育児

柔らかい積み木は赤ちゃんにお勧め!口コミ・体験談

柔らかい積み木は赤ちゃんにお勧め!口コミ・体験談 (2)

赤ちゃんのお勧めおもちゃの1つに、積み木があります。赤ちゃんのうちは、固いものよりも柔らかいものの方がお勧めです。ここでは、赤ちゃんにお勧めである柔らかい積み木に関して、体験談をもとにご紹介していきます。

柔らかい積み木が赤ちゃんにお勧め理由

赤ちゃんに柔らかい積み木がお勧めの理由は、安心安全であるからです。

赤ちゃんの内は、まだ積み木を並べたり積んだりすることができません。例えば、口に入れる、投げる、打ち付けるなどの遊びをします。

柔らかい積み木であれば、赤ちゃんのうちから与えても、比較的安心して使うことができるでしょう。

柔らかい積み木の赤ちゃんに対するメリットデメリット

ここでは、柔らかい積み木の赤ちゃんに対するメリットデメリットについて、ご紹介していきます。

メリット

柔らかい積み木のメリットは、安心安全であること、軽いことの2点です。

  • 安心安全であること
  • 軽いこと

1点目は、安心安全であることです。先に述べたように、赤ちゃんは積み木を積むのではなく、なめたり投げたりします。柔らかいものであれば、安心安全です。

2点目は、軽いことです。柔らかい積み木は、木でできている積み木に比べて、中身がスカスカで軽いのが特徴です。持ち運びに便利であると言えるでしょう。

デメリット

柔らかい積み木のデメリットは、木製ではないことです。木特有の触り心地やあたたかさを感じてもらいたいという人には、お勧めできません。

柔らかい積み木は赤ちゃんにお勧め!お勧め商品の口コミ体験談

特にお勧めの柔らかい積み木は、「One Two Squeeze Blocks」と「First Baby Block’s」の2つです。まずは「One Two Squeeze Blocks」についてご紹介していき、それから、「First Baby Block’s」について簡単にご紹介していきます。

「One Two Squeeze Blocks」とは?

「One Two Squeeze Blocks」は、柔らかい立方体の積み木おもちゃです。

  • 1辺の大きさ→5センチ
  • 対象年齢→生後6か月から
  • 積み木の数→10個
  • 特徴→音が鳴る

1辺の大きさは5センチで、対象年齢は生後6か月から3歳となっています。

積み木はカラフルな色の10個セットとなっています。側面の絵柄は全て異なっていて、数字や動物などが描かれています。

One Two Squeeze Blocksの特徴は、ひねったり押したりすると、きゅっきゅと音が鳴る点です。赤ちゃんは、積み木の感触や音を楽しむことができるでしょう。

One Two Squeeze BlocksOne Two Squeeze Blocks

「First Baby Block’s」について

「First Baby Block’s」は、柔らかい立方体の積み木おもちゃです。

  • 1辺の大きさ→5.5センチ
  • 対象年齢→生後6か月から
  • 積み木の数→10個
  • 特徴→絵柄がカラフルで豊富

1辺の大きさは5.5センチで、対象年齢は生後6か月からとなっています。

積み木はカラフルな色の10個セットです。側面の絵柄は全て異なっています。内容は、天気、生き物、乗り物、数字となっています。

One Two Squeeze Blocksとは異なり、音がなる仕組みではありません。また、絵柄の色や種類が豊富な点も、違いに挙げられます。

なお、One Two Squeeze BlocksもFirst Baby Block’sも、積み木と一緒に収納ケースがついてきます。つみきをぴったりと収納出来て、おでかけにも活用できるでしょう。

両者とも全て立方体の積み木なので、赤ちゃんが持ちやすい形状であると言えます。

「One Two Squeeze Blocks」を我が子に使ってもらった体験談

ここからは、実際にOne Two Squeeze Blocksを使ってもらった感想を述べていきます。

One Two Squeeze BlocksOne Two Squeeze Blocks

私の場合、我が子が1歳1か月の時に、One Two Squeeze Blocksを導入しました。ちなみに、我が子はこの時まだ積み木を並べたり積んだりはできませんでした。また、数字や絵柄を認識することもできませんでした。

One Two Squeeze Blocksを導入してみた感想は、「意外とよく遊んでくれる」、というものです。

我が子の場合、通常の長方形や三角形などの木製積み木ではあまり遊びませんでした。重さや大きさが手ごろでなかったからかもしれません。

One Two Squeeze Blocksは、子どもの小さい手でも持ちやすい大きさと重さです。そのため我が子はよく投げて遊んでいました。

私がブロックを積んだ後、壊すこともよくやっていました。なめたり噛んだりしても、安心して見守ることができました。

以上のように、柔らかい積み木なら遊んでくれる場合もあります。私の場合、One Two Squeeze Blocksを導入して、積み木を並べたり積んだりすることを覚えていってもらいました。実際に並べたり積んだりすることは難しいですが、母親の真似をしながら、徐々に上達をしています。

まとめ

ここまで、赤ちゃんにお勧めである柔らかい積み木についてお伝えしてきました。柔らかい積み木は、木の積み木とは違った魅力あふれるおもちゃです。是非この記事を参考に、導入を検討してみてはいかがでしょうか。