育児

赤ちゃんにスパウトは必要?ストローマグとの違いや練習時期について!体験談

赤ちゃんの水分補給手段として、哺乳瓶の次に考えるのが、スパウトです。こちらでは、スパウトについて、哺乳瓶やストローマグと違い、練習時期、体験談などをお伝えしていきます。お勧めの商品もご紹介しているので、是非参考にしてください。

赤ちゃんのスパウトとは?ストローマグとの違いや練習時期は?必要?

まずは、スパウトについて、基本的なことをお伝えしていきます。

赤ちゃんのスパウトとは

赤ちゃんのスパウトとは、哺乳瓶と同じように飲める、飲み口が固めのマグです。スパウトマグとも呼ばれます。

スパウトは、哺乳瓶を卒業した後に使用します。スパウトを卒業したら、次はストローマグを使います。

哺乳瓶→スパウト→ストローマグ

  • スパウトと哺乳瓶の違い

スパウトと哺乳瓶の違いは、飲み口の固さです。哺乳瓶の乳首に比較して、飲み口の部分が固いのです。赤ちゃんの吸う力が強くなったら、哺乳瓶からスパウトへ移行することを考える、という具合です。

基本的には、離乳食が始まる生後6か月頃がよいとされています。生後5か月頃、離乳食が始まるよりも少し早めに、スパウトを使い始めても良いでしょう。

  • スパウトとストローマグの違い

スパウトとストローマグの違いは、飲み方です。哺乳瓶とスパウトは同じ飲み方で、少しずつ傾けるようにします。ストローマグは、ストローの使い方と同じで、傾ける必要はありませんが自分で吸う必要があります。

スパウトからストローマグへの移行は、赤ちゃんが離乳食に慣れてくる生後7か月~9か月頃が良いとされています。

哺乳瓶からスパウト、ストローマグへと徐々にステップアップさせることで、スムーズに使えるようになるという効果も期待できます。

赤ちゃんのスパウトは必要?

赤ちゃんには、必ずしもスパウトは必要ではありません。なぜなら、最終的にはストローやコップ飲みができる必要があるからです。ストローやコップ飲みができるようになるのであれば、スパウトを飛ばしてしまっても大丈夫です。赤ちゃんによって個人差はありますが、いきなりストローマグから挑戦できる子もいます。

市販の商品は様々です。哺乳瓶、スパウト、ストローマグがセットになった商品も少なくありません。

不安であれば、セットになったものを購入すれば、スムーズにステップアップができます。なぜなら、飲み口や持ち手の形状などが、メーカーによって異なるからです。同じメーカーのものを使う方が、赤ちゃんが混乱してしまうことを防げます。また、セット商品を使うことで、収納スペースをできるだけ抑えることができるでしょう。

しかしながら、セットを購入することで、費用がかさむ、物が増えるなどのデメリットが生じます。その場合は、セットの購入を見送り、単品で購入して様子を見ても良いでしょう。

セット商品

メリット→ステップアップがスムーズ、収納が比較的便利

デメリット→費用がかさむ、物が増える

赤ちゃんにスパウトは必要?ストローマグとの違いや練習時期について体験談

ここまで、赤ちゃんのスパウトについて、基本的なことや必要性などをお伝えしてきました。ここからは、我が子の体験談をお伝えしていきます。

私の場合、我が子にはスパウトは買い与えませんでした。なぜなら、物が増えること、徐々にステップアップさせていく過程が面倒だと感じたことが理由です。我が子の場合、ミルクと母乳の混合育児で、哺乳瓶を使い慣れていたことも、理由の1つと言えます。

私が購入したのは、リッチェルの、「いきなりストローマグ」です。

リッチェルの「いきなりストローマグ」のメリットは、スパウトの購入なくしてコップ飲みの練習までできること部品が少なく洗い物が楽であること、の2点です。

  • スパウトの購入なくしてコップ飲みの練習までできること
  • 部品が少なく洗い物が楽であること

リッチェルの「いきなりストローマグ」のメリットの1点目は、スパウトの購入なくしてコップ飲みの練習までできることです。これであれば、スパウトを使わずしてストローマグの練習ができます。自分でストローを使うのは難しいと感じる赤ちゃんでも、コップのフタの部分を押すことで、お母さんがストロー飲みを手伝えます。

また、同じ製品を使用して、コップ飲みも練習もできます。つまり、この商品1つさえあれば、哺乳瓶の次の水分補給手段としてずっと使えるのです。実際、私は「いきなりストローマグ」以外の商品を使いませんでした。

リッチェルの「いきなりストローマグ」のメリットの2点目は、部品が少なく洗い物が楽であることです。

リッチェルの「いきなりストローマグ」には、コップ部分、フタ部分、ストロー部分の、大きく分けて3つの部位があります。さらに、ストロー部分は、2つに分解することで、中まできれいに洗うことができます。部品が少ないため場所を取らず、スムーズに出し入れが可能です。

以上2点のメリットから私は、リッチェルの「いきなりストローマグ」を我が子に使用しました。具体的には、離乳食が始まる生後6か月からです。離乳食を食べさせた後、一度沸騰させて冷ました水を入れて、使用していました。

我が子は、最初は全くストローを吸えませんでした。そのため私がフタを押して手助けをしました。口の端から水が漏れ出て水浸しです。それでも、2、3日経つ頃には、自分でストローを吸うことができたのです。

その後すぐ、自分で取っ手を持ってストロー飲みをすることができました。リッチェルの「いきなりストローマグ」は、赤ちゃんにとって、両手で持って握りやすい形状のようです。

生後7か月の頃から、コップ飲みの練習も始めました。2回食になったため、1回はストローを、1回はコップの練習をしていました。コップ飲みの練習は時間がかかりました。しかしながら、生後10か月になる頃には、まだ1人では飲めないものの、上手にコップ飲みができるようになりました。

リッチェルの「いきなりストローマグ」の注意点は、コップのフタが完全に密閉されているわけではないことです。そのため、外出時などの持ち運びにはあまり適しません。そのため、外出用には、「おでかけストローマグ」のほうを使うことをお勧めします。私は、「いきなりストローマグ」と「おでかけストローマグ」のセット品を購入しました。

以上のように、我が子の場合、スパウトは利用しませんでした。スパウトがなくても、リッチェルの「いきなりストローマグ」を使うことで、ストロー飲みやコップ飲みができるようになりました。

赤ちゃんによって個人差があるので参考にならないかもしれませんが、少しでもお役に立てれば幸いです。

まとめ

ここまで、赤ちゃんのスパウトについて、基本的なことや必要性、体験談などをお伝えしてきました。スパウトは、必ずしも必要ではありません。是非この記事を参考に、赤ちゃんの水分の取り方について、考えていただければ幸いです。

  • 赤ちゃんのスパウトは、哺乳瓶からのステップアップに有効
  • スパウトは必須ではない
  • リッチェルの「いきなりストローマグ」の利用がお勧め