポイントがたまります。こちらは、アカチャンホンポやオムニ7で使えるものです。赤ちゃん用品に使えるため、お得であると言えるでしょう。

切迫早産で安静になったら、出産内祝いはどうする?体験談

ここまで、切迫早産中に選ぶのにお勧めである出産内祝いについて、ご紹介してきました。ここからは、私自身の体験談をお伝えしていきます。

私の場合、妊娠26週の終わりから妊娠36週の始めまで、切迫早産で入院をしていました。それまでは出産内祝いについて全く考えていなかったため、病床で調べることになりました。

調べた結果、いくつかのカタログギフトを利用することになりました。そのうちの1つが、赤ちゃん本舗の「名入れ 銀座千疋屋 銀座フルーツクーヘン+カタログギフト「ボーベル クレソン」」です。

赤ちゃんの写真入りメッセージカードは、スマホで簡単に作成できます。届いたものを見せてもらいましたが、赤ちゃんの様子が分かる素敵なカードでした。

赤ちゃん本舗の組み合わせギフトは、カタログギフトだけでなくお菓子も送られるので、相手を楽しませることができると感じます。実際、受け取った方からも、「珍しくてびっくりした」と感想を受け取っています。

このように、切迫早産で入院をしていても、インターネットを使えば十分出産内祝いの下調べはできます。

実際に出産内祝いの手配をするのは、赤ちゃんが生まれた後のため、そんなに心配する必要はありません。

是非この記事を参考に、素敵な出産内祝いを選んでいただければ幸いです。

井の中のblog(ブログ)切迫早産記事まとめ当ブログ「井の中のblog」では、切迫早産の妊婦さん向けに情報発信をしています。目指すは、雑誌のような読み心地です。 このページで...

まとめ

ここまで、切迫早産中に出産内祝いを選ぶことについて、私自身の体験談を中心にお伝えしてきました。切迫早産中は気分がふさぎこみがちなため、なかなか出産後のことまで気が回らないかもしれません。それでも、少しでも考えてみることで気がまぎれるかもしれません。是非この記事を参考に、出産内祝い選びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • 切迫早産中でも、出産内祝いの下調べをしておくことは可能。
  • 出産内祝いの実際の手配は出産後になるが、出産前にある程度商品を絞り込んでおくことがお勧め。